<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「花嫁の品格」著者:火崎勇 イラスト:六芦かえで

ある花嫁評論家ブロガー様によると、BL界はただいま【花嫁ブーム】なんだそうです。
私は、特に花嫁萌えはなく、っていうか、どちらかというと苦手な方かも…と思っていたので、そう聞いた時、あまり実感はなかったのですが、よく考えれば、サブタイトルに『花嫁』がついたこの作品や、婿になるとか嫁をとるとか(もちろん男同士である)攻めが云っていたこの作品や、男同士で神父を呼んで愛を誓い合ったこの作品とか…。
確かに、花嫁が溢れているかもしれない…。
で、タイトルにズバリ『花嫁』とあるこの作品。
しかも、作者は火崎さん…。
火崎さんの作品って、そんな読んでいるわけではないっていうか、ベテランさんなのに全然読んでいないのですが、イメージとしてはそんなタイトルの作品を書かれる方ではないような…。
どうなんですかね?花嫁評論家のゆちゅ♪さん?(笑)

花嫁の品格 (ショコラノベルス)
花嫁の品格 (ショコラノベルス)
火崎 勇
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
ルックスも収入も人並み以上のデイトレーダー司馬高祀の元に、突然やってきた青年・杉山沙和。彼は以前「最高の嫁さんを紹介してやる」と言っていた同業の友人が送り込んできた花嫁候補だった!?戸惑いながらも、どうやら行くあてのない杉山の事情を察し、とりあえず家政婦としてなら住み込むことを許可する司馬だったが、姿も可愛く性格もよく、家事の腕もプロ並みというまさに“妻の鑑”のような杉山に心惹かれていく。杉山も同じ気持ちを返してくれ、相思相愛になったかと思ったある日、司馬は聞いてしまう。電話で杉山が「愛しているから早く迎えにきて」と誰かに話しているのを…。



やはり、BL出版界にもはやり廃りはあると思います。
っていうか、昔に比べてなんでもありですよね。
しかし、この最近の花嫁フェアはなんですかね?
同じ出版社でなら、そういう編集会議があったのだろうと思うけど、出版社の壁を超えたこのブーム。まあ、確かに同じ作家さんのものもあるけどさあ〜。
なんですか?私の知らないところに、BL界のフィクサーと呼ばれる人でもいて、その人が「花嫁ものを読みたい」と言ったがために、各出版社こぞって、花嫁ものを出しているのでしょうか(笑)
いや、秋は結婚シーズンだから?

しかし、まあ、火崎さんまで花嫁ものを出すとは…。
話としてはさほど山あり谷ありでもなかったり〜。
些細な誤解があったりするのですが、二人はラブラブですし〜。
波乱と言えば、攻めが嫁としてやってきたと思った相手が男であることで、男を嫁になんて…と抗っていたりします。
まあ、それが当たり前の反応なんですよね。
へテロだった筈なのに、男同士で恋愛することに何の抵抗も持たない主人公たちが多いからさあ〜。
その昔は、それがとても疑問でねえ〜。
しかし、今回見たいに抗い続ける攻めは逆に新鮮といいますか(笑)
まあ、一旦、箍が外れたら、あとはラブラブ一直線。
勘違いから、受けには別に本命がいるのでは?と思い悩み、それでも愛していると思っていたのだが、受けが誤解されたことに怒って行き違いがあったり…。
波乱といえば、その程度ですね。
全体的には穏やかな感じ。
攻めの一人称で物語が進むのですが、その攻めの生真面目な感じな文章と恋する男の愚かさのギャップが良かったです♪

ただ、花嫁とかタイトルに入れる必要性はさしてないような…。
まあ、確かに嫁取りがテーマなんだろうけど…。
タイトルは最近の流行りの組み合わせなような気はしますね。

2007.11.13 Tuesday 23:06 | comments(2) | trackbacks(0) | 
<< 「終わりなき夜の果て」後編 著者:和泉桂 イラスト:円陣闇丸(小説リンクス12月号) | main | 「きみがいなけりゃ息もできない【マンガ版】」著者:円陣闇丸 原作:榎田尤利 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 23:06 | - | - | 
ゆちゅらぶ♪ (2007/11/14 2:20 AM)
ご紹介にあずかりました花嫁評論家です(笑)

ここ最近で嫁取り物語を何冊読んだかわかりませんよ。
そして極め付けが火崎さんですからね〜。しかも品格!品格ときましたよ!
おまえもか、ブルータス!…危うく売り場で爆笑寸前でした。
内容的にはまあ安心感のある作家さんなのでついつい読み流しちゃってあまり感想書かないんですけどね〜。

そろそろ季節だしねえ、マグロのブームはまだですかねえ、部長♪
BLフィクサーには是非マグロで号令をお願いしたいものです(≧∀≦)
はーこ (2007/11/14 10:33 PM)
本日は花嫁評論家のゆちゅらぶ♪さんをお迎えして、最近のBL界嫁取り情勢についてお送りしておりました。

っていうことで、ゆちゅ♪さん、コメントありがとうございます(笑)
本日、本屋で文庫コーナーにて花嫁を1人、そしてコミックコーナーで花婿(もちろん嫁もいるのだろう)を1人見かけました。
そして、福岡では発売はまだですが、今月のディアプラスの特集は花嫁ではないですか!!
ここまでくると作為的なものを感じずにはいられない…。
やはり、居るんだよ。フィクサーが!!(笑)

「編集長!!A先生の次回作はリーマンものの予定だったはずなのに、なぜ、花嫁ものになっているのですか!?」
「Bくん、仕方ないのだ…。上からの命令だ…」
「上からの命令って…!?そんな、言論の自由はどうなっているのですか?」
「詭弁だよ…。御大が花嫁ものを望んでいる以上、我々はあの方の意向に沿うようにするまでだよ…」
「…御大って…」
「これ以上、首を突っ込まない方が身のためだよ…。あの方に背こうものなら、会社自体も危ないからな…」
「……」
とか、どこかの編集部であった…わけないか(苦笑)
毎度、バカなことばかり云ってスミマセン…。
しかし、BL界のフィクサーがマグロに興味を持ってくれませんかね〜。