<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「素直じゃねぇな」著者:英田サキ イラスト:桜城やや

え〜、今月2冊目の英田さんの御本です。
カバーイラストとあらすじを初めて見た時から、この言葉を感想の際に云うのでは?と思っていましたが、アタリでした…。

「リブレだからね…」

まあ、このセリフで、どういう内容か分かる方は分かるのでは…。

素直じゃねぇな (B-BOY SLASH NOVELS)
素直じゃねぇな (B-BOY SLASH NOVELS)
英田 サキ

【あらすじ】
恋人と別れたばかりの真路は、その手のバーで知り合ったセクシーで魅力的な男と寝てしまう。
そんなことしたことなかったのに、彼にだけ惹かれた。甘く情熱的なキスに翻弄され、優しく奥を開かれる。今まで味わったことのないような深い快楽を与えてくれる彼に、夢中になってすがりつく――。
もう会うこともないと思っていたのに、最低の再会を果たしてしまった! そんな真路をさらなる事件が襲い!? スリル&エロスなオール書き下ろし☆

拍手する

面白くなかったわけではございません。
面白いか?面白くないか?ってきかれたら、面白かったと答えます。

でもね、でもね、別に英田さんでなくてもこういう作品は書けると思うの…。

先日買いました『ダ・ヴィンチ11月号』の中の「BL作家マッピング」の英田さんの説明は「巧みなストーリーで読者を魅了」というものでございました。

面白かったけど、ストーリーの展開は平凡でない?

というのが、この作品の印象だったり…。

ハードル高いのかな?
常に『エス』とか『DEADLOCK』のレベルを求めるって云うのは酷なことなの?
よくよく考えたら、自分は英田さんのファンだって思っていたけど『バカ犬』とかはそれほど評価してないのだよね〜。
己の萌えシチュの年下ヘタレワンコの話だったのにさ〜。
『バカ犬』も楽しかったのですけど、英田さんの作品だと思うと拍子抜けなんですよ…。

以前は、BBN(今回の本はSLASHだが…)って、中編2作だから、物足りないのよね〜とか思っていたのですが、つい最近、中編2作+短編1作のこの作品を読んでしまったので、問題はページ数ではなかったのか…と思ったり。
やはり、レーベルの差かな…?
この前読んだ、この対談集によると、BL本の編集さんって、他の一般少年漫画誌の編集さんとは違うみたいです。
アドバイスとかして、作品を作家さんと考えると云うより、素敵な作家さんを発掘してくる目利きのヒトと云う感じらしい(まあ、その作家さんがお仕事した出版社だけの話で、違う出版社は違うのかもしれないけどさ〜)
でも、とある作家さんのとあるマンガのあとがきで、オヤジの年齢は35歳までと云われたとあるしさ〜。
つまりは、編集さんの萌えポイントが大きいってことですよ。
そういえば、この前、代表とある作家さんのマグロ漁船ネタは却下したくせにサオ師はOKというのはどういうこと!?と言い合ったしな…。
結局は、リブレの小説担当さんと私の萌えポイントが違うと云うことなのだろうか…?
あっ、でも今日、サオ師の話を立ち読みしたら、物凄く楽しかったですけどね…。
でも、全体的に軽いノリの作品が多いのは事実だと思います。
結局、作家と担当と読者の相性ですかね?

だけど、最初に云いました通り、楽しかったですよ。
そういうノリの作品だと思って読めば、充分満足できる作品でした。

しかし、私としては、攻めを密かに思っていた、仕事の相棒である相羽が気の毒で…。
なんていうか、密かに仕事のパートナーを好きだったのだけど、そのヒトには恋人がいるし…。せめて、仕事の支えにはなろうと健気に頑張っていたのに、若くて可愛いだけが取り柄にしか思えない猛禽ちゃんにかっさらわれた美人で仕事もできて完璧なのに恋にだけは不器用な有能OLみたいな感じ…?
彼には、ぜひ幸せになってもらいたいです。
編集さんは受けの友人田丸くんがいいのでは?といってましたが、ワタクシとしましては、新しく署長として赴任してきた不遜なキャリアとかが希望です。
もし、相羽が攻めと云うのなら、ドジっ子新人刑事とかね。
別に田丸くんがダメなわけではありません。
ただ、彼はホモでない方向で云って欲しいという個人的希望です。

ところで、猛禽ちゃんといえば、江古田ちゃんの作家さんのサイン会が来月福岡であるんだよね〜。気になる…。

あと、やっぱり英田作品は騎乗位が絶対必須なのだなとか思ったり…。

2007.10.19 Friday 22:12 | comments(8) | trackbacks(4) | 
<< 「幾千の好きと嫌いを繰り返し―身代わり花嫁の恋」著者:柊平ハルモ イラスト:上田規代 | main | 「水底の月」著者:椎崎夕 イラスト:高階佑 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:12 | - | - | 
霖雨 (2007/10/19 10:27 PM)
はーこさん、こんばんは!

