<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「恋に命を賭けるのさ」著者:鳩村衣杏 イラスト:実相寺紫子

今月は楽しみにしていた新刊が色々と発売されたのですが、一番楽しみにしていたのはこの作品かもしれません。
いつ出るかと、かれこれ1年待っていたわけですから〜。

恋に命を賭けるのさ (白泉社花丸文庫 は 3-2)
恋に命を賭けるのさ (白泉社花丸文庫 は 3-2)
鳩村 衣杏

【あらすじ】
三佐和透は、ある日兄の恋人(♂)の秘書・新海聖司と出会う。女好きの透だが聖司の眼鏡美人っぷりとサドっぷりに惚れて猛プッシュを開始するも玉砕ばかり。実は聖司はヤクザの組長の息子で…!? 2007年10月刊。

『愛と仁義に生きるのさ』のスピンオフ作品。クリーニング店を営む三佐和兄弟の弟・透編です。お相手は前回の攻めの長嶺の秘書・新海♪
前作のラストと中に入っていたチラシのインタビューで予告していた組み合わせです。
ずっと楽しみにしていたのですが、1年も待たされるとは思わなかった…。
まあ、無事に出てよかった〜(笑)

さて、先日、英田さんの作品に対してレーベルの特色のせいか軽いと文句を言ってましたが、今回の作品のレーベルである『花丸文庫』も全体的に軽い印象があるのですよね…。
正直、花丸ではレーベル買いはしないですね。
でも、やはりレーベルと作家さんの相性もありますね。
前作の『愛と仁義に生きるのさ』が面白かったのもあるのですが、鳩村さんの作品って『ドアをノックするのは誰?』みたいにシリアスなんだけど、どこかコミカルっていうのが個人的には楽しいです♪
だから、『花丸文庫』でも全然OKですね♪

だけど、やはり色々と巧いなあ〜と思いましたよ。
前作は受けが攻めのデザイナーをヤクザと勘違いしていたのですが、今回はその間違えられたデザイナーの秘書が実はヤクザの息子だったわけで…。
それぞれ単品で楽しめるけど、2冊とも読んだ方がより楽しめるかも。
実はヤクザの息子な分、今回の方がシリアス度が高いかな?

しかし、今回の攻めである透がここまでイイ男だとは思いませんでしたよ〜。
『愛と仁義に〜』では、女にモテル軟派男の印象が強かったからね〜。
でも、兄のホモ宣言をキチンと受け止めたりと男気溢れるところはあったわけですけどね〜。
色々と彼なりに自分の生き方に向き合っていたのだということが分かったり…。
軟派男と思っていたら…。読者もこの意外性にトキメキを感じるけど、受けの新海はもっとトキメクよなあ〜(笑)
惹かれるのも仕方ない♪
しかも、新海の父親や組の若頭などの任侠の男たちにも太鼓判押されたわけだし〜。
幸せになりやがれ!持ってけ、泥棒♪ということで、めでたし、めでたしです♪

しかし、前作で受けでしたが兄の悠も男気溢れる性格でしたし(少々、思い込みが激しすぎるけど〜)、三佐和兄弟は素敵兄弟ですね♪
そんな兄弟に大きな影響を与えた天国にいる父ちゃんは本当に素敵なひとだったのだろうな〜。

あと、今月は鳩村さんの作品がリンクスからも出ますが、あらすじ読む限り、そちらは『映画館で逢いましょう』のリンク作だよね?
シャレからでなく、リンクスから出るとは…。
まあ、島さんとワンコが少しでも出てたらいいや(笑)

2007.10.21 Sunday 23:23 | comments(4) | trackbacks(2) | 
<< 「水底の月」著者:椎崎夕 イラスト:高階佑 | main | 「花嫁は十七歳」著者:若月京子 イラスト:椎名ミドリ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 23:23 | - | - | 
miku (2007/10/23 7:48 AM)
はーこさん、こんにちは!

不純な動機で(不純でもないか。うん、不純じゃないはず)買い求めた今作ですが、思いがけずおもしろくて嬉しかったです!!!(鳩村さんなんで大丈夫だとは思ったのですが、私もレーベルの印象が(^^;)

はーこさんの感想読んでると、やはり前作もおもしろいのですね!是非とも読みたいと思います(^^)

そうそう!鳩村さんってコミカルなお話でも、じーん・・・とさせられたりするんですよね。このお話も透のセリフに励まされたりして・・・。

TBいただきました!
はーこ (2007/10/23 11:04 PM)
mikuさん、こんばんは♪

前作の兄編もいいですよ♪
こちらの方がコメディ色が強いのですが〜。
こちらは既にドラマCDが出ているのですかね?
CDの方だけでも聴いてみるのもいいかもですね。
今回の主役2人も出ていますしね♪

しかし、やはり鳩村さんはコメディとシリアスの配分がちょうどいいですね。
本当に楽しい作品でした♪

TBもありがとうございました♪
ゆちゅらぶ♪ (2007/10/28 10:59 PM)
はーこさん こんばんは〜!

私はけっこう花丸もチェックしているのですが、レーベルカラーにあったライトさながらもツボを押さえた鳩村さん、楽しゅうございました♪
少なくともリブレで出したのより面白いと思うのは私だけ…?(笑)

透は前作ラストでの浮かれっぷりから絶対ヘタレわんこと決め付けていたのでいい意味で裏切られました♪
新海も可愛い人だったし…実はあんな風に人との関わりを避けてきたわりに手練れなのはナゼ!?とか過去の男性遍歴が気になっちゃったりもするんですが〜。
しかし多分ヤキモチ焼きな気がするのでこれからはお互いひとすじでラブラブですね♪
自分もしないけど透の浮気は許さないだろう…(笑)

すみません、昼間にTB突っ込んどいてコメントくるの遅くなっちゃいましたが、よろしくお願いします〜♪
はーこ (2007/10/29 12:43 AM)
ゆちゅ♪さん、こんばんは〜

鳩村さんの作品は花丸かシャレードから出たのが、個人的には好きです。この前のリブレも面白かったのですけどね〜。そして、ガッシュは読んでも感想を書く気にならないのですよね〜。
やはり、レーベルとのバランスですかね〜?

ところで、新海の男性遍歴は私も気になりました。一夜限りの関係ばかりだったのかしら〜と思ったり…。
まあ、嫁入り先が無事に決まったから過去はどうでもいいのかな?ってことで〜(笑)

TBもありがとうございました♪









恋に命を賭けるのさ
花丸文庫初めて買いました。新書は昔よく買ってましたが。文庫はなんとなく軽いイメージがあって・・・。でもおもしろかったです!!!鳩村さんですしね! 実は購入予定はなかった...
| BL本の日記 | 2007/10/23 7:42 AM |
婿養子だってイイじゃない♪
恋に命を賭けるのさ (白泉社花丸文庫 は 3-2) 鳩村 衣杏 鳩村さんのご町内ラブコメ第二弾です♪ 下町の美形クリーニング屋兄弟は前作のラストでの懸念がズバリ的中し、美形クリーニング屋ホモ兄弟になってしまいました。 しかも兄・悠の恋人長嶺は近所に引
| 水中雑草園 | 2007/10/28 3:06 PM |