<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「思い過ごしも恋の内」著者:ヤマダサクラコ

3年ぶりのコミックスだそうです。
ああ、確かにそうなのかも…。
BLに本格的にハマるかハマらないかの頃に漫画喫茶で『ここにキスして』を読んだ記憶が…。
しかし、面白かったということは覚えているのだが、どういう内容だったのか忘れてしまった…。
う〜む、もう一度、漫画喫茶に行って読み直すしかないか?
っていうか、買えよ…。
でも、東京漫画社からでたのが間にあるよね…。

思い過ごしも恋の内 (花音コミックス)
思い過ごしも恋の内 (花音コミックス)
ヤマダ サクラコ

【あらすじ】
「オレはゲイじゃない!」 男と別れたばかりの日野が声をかけた相手は、ゲイバーで突然あらぬことを叫んだ岸田だった。ノンケの岸田は、高校生の甥が男と付き合ってるかもしれないと悩み、ソッチ系の相談相手が欲しくてやってきたと言う…。マジメで純朴な岸田を好きになった日野は彼に協力するのだが…!?表題作カップル他、良成×秋生編も収録!豪華描き下ろしは後日談★

なかなかバラエティにとんだ1冊。

表題作は割とラブコメなんだけど、シリーズを追うごとにシリアスっていうかゲイの内部事情っぽい話に…
スピンオフ的な『我侭言うのも恋の内』は雑誌で読んでました。
そのとき、これって前の話があるんだろうなあ〜とは感じていました。今回読めて良かった。
しかし、Sな眼鏡と言うのはトキメキますなあ〜。
いや、Mの眼鏡もだけど…。
しかし、表題作のタイトルが好みです。いや、話も好きですけど〜。
しかし、恋っていうのは多かれ少なかれ、思い過ごしというか思い込みっているやつだと個人的には思っています。
ある意味、己に暗示をかけるというか〜。
上手く暗示をかけて、なおかつ相手にも暗示がかけれれば、万々歳なんだと思ったり…。
まあ、表題作のラストで主人公が行っていた通り、思い過ごしだろうと思い込みだろうと幸せになれればいいのですよ♪

表題作以外の話はシリアスと言うか、心の闇的な話が多かったです。
『隙間』みたいな話は好きです。
正しく言えば、話というより、ああいうラストな話が好きなのだ。

『プリムローズ』は掲載誌が漫画は健全なルチルに掲載されていたので、傾向がちょっと違いますね。
萩尾望都の世界のようです。
古き良き少女漫画チックといいますか〜。

まあ、本当にバラエティにとんだ作品集でした。いや、某番人にくらべたら、振り幅は普通ですけどね(笑)
次はいつ出るのかなあ?
なんかホストの話(ゲームが原作なのかな?)とか描いていたよなあ。
3年以内に出ることを祈ります。

2007.11.02 Friday 01:36 | comments(4) | trackbacks(1) | 
<< 「あふれそうなプール【文庫版】」3巻 著者:石原理 | main | 「最後のドアを閉めろ! 2【新装版】」著者:山田ユギ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 01:36 | - | - | 
はじめまして、BLブログランキングの管理人をしている者です。
突然で失礼します。

この度ボーイズラブ関連のブログのランキングサイトを立ち上げました。こちらのブログ様でしたらピッタリのジャンルになります。是非BLブログランキングに参加してくださいませんか?

参加方法は超!!簡単です。BLブログランキングブログのトップページか、ドラマCDブログのトップページをあなたのブログからリンクしていただくだけでOKです。

参加条件はBL(ボーイズラブ)関連の話題を扱うブログ様でしたら大歓迎です。
同ジャンルからのリンクが増えますからSEO対策やアクセスアップに必ずお役に立てると信じております。

ランキングは上位50位までの月ごとのアクセス数集計です。
立ち上がったばかりで参加ブログが少ない今のうちが絶対狙い目です。
ご参加を心よりお待ちいたしております。

・BLブログランキング
 http://blblogranking.blog38.fc2.com/

・ドラマCDブログ
 http://doramacd.blog121.fc2.com/

リンクの報告はしていただかなくても結構です。
こちらでリンクを確認させていただきましたら即時対応させていただきます。

宜しくお願い致します。

BLブログランキング管理人
はーこ (2007/11/05 8:15 PM)
BLブログランキング管理人さま、こんばんは&はじめまして♪

このたびは拙ブログなんかを気にかけていただき、ありがとうございます。
旅行中だったため、お返事が遅くなりまして申し訳ありませんでした。
しばらく、忙しいため作業が遅れますが、参加させていただきたいと思っておりますので、今後よろしくお願い致します。

お誘いありがとうございました。
nodari/nodada(のだだ) (2007/11/07 1:59 AM)
こんばんは!はーこさん。以前雪代鞠絵さんの「蜜月」でコメントさせていただいたのだだです。

最後のプリムローズは確かに萩尾望都っぽかったかもですね。後半の暗い話、私もツボでした〜^^というか、あの怪しい終わり方が・・・!(>u<
ところで、私も恋というものには多かれ少なかれ「思い過ごし」な面があると思っていまーすwというか、思い過ごしの恋と思い過ごしでない恋というのを分け難い、というか・・・。
そんなわけで(どんなわけで)、今回のレビュー、トラバさせてください。どうぞよろしく。
それでは失礼しました。
はーこ (2007/11/07 1:04 PM)
のだださん、こんにちは♪

のだださんも『隙間』みたいな話がツボですか♪
ああいう怪しい終り方は、余韻があってツボですね。
しかし、思い過ごしでない恋の方が、難しいかもしれませんね〜。
多かれ少なかれ、思い過ごしなり、思い込みが絡む気がします。要は幸せになればいいかと思います♪

TBもありがとうございます♪









遠く離れたところから遊ぶ「男同士の欲望」。
試しに「続きを読む」でネタバレする部分を折りたたまないで書いてみます。問題あればどうぞコメントくだちい。 思い過ごしも恋の内 (花音コミックス) 作者: ヤマダサクラコ 出版社/メーカー: 芳文社 発売日: 2007/10/29 メディア: コミック あらすじ。 俺とできるか試
| のだだがBL読んだ。 | 2007/11/07 2:00 AM |