リブレになった後のBBNは、ビブロス時代のノベルスと違って「ライトなBL」を売りにしているように思います。手に取りやすくはありますが、印象に残るかと言われると…(ごにょごにょ) そういった話が全てではないんですが。

相羽君も、九門がまさかあそこまで手が早く、本気モードに入るとは思わなかったので、対応を間違えてしまったのかなと思いました。
悪い人なのかと思いきや、そうでなくて一安心でした。

TB送らせていただきますねv
はーこ (2007/10/20 4:42 PM)
霖雨さん、こんにちは〜

確かに、ビブロス時代よりリブレになってからの方がノリが軽いような…。
中編2作でなく、長編書き下ろしで1作でも…。
まあ、読者の好みによるのでしょうかね〜。

しかし、相羽さんは本当に気の毒。
「ゲイかどうか男と寝ればわかる」ようなことを言ってしまったため…。
真路にあんなことを言ったのも、きっと九門から毎日のように惚気とか聞かされてたりして、傷付いていたため故なんだろうなあと…。
ぜひ、幸せになってもらいたいです♪

TBありがとうございました♪
ではでは〜。
にゃんこ (2007/10/23 12:24 AM)
はーこさん、こんばんは〜

先日はチャットお疲れ様でした。
本題はあまり掘り下げられませんでしたが、いろいろお話しできて楽しかったです。

>別に英田さんでなくてもこういう作品は書けると思うの…。
激しく同感です…。
最近、榎田さんと同じく、英田さんに対しても満足できるハードルが上がっているなぁと思います。
少し前に読んだのが「すべてはこの夜に」というドシリアスだったというのも影響していると思いますが…。
楽しくは読めたんですが、どうも印象が薄かったです。

>新しく署長として赴任してきた不遜なキャリアとかが希望です。
おぉぉ、それは美味しそうですねぇ。
私も相羽の相手が田丸くんというのはちょっとどうかなと思います。
年上の落ち着いた大人の男×ツンデレ(ツン高めで)相羽なんていいんじゃないだろうかーと思いましたw
まあ、とにもかくにも、このままでは相羽が可哀想なので、幸せにしてやって欲しいです。

TBさせていただきました!
ではでは〜
はーこ (2007/10/23 12:47 AM)
にゃんこさん、こんばんは♪

先日は遅くまでお疲れ様でした。
チャットでもこの作品の話がでましたね〜。
主にレジに持っていくのがとても恥ずかしい表紙と口絵について…。
SLASHだから、こういうカバーでも仕方ないのか?
でも、これで買うのをやめてしまう読者もいると思うのですが…。

内容もですが、あまりにも『すべてはこの夜に』と発売日が近すぎたような…。
『すべては〜』を読んだばかりでなかったら、もう少し甘い評価をしていたかも…。でも、英田さんにも高いハードルを要求してしまいますね…。
あと、相羽さんには、幸せになってもらいたいですよ。
スピンオフがないかな〜。
出してほしいけど、レジに持っていきやすいカバーにしてもらいたいです(笑)

TBありがとうございました♪
ゆちゅらぶ♪ (2007/10/25 1:16 PM)
はーこ部長、こんにちは!

