<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「ロマンスの黙秘権」2巻 著者:うえだ真由 イラスト:あさとえいり

性格の違う弁護士同士の仕事やラブを書いたこの作品。
楽しみにしていた2巻です。
口絵がかわいい♪

ロマンスの黙秘権 2 (2) (新書館ディアプラス文庫 163)
ロマンスの黙秘権 2 (2) (新書館ディアプラス文庫 163)
うえだ 真由

【あらすじ】
やり手の准己が加わり三人体制で徐々に軌道に乗り始めた田上法律事務所。知り合いからお見合い写真を渡され(しかもそれを准己に見られ)私事でも大変なところ、啓は厄介な強制認知の事案を扱うことになる。中々決め手を得られず難儀していた時、准己が「ひとつだけ言うことを聞くならアドバイスをくれてやる」と言い出した。絶対に卑猥なことに違いない准己の要求を啓は受けるのか……!? 弁護士シリーズ第二弾!!


このシリーズは、

エリート街道を捨ててまで愛に生きるという意外と純愛主義で遅すぎた初恋の相手の前では案外ヘタレな攻め様・准己と酔って無自覚誘い受けと化し、前途あるエリート弁護士を己のテリトリーに留めさせた最凶天然小悪魔な受け様・啓のオフィス(といえないくらいボロい…。事務所ですな。)ラブ作品です。

さて、第2巻でございます。
1巻は攻めの深見准己視点でしたが、2巻は受けの啓視点となっております。
で、読み終わった感想としましては…。
よかったね…。深見…。(感無量)
というものであります♪

いや、だってね、マジで心配したのよ。
啓って本当に准己のこと好きなの!?って…
どうやら、事務所に留ませるために躰を差し出したわけではないようです…。
いや、だってマジで心配したのよ。
准己は本当に愛されているのかしら?って…。
こんなこと思ったのは私だけでないはず!!
1巻を読んだひとの8割は思ったと思う!!
だってね…。

でも、皆様ご安心下さい♪
少なくとも准己は啓にフェ○チオをしてもいいと思うくらい愛されてますよ♪

良かった、良かった。
ワタクシ、感無量でございます。

さて、恋愛面のほうで感動していますが、仕事面の方も感想を。
まあ、あいかわらず、刑事でなく、民事の方で頑張る事務所。
しかも、今回は啓の担当の仕事のお話であって、准己が何をしていたかはわかりません。
有能な男なので、さっさと自分のノルマを片付けているようです。
民事とはいえ、啓とシンクロする内容で、いろいろと啓さん自身思ったようです。
だけど、本当に准己って有能な男なんですね。
啓でなくても惚れますわ♪

で、完結巻である次の3巻。
今回、啓さんの母親が出たってことは、次は准己の父親が出るか?
跡を継ぐためみ戻ってくるはずの息子が、零細事務所に居続けているっていうのは、大手事務所の所長兼父親としてはどうなの?ってことですよね〜。
とうとう出るか?ラスボス!?
ってことで、次回に続くか?
いや、大変楽しみです。なるべく早く出て下さいね。
2007.08.10 Friday 21:51 | comments(4) | trackbacks(3) | 
<< 「一生続けられない仕事」著者:山田ユギ(MAGAZINE BE×BOY 9月号) | main | 「恋は甘いかソースの味か」著者:久我有加 イラスト:街子マドカ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:51 | - | - | 
tatsuki (2007/08/11 9:17 PM)
こんばんは!はーこさん。
今月はディアプラス文庫全部と、ビーボーイコミックス2点買っちゃったので、感想をどれから仕上げようかとアワアワしております(笑)。
結局、比較的感想が書きやすかったこの作品から仕上げてみました♪

今回の准己は有能でしたよねー、多分啓の天然フィルターがかかっている所為もありそうですが…。
私は優秀に振舞いつつも、その実ヘタレた属性を(読者に)隠しきれていない准己にまたも激萌えてしまいましたヨ(笑)。
正統派(?)なヘタレはいつでも美味しく食せます〜♪

ではでは!
前回に引き続きTBもよろしくお願いしますね。
はーこ (2007/08/12 12:36 AM)
tatsukiさん、こんばんは♪

准己は仕事はできるのですよね。
准己のアドバイスは法律に詳しくない私もナルホドと思いました。
詳しくないから感心したのか?
啓は少なくとも弁護士としての准己は尊敬しているみたいですからね。
でも、他のところでは准己はヘタレといいますか、本当に惚れた弱みですよね。
そして、天然小悪魔ちゃんは全然気が付いてないというか〜。
今回も読んでいて楽しかったです♪

TBもありがとうございました♪
ゆちゅらぶ♪ (2007/08/12 11:32 AM)
はーこさん こんにちは!

個人的に何が気になるって、このカップルえっちするつもりでシャワー浴びても絶対二人ともパジャマ着て出てくるんですよね…余裕があるのかそういうプレイなのか…啓がバスルームへの乱入を恐れていましたが、お風呂でいちゃいちゃ、いいと思うけどなぁ(笑)

准己じゃないけど啓にはもうちょっと可愛いげがあるといいですね。無自覚上目使いテクはもういいからさあ!(≧∀≦)

3巻めでラスボスパパが登場するとしたら、啓にももうちょっと危機感もって愛らしい態度を見せてもらえるといいなーと思います♪←どこまでも准己ファン…(笑)

TBよろしくお願いします!
はーこ (2007/08/12 11:48 PM)
ゆちゅ♪さん、こんばんは〜

パジャマに関しては私もイチイチ着ているのかと大変気になっておりました。
啓の性格からいってバスタオルとかで待ってはいないような〜。まあ、脱がすという行為を楽しめていいのではないのでしょうか〜。

そして、小悪魔はもう何についても無自覚におねだりしますからね。可愛げがなくても結局准己はいいなりですよ。
まったく、気の毒な奴です。読んでいて、あまりの不憫ぶりに目頭があつくなります…(笑)

3巻どうですかね〜。
准己が幸せをつかめることを祈るばかりですよ。
とにかく楽しみです♪

TBありがとうございました。









ロマンスの黙秘権2
前回は一途な乙男&ヘタレた攻めの准己視点でしたが、今回は半ば予想通りの受けの啓視点。 弁護士としては理想がやや勝ちすぎる正義感の強い性質ですが、恋愛局面では天然&猛禽系。 何だかんだでおねだりが得意な猛禽受けは、視
| la aqua vita | 2007/08/11 9:09 PM |
お約束じゃんね?w
今日も暑いです…暑さこらえて読んでいた本はシリーズ2冊めってことでさらに熱々ラブカップルでした。 にしてもなぁ、ますます准己がかわいいぜ!(≧∀≦) と同時にやっぱりこの天然小悪魔がちょっぴり憎いですよ…(T∇T) ディアプラス文庫 うえだ真由 「ロ
| 水中雑草園 | 2007/08/12 11:34 AM |
http://saya56031.seesaa.net/
・「ロマンス小説の七日間」三浦しをん・9月発売予定 文庫一覧・蘭の誘惑 (ランダムハウス講談社文庫)・ヴァイオリンロマンスがはじまらない・リアン・ハーン 「オオトリ国記伝〈1〉魔物の闇」・流れ星に祈って 冷酷な誘惑?・【TB企画】BL100冊・三浦しをん、恩田陸・
| 文庫をあなたに捧げます | 2007/09/05 9:51 AM |