<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「ビター×スイート」著者:遥々アルク

雑誌で第1話を読んでおりました…。
ぶっちゃけた話、第1話を読んだ時点では、まさかコミックスを買うなんて思っても見なかったです…。

ビター×スイート (ビーボーイコミックス)
遙々 アルク
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
一杯のコーヒーを楽しみに孤独に過ごす寡黙な青年・三日月。そんな静かな日常に快活なイケメン・村山が現れ突然の告白――。
村山との出会いは三日月の人生をコーヒーのように甘く、時に苦い味わいで彩っていき…。
描き下ろし大量収録の著者初単行本。

拍手する

購入の決定打は「描き下ろし大量収録」だったりします。

さて、先ほど述べました通り、第1話を読んだときはコミックスを買うなんて全然思ってもおりませんでした。
たまたま雑誌を購入したから第1話を読んでましたが、正直云いますと、立ち読みだったらすっ飛ばしていると思う…。
現に何話か読んでませんよ…。
さっきから、本音と称する暴言吐きまくりで申し訳ありませんが、事実なのでご了承下さい…。
それよりも、初めは好きでなかったのに、いつのまにやらコミックを購入するほどにハマっていたという事実に注目していただきたい(笑)

しかし、この「いつのまにやらハマっていた」という事実が何ゆえに起こったのか、当事者であるワタクシが分かっておりません…。
正直いって、絵柄は苦手な部類になると思うのですよね〜。
ストーリーだって、そこまで新しいパターンではないのです。
むしろ、使い古されたパターンだったからいいのか?
どうなんだろうね?
本当に「いつのまにやら」何ですよ〜。
その曖昧な理由をハッキリさせるため、大量描き下ろしに期待をかけたのですが、やっぱり、よく分からない。
本当に気が付いたら、続きが気になっていたのです…。
そういうパターンもありますよね?

とにかく、同人誌で発表した作品とか載っていて、雑誌で全て読んだ人も新しいアルクさんが見つけられると思いますので、それだけで興味がある方は手に取られる価値はあるのではないでしょうか?

2007.11.15 Thursday 22:10 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「きみがいなけりゃ息もできない【マンガ版】」著者:円陣闇丸 原作:榎田尤利 | main | 「YEBISUセレブリティーズ 5」著者:岩本薫 イラスト:不破慎理 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:10 | - | - |