<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「指先の愛撫」著者:佐々木禎子 イラスト:石原理

佐々木さんは何冊か読んだことがありますが、絶対買いの作家さんではないのが事実だったり…。
でも、この作品は石原さんのイラストとあらすじ読んで気になったので、購入しました♪修復師っていう職業が珍しいしね。

指先の愛撫 (f-LAPIS LABEL)
指先の愛撫 (f-LAPIS LABEL)
佐々木 禎子

【あらすじ】
「陶器が直るまで一緒にここにいてもらうだけだ。そのあいだは夜の相手もしてもらう」陶磁器の修復を手がける美樹は、不動産会社を営む大道寺から、人違いで、顧客に身体も売っていると誤解されてしまう。大道寺の家に強引に連れてこられ、美樹は同居しながら仕事を請けることに。セックスを無理強いされても、一目見たときから大道寺に惹かれていたせいで真実を告白できず…。美樹を見誤ったままの大道寺から夜毎抱かれていたが!?

このバカチンが〜!!

読んで早々、攻めの大道寺に対してそう思った私を責める人はいないと思う…。
途中で勘違いしていることに気がつけよ…。
っていうか、例え、勘違いで受けの美樹が客と寝るような人間だと思い込んでいても、だからといって強姦まがいのことをしていいというものではないかと〜。
ヒトとしてどうかね?
美樹もとまどっていないで、ちゃんと誤解をとかんか…。
もう、説教をかましたくなる2人でした。

最終的に誤解がとけバカップルと化したのでいいのか?
だけど、結局さあ、この2人ってお互い一目惚れしていたのだと思うわけ。
勘違いかと思いながらも抱き続けたのは、一目惚れの相手を抱きたいがために無理矢理正当化しようとした結果だと〜。
だからって、強姦まがいはいかんがな…。
特に当て馬もなく、お互いの誤解だけで色々もめた二人でしたね。
個人的には奔放で快楽主義な喜瀬が気になる…。
なんか、文句ばかり云っているようですが、個人的には読んでいて楽しい作品でしたよ♪


2007.08.29 Wednesday 21:49 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「屋上風景」著者:富士山ひょうた | main | 「ご主人様に甘いりんごのお菓子」2巻 著者:藤田貴美 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:49 | - | - |