<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「恋せよまりも」著者:早瀬亮 イラスト:音鵺

本当は別のシャレードパール文庫を買う予定でした。
しかし、連日の残業で疲れた身の上では、なんていうか頭を使わないアホらしい作品を読みたいかも…と思い、こちらの作品を購入してしまいました。
いや、褒めているのですよ…。

恋せよまりも [シャレードパール文庫 ハ1-1] (シャレードパール文庫 ハ 1-1)
恋せよまりも [シャレードパール文庫 ハ1-1] (シャレードパール文庫 ハ 1-1)
早瀬亮
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
隔世遺伝の緑色の瞳がコンプレックスの真は、憧れの会社へ入社が叶ったのを機に、勇気を出して黒いカラーコンタクトを外した。ところが出社早々他の社員たちに「この色はまずい」とコンタクト装着を義務づけられてしまう。なぜなら、副社長である吉村は極度の緑色好き――ミドリイロマニアだったからだ。見た目はいいのに変わっている変態…いや、上司から身を守れと言われ戸惑う真。果たして噂の吉村は、緑色をこよなく愛し、仕事ができるイケメン、でも実は恋愛恐怖症なのにセクハラをしかけてくるという忙しい男で…。

月曜に己の趣味のために会社を休んだため半分は自業自得かもしれませんが、連日の残業でヘロヘロです。
それでも、本を読むんか…!?アンタは!!と突っ込まれそうですが、活字中毒らしいので〜。
それでも図書館に行く暇がなさそうなので、やっと予約が回ってきた東野圭吾の新刊をあきらめましたよ…。タイミング悪すぎです…。福岡市図書館よ…。
予約して10か月目にしてやっと回ってきたのに〜。

まあいいよ…。ミステリーは読んでいないけど、ホモ小説は読んでいますから〜。
というわけで、軽く読めそうなために購入したこの本。
シャレードパール文庫はワンコイン文庫と銘打っているため、お手軽に買えますね。
話も軽いけどさ〜。
先月読んだこのレーベルの本は感想が書けそうになかったので、パスしましたが、なんやかんやいいつつ読んでますね。
やはり、ワンコインは大きいのか!?

で、この作品は
ミドリイロマニアの副社長×瞳が緑の新入社員
副社長と新入社員だともの凄く年が離れてそうなイメージがありますが、この人たちの会社は比較的新しい会社なので、年の差は10歳くらいですかね〜?

さて、ミドリイロマニアという特異な趣味っぽい攻めのため、変わり種と思われそうですが、別にそこまで変わった話ではありませんでした。
強引俺様風味の攻めに猛烈アタックされた受けがいつのまにやら〜という、ある意味お約束展開。
ミドリイロマニアな攻めと緑の瞳を持った受けなので、受けが、攻めが自分に執着するのはこの瞳の色のせい!?とか思ってグルグルする話かと思いきや、受けは黒のカラーコンタクトをしていたため、後半にならないと攻めは受けの瞳の色に気が付いていません。
瞳の色と関係なく、攻めは受けに猛烈アタック…。
どうなのかな?
ここはお約束で、瞳が緑だから自分のことが好きに違いないと思い込み受けは攻めから逃げるが、そんなことは関係ない!!眼が緑だろうと黒だろうと赤だろうと関係ない!!と誓う攻め〜。
そういう展開が読みたかったかも…。
なんていうか、やはりワンコインの値段で納めているためか、ページ数が足りないというか余韻がないというか〜。
なんか、展開急でない?と思ってならなかったです。
ただし、初読み作家さんなので、レーベルの特徴か、作家さんの特徴かは分かりませんけどね…。

2007.12.20 Thursday 22:31 | comments(4) | trackbacks(1) | 
<< 「傲慢君主の専属契約」著者:高尾理一 イラスト:実相寺紫子 | main | 嬉しいような悲しいような〜 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:31 | - | - | 
tatsuki (2007/12/20 11:15 PM)
こんばんは!はーこさん。
自他共に認めるシャレード贔屓の私が、スルーしてしまったこの作品を読まれていたとは!
アラスジがどうのというより、早瀬さんは(シャレードにしては)文章が読みづらいのが難点なんですよね。
でも、こういうアサッテな感じの作品は心惹かれちゃいますねー。
むぅ、買っちゃおうかなあ〜、はーこさんの感想を読んだらとても読みたくなってきました。
ではでは!
はーこ (2007/12/21 11:41 PM)
tatsukiさん、こんばんは♪

正直いいますと、普通の精神状態だったら、スルーしていた作品です。
仕事でヘロヘロだったから手に取ったのかと〜。
しかし、文章が頭に入らん!!と思ったのは、疲れていたからではなかったのですね…。
初読み作家さんだったので、そこらへんの見極めが〜。
バカバカしいけどある意味癒しにはなりましたけどね〜。
でも、もっとバカバカしくても良かったかもと思ています。

コメントありがとうございました♪
tatsuki (2008/01/29 8:55 PM)
こんばんは!はーこさん。
ようやく読みました、私的にはとても楽しかったです♪本当に癒されますね。
キャラの遠野さんの新刊で萌えテンションが氷点下まで下がり、シャレードの水原さんの新刊で久しぶりに痛くてチビりそうになっていたトコロだったので(←笑)、このお手軽さと暖かい作風が丁度よかったのかもしれませんが…。
はーこさんの感想が無ければこの作品は読んでいなかったと思うので、はーこさんには大感謝です。
TBもよろしくお願いします。
ではでは!
はーこ (2008/01/30 2:14 AM)
tatsukiさん、こんばんは♪

私のあの誉めてるのかけなしているのか判らない感想がお役に立てて良かったです(笑)
いや、癒されますけどね。緑色効果かしら?

ところで、遠野さんのあの作品はかなりお怒りでしたね〜。
私の感想は明日アップの予定です。
なんか、癒しから話がそれましたね。すみません…。

TBもありがとうございました♪









恋せよまりも
面白かった!今まで読んできたシャレードパール文庫の中で、ダントツで一番面白かったデス! 私はエロいBLもイタいBLもアサッテなBLも大好きだ...
| la aqua vita | 2008/01/29 8:48 PM |