あ、サオ師面白かったですか?ノベルズになったら読もう…てゆーかサオ師が通じる一般人てどのくらいいるんでしょうね…。もう己を一般だと思ってはダメですかね…。

私も田丸くんはマイホームパパになって欲しいです♪
相羽は新任切れ者署長、イイですね!(笑)
それか検察官とか本庁管理官とかでもいいな〜♪
相羽の話はシャイとかで書いて欲しいですね〜。

私は英田さんもいつでも息詰まるハードアクションばっかり書いてたら疲れちゃうよなー、これはこれで面白いよなーと楽しく読みましたが、もしかして読む順番も関係あるのでは?
私はクロスはこれから読むのですよ!(笑)

TBいただいてきますのでよろしくお願いしますね〜♪
tatsuki (2007/10/25 8:10 PM)
こんばんは!はーこさん。
『すべてはこの夜に』のイメージ引きずったまま読み込むと、ちょっとえらいことになりますね。
しかも、私はこの作品と一緒に大好きなブラックラグーンの最新刊とCRAFTも買っていたから、余計に冒頭で躓きました(笑)。

そういえば、相羽って本当に美人さんだったんでしょうか?
(勿論、彼は性格的には美人さんなんですけどねw)
そもそも薄暗い廊下で、見かけたのが近視で乱視気味の真路視点の「美形」は、イマイチ信用できないような?
私はド近眼なので、リアルな友人にお前の「可愛い」は当てにならないってよく言われるんですけどね。
人の顔が基本的に見えないし覚えられないから、いつもシルエットと身振り(歩き方)や声で判断することが多いです。
とまあ、何かこんな風に意地悪を言いたくなってしまう作品なんですよね(笑)。
大好きな子にちょっかいかけたくなるような感じ?

後書きを読むと、あわよくばこの作品をシリーズ化して、相羽を次作の主人公にして欲しいなあという編集担当の欲望が透けて見える気がします…。
私はスピンオフなら、おまけの同人誌か小冊子が良いなあ。
リブレが大好きなCP増殖型シリーズは基本的に苦手なので。

ではでは。
TBも頂きました〜。
はーこ (2007/10/25 11:57 PM)
ゆちゅ♪代表、こんばんは〜。

サオ師面白かったですよ♪ノリとしては「愛してないと云ってくれ」のような感じです。
早く、単行本化してくれないかな〜。
中原さんはリブレにもあっているかもしれない…。
でも、英田さんはどうだろう?
確かに、読む順番が反対だったら、ここまでは思わなかったような〜。
でも、軽いなあという印象は受けたと思いますよ。

そして、田丸君はほんとうに可愛い彼女でもつくって、マイホームパパの道を歩んでほしいです。
う〜む、編集さんの企みに英田センセイがはまらないことを祈ります…。

TBもありがとうございました♪
はーこ (2007/10/26 12:01 AM)
tatsukiさん、こんばんは♪

相羽さんは本当に美人でお願いします(笑)
いや、もう脳内で、新しく赴任してきたキャリア署長と〜とか思い描いているので…。
いや、続編があるかどうかはしりませんよ。
でも、リブレというかビブロスはカップリング増殖が好きですよね〜。
でも、相羽編が読みたいので、なんらかの形で出してほしいと私は思っていますけどね♪
どうなることやら〜。
同人誌の方が編集さんの思惑が関係なくていいかもしれないですね。

TBもありがとうございました♪ではでは〜。









素直じゃねぇな
恋人と別れたばかりの真路は、その手のバーで知り合ったセクシーで魅力的な男と寝てしまう。そんなことしたことなかったのに、彼にだけ惹かれた。甘く情熱的なキスに翻弄され、優しく奥を開かれる。今まで味わったことのないような深い快楽を与えてくれる彼に、夢中にな
| 霖雨の彼方 | 2007/10/19 10:57 PM |
素直じゃねぇな
素直じゃねぇな英田 サキ Amazonで詳しく見る by G-Tools 英田先生にしては珍しく、表紙が羞恥プレイですね…。 裏表紙も…あわわわ。 スラッシュ仕様になってます。 【素直じゃねえな/英田サキ/桜城やや/SBBN(2007年)】
| にゃんこのBL徒然日記 | 2007/10/23 12:01 AM |
恋する馬鹿野郎ども♪
素直じゃねぇな (B-BOY SLASH NOVELS) 英田 サキ 英田さんの一番お好きなテーマは 『恋をすれば、みんな馬鹿』 なんですって。 あぁ…なんかものすごく腑に落ちたって感じですよ。 ヤクザだの刑事だのハードボイルドな設定がお得意の英田さんなのにあま
| 水中雑草園 | 2007/10/25 1:18 PM |
素直じゃねぇな
本日は、英田さんのビーボーイノベルス(リブレ)の方の新刊を紹介します。 またも出遅れ気味な感想というこの状況からも察せられるように、実は1週間ほど寝かせました。 前回ご紹...
| la aqua vita | 2007/10/25 7:12 PM |