<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「よしながふみ対談集 あのひととここだけのおしゃべり」

BLどころかマンガでもないのですが、便宜上【BLマンガ よしながふみ】にカテゴリーします。

よしながふみ対談集 あのひととここだけのおしゃべり
よしながふみ対談集 あのひととここだけのおしゃべり
よしなが ふみ

【内容説明】
★語れども語れども……マンガ界の名手・よしながふみ、待望の初対談集!!
★『西洋骨董洋菓子店』『大奥』などのヒット作でますます注目が集まり、青年誌・女性誌ともに活躍中の大人気マンガ家、よしながふみが、リスペクトする作家たちと繰り広げる、ファン垂涎のマンガ・トーク・マラソン。創作秘話から、表現論、男女論、マンガヒストリー、個人的な萌え話まで……爆笑&含蓄&貴重なお話満載!
★楽しくてためになる、大好きなおしゃべりの時間です――。
第1章 やまだないと×福田里香 「私たちの大好きな少女マンガ」 
第2章 三浦しをん その1 「フェミニズムはやっぱり関係なくないのよ」 
第3章 こだか和麻 「ボーイズラブじゃないと描けないこと」 
第4章 三浦しをん その2 「やおいは男同士でなくてもいい」  
第5章 羽海野チカ 「メディア化するということ」 
第6章 志村貴子 「表現は選択できない」  
第7章 萩尾望都 「マンガ=24年組というくらい…」

拍手する
正直言いますと、『よしながふみ』さんの対談が目的でなく、『三浦しをん』さんの対談が読みたくて買いました…。

第4章と5章は雑誌を立ち読みしてまで読んでました。

福田里香さんと三浦しをんさん以外は漫画家さんとの対談ですね。
前半は割と昔読んだマンガとかの話ですが、後半は少々舞台裏話が多いなという印象も〜。同業者との対談だからな…。
よしながさんは私と同年代なのに読んでいたマンガは一世代上の人達のような〜。えらく大島弓子の作品が出てきた印象があってね〜。
いや、私自身、そこらへんのマンガも読んでます。10才上の姉の影響ですね。
姉は大島弓子作品が好きだったのですよ。
私にとっては難解なマンガでした。小学生、しかも低学年で理解してたら怖いって(笑)
しかし、ある時私と姉のマンガの好みの差っていうのは、大島弓子作品が好きかどうかなんではないかなあ〜とか思ったことが…。
姉はゲイが出てくる少女マンガをたくさん読んでいたのに(それこそ、私がゲイという存在を知ったのは姉の持っていたマンガです。)、BLには興味ないのですよね〜。友達から『絶愛』を借りたことがあるらしいから、読んだことがないわけではないらしい…(しかし、あれは掲載誌はマーガレットだなあ…。でも少女マンガとは言いがたい…。)
世の中、大島弓子作品が好きで、BLも好きなひとはいるでしょうし、特にこの考えに根拠があるわけでもないのだけど、何故かそんなことを思ったのですよ。
ちなみに、私にとっての大島弓子作品のイメージは【読んだらいけないもの】でした。
あれは、私が小学2年か3年生の頃だと記憶してますが…。
『綿の国星』の1巻か2巻に同時収録されていた短編作品に【売春】って言葉があったのですよ。
その頃はワタクシも純粋なお子ちゃまでしたからね、そんな言葉を知るわけありません(笑)
それどころか、読み方が分からない…。
うりはる?うりしゅん?とか悩んでおり、側にいた7才上の兄に
「これ、何て読むの?」
と無邪気にたずねたのでした。
妹の質問に対し、兄は凄い勢いでコミックを取り上げ、
「姉ちゃんのマンガを読むな!」
と怒鳴ったのでした…。
妹としては、単に漢字の読み方をきいただけなんですよね〜。でも、おかげで大島弓子作品は読んではいけないとインプットされたのですよ〜。まあ、こっそり読んでましたが…。
今思えば、可哀想なのは兄のほうですね…。
子どもの無邪気な質問の破壊力はこの前名古屋で体験しましたし〜(笑)

あれ、全然よしながふみの話してないよ。
関係ないことばかり書くのはしょっちゅうですが〜。

まあ、よしながさんのことで気になったのが、ご自分の作品である『西洋骨董洋菓子店』のことをBLでなくらゲイが出てくる少女マンガと主張するのは分かります。私もあれをBLだと思っていません。ついでに云うと『何食べ』もね。
だけど、それならセルフパロの同人誌はどうなんだろうと〜。あれはBLですか?
実は読んだことがないので、分かりません。

しかし、いつにもまして、よくわからん感想になってすみません…。
っていうか感想でもないか…(爆)


あっ、最後に一言。
三浦しをんさんとの対談に出てたBLTVは頑張って実現してもらいたいです(笑)
2007.10.08 Monday 01:27 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 録画に失敗した…。 | main | 「女王国の城」著者;有栖川有栖 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 01:27 | - | - |