<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「北の漁場」著者:愁堂れな イラスト:山田ユギ

全国に多分探せば100人はいると思われる『マグロ漁船BL』を愛する皆さま、こんばんは♪
ついに巷でというか、一部で話題だった愁堂れなさんの『マグロ漁船BL』であるこの作品が発売となりました。
シャレードマグロ漁船祭りです。
いや、祭りといったって、あと雑誌で中原さんの読み切りが載るくらいなのですが〜。

北の漁場 (二見シャレード文庫 し 3-3)
北の漁場 (二見シャレード文庫 し 3-3)
愁堂 れな


【あらすじ】
マグロ漁初心者のエンは漁で苦戦中、伝説の漁師・秋山に助けられる。だがその夜、酔ったエンはカン違いから秋山に抱かれてしまい―

拍手する

『愁堂れな』さんが『マグロ漁船BL』!?
似合わない…。と思ったのが事実だったりします…。
そんなに作品を読んだわけでないけれど、今まで読んだ作品からは想像できない…。
マグロ漁船BLを書いたことを知ってから2作ほど、それを意識して読みましたが、正直いって、本当かしら????????と謎が深まるばかり〜というのが事実でした。

で、実際に読んでみて、その疑問が解決したかというと…。どうなんだろうね…(苦笑)

とりあえず、マグロ漁船ものを書くことを快く了承したシャレードの編集さんに乾杯♪って気持ちです(笑)

舞台は近海もので有名な青森・大間。
伝説の漁師×新米漁師
新米漁師のエン(本名は縁とかいて「ゆかり」と呼ぶ)がなかなかハードな過去持ちで、大間を飛び出して都会へ出たもののタチの悪いヤクザに引っ掛かり、オンナにされ、しかもシャブ漬けにされていたと…。警察に捕まったことで、その悪夢のような生活から解放され、刑務所を出たあと、故郷に戻り死んだ父の跡を継ぎ、マグロ漁師に…。
しかし、なかなかうまくいかないエンが出会った伝説の漁師・秋山。
秋山の助けにより大物をつりあげ、祝杯をあげているときに再会。
そして、酔ったエンは秋山をそのヤクザと間違い誘ってしまい…。

秋山は懐が広い男だということでいいのですかね…?
なんか、あれよあれよと事がうまい方へ運んでいくといいますか…。
エンのヘビーな過去に動じずもせず、出会った翌日に同居(同棲?)を持ちかけ…。
展開早すぎ…。
エンの躰に籠絡されたわけでもないと思うのですが〜。
同情?
それとしか、思えないといいますか…。

会ったその日に〜というのでなく、しばらくは漁の師弟関係みたいで躰の関係なしでいて、一生懸命なエンを可愛く思えてきたときに、そういう関係に…とかのほうが良かった気が…。
個人的な好みでしょうが〜。

しかし、いつヤクザが出てくるかと思っていたのですが、出てきたのは秋山の家を出た妻子でした。
妻とヨリを戻して自分は捨てられると思うエンでしたが、それは杞憂で〜。
まあ、雨降って地固まるでした。

書き下ろしは秋山の過去というか家族の話。
ヤクザは出ないままでした。
あとがきによると、そこらへんは続編ありですか?
まあ、そういう過去ネタをやらないままはないだろうな〜。

しかし、あまりマグロ漁船のシーンはなかったですね。
それこそマグロを釣り上げたのは冒頭だけだし…。
漁船でエッチが次回あるか!?(やはり、それは目玉だろう…)

ところで、冒頭読んで、自分が語っていた漁師L×船大工Kはラストどうなるんだ?とひと事のように思い出しました。
このテの受けって、家業を嫌い家出をし、父親が死んだあと意志を継ごうとするのかね?
一応いいますが、この作品は今日初めて読みました。
まあ、ベタな展開だからね…。

2007.07.29 Sunday 00:53 | comments(4) | trackbacks(2) | 
<< 「大人気。」著者:鹿乃しうこ | main | 新レーベル >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 00:53 | - | - | 
霖雨 (2007/07/30 9:36 PM)
はーこさん、こんばんは!

常々はーこさんが熱く語っていらっしゃるマグロ漁のお話だ…!と思いながら読み始めたのですが…意外と船に乗っている時間が短かったですね(笑)

秋山が苦みばしったいい男の分、2人がくっつくのもかなり早かったですし…。
難しいかもしれませんが、船の中だけで進む話というのも読んでみたかったです。
はーこ (2007/07/31 12:34 AM)
霖雨さん、こんばんは♪

マグロ漁船ものと愁堂さんも云っていますが、マグロが出たのって冒頭だけでしたね〜。
そして、出来上がるのが早すぎ…というか〜。
イマイチ、秋山が何を思っているのか分かりにくかったのが難点でしょうか〜。
無口な海の漢なのでしょうが、エンが不安になるのも仕方がないような〜。
続編があるのでしょうか?
あるのなら、マグロの出番が増えることを祈るばかりです(笑)

TBありがとうございました♪
ゆちゅらぶ♪ (2007/07/31 5:32 PM)
はーこさん こんにちは!

>しばらくは漁の師弟関係みたいで躰の関係なしでいて、一生懸命なエンを可愛く思えてきたときに、そういう関係に…とかのほうが良かった気が…。

そうそう、そんな心の交流、布団の上じゃなく漁船で繰り広げられるガチンコ師弟バトル(?)が読みたかったのですよ…(T∇T)

はーこさんの漁師L×船大工Kの続きも気になりますよー。クロマグロ×キハダマグロとか〜。
私もマグロ養殖BLの続きが〜(T∇T)

なんか私のは感想というかツッコミ&ダメ出し(←エラソーに)ばっかりなんで気がひけますがTBいただいて参ります〜!
はーこ (2007/07/31 10:43 PM)
代表、こんばんはです♪

愁堂さんの作品ということで、己の求めるマグロとは違うのでは…と危惧しておりましたが、全くその通りだったり…。

あまり、マグロではなかったですね。っていうか物語の主軸ではなかったですね。
男×男のガチンコラブが読みたいものです…。

TBありがとうございました♪









北の漁場
マグロ漁初心者のエンは、初めてのアタリに苦戦していたところを伝説の漁師・秋山に助けられる。その夜二人は飲み屋で再会するが、過去、ヤクザに男の味を教え込まれ、毎日のように抱かれていたエンは、酔った勢いで自分から秋山を誘ってしまう。(裏表紙から)
| 霖雨の彼方 | 2007/07/30 9:29 PM |
あなたかわりはないですか?
うおお、サブちゃん! 唐突ですが私は趣味のラッパ吹きです。 なんと「北の漁場」ではソロを吹いたこともあるんだぜ。名曲だぜ。 それだけに思い入れも深いんすよ…楽しみにしてたマグロだしねぇ…。 えー辛口予想されますのでご注意ください。 ただ愁堂
| 水中雑草園 | 2007/07/31 5:35 PM |