<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「木曜日の恋人」著者:村上左知

発売を知った時、古本屋に流れたときにでも買おうと思っていたのですが、本屋で見かけら、いつの間にやらレジに持って行っていた…。
なんやかんやいいつつ、割と好きな作家さんなのかも〜。
内容はさらっとしているけどね。
物足りないときもあるけれど、不快感はないから。
登場人物は受けも攻めも可愛いですしね♪

木曜日の恋人 (kobunsha BLコミックシリーズ)
木曜日の恋人 (kobunsha BLコミックシリーズ)
村上 左知
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
10も年下の男の子が初恋なんて笑えないだろう?

木曜の休診日、特別に治療をした幼馴染みの誠は、10も年下の高校生で俺の初恋だった――。歯科医×高校生の恋を描いた表題作ほか、給食のお兄さん×化学の先生、愛に臆病なサラリーマンたちの恋など、描下ろしを加えた6編を収録!

CONTENTS
木曜日の恋人
教えてよ、愛とか恋とか
夜、君の夢を見る
隣りのあの人
クリスマスの夜ですが
隣りの恋人[描下ろしコミック]
その後の隣りの人たち[描下ろしコミック]


拍手する

描き下ろし以外はBLコミックアンソロジーに掲載された短編です。
なので、それぞれの話にテーマがあるのですよね。
「白衣・黒衣」、「お勉強の時間です」、「メガネで、スーツ」、「メガネで、スーツ2」、「メガネで、クリスマス」がそれぞれのアンソロジーのタイトル。
BL系大手の出しているアンソロジーよりは手に取りやすいような気はするが、そこはかと泣くマニアというかこだわりを感じてしまいます。
CPも歯科医×高校生、元生徒×教師、リーマン×リーマン、デザイナー×リーマンとなっています。
どれも可愛らしい話です。
村上さんといったら、『ルールそのいち』や『花恋』に掲載していた『非常階段で逢いましょう』といい、受×受をよく描かれたりしているという印象があるのですよね。
今回は、受×受ではないのですが、攻めもヘタレというかロマンチストというか乙女というか、『隣のあの人』と『クリスマスの夜ですが』の攻めは優しいけど、男らしいところはあるけれど、それ以外の攻めはどこか恋愛に対して乙女思考(笑)
『木曜日の恋人』の場合は、歯科医より10も年下の高校生の方が男らしいですよ。
まあ、どれも恋すると皆バカで可愛いということが伝わってくる作品です♪
強引で俺様でなければ攻めじゃないわ!!と思う人には向かない作品ですが、可愛いカップルものが読みたい人には楽しめる1冊ではないでしょうか♪

2007.12.08 Saturday 12:02 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< いろいろ 追加 | main | 「帝都万華鏡 桜の頃を過ぎても」著者:鳩かなこ イラスト:今市子 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 12:02 | - | - |