<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「百年の恋」著者:高尾理一 イラスト:円陣闇丸

この話は少し違うが、悲恋で終わった恋人同士が自分達の代わりに子孫が結ばれるようにねがう…とかういうと、やはり『はいからさんが通る』を思い出します。
でも、私、少尉はどうでも良かったりして〜。
黒い狼が好きでしたよ…。

百年の恋 (ショコラノベルス)
百年の恋 (ショコラノベルス)
高尾 理一
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
百年前の先祖と英国貴族の悲恋に憧れてウィンベリー伯爵家を訪れた高木戸凛は、当主のヒュー・マーカスにいきなり財産目当ての詐欺師呼ばわりされる。実は伯爵家には、高木戸家の子孫が訪ねてきたら財産と屋敷を譲るべしという遺言が残されていた。凛が否定しても、彫刻のように端整で冷たく頑固なヒューは聞く耳持たず、凛は館に囚われる。しかもヒューの弟の企みで媚薬を盛られた凛は、色仕掛けで伯爵家を篭絡するつもりなのだと誤解され、激怒したヒューに抱かれてしまい――。
時代を越え惹かれ合う運命のロマンス!

先週に引き続き2冊目の高尾さんの作品です。
先週読んだこの作品が面白かったのもありますが、やはり円陣さんのイラストを見たら手に取ってしまいます♪
凛が可愛いです♪

で、この作品ですが、面白かったです。
ええ、楽しく読めましたよ。
でもさあ、はっきりいって色々とシチュエーションが先週読んだその作品と被っているのだよ。
受けが最初攻めにとって招かざる客人だとか〜。
なにかあると契約といいだす攻めとか〜。
カラダの関係をもち、受けのことを『恋人』だというくせに肝心の『愛している』を云わないとか〜。
まあ、たまたま1週間という短期間で2冊読んだから余計に気になるのでしょうが…。
それぞれ、単品としては面白い作品ですよ。
どちらもハーレクインロマンスのようです。
そういうのが好きな人には楽しめる作品だと思いますよ♪

2007.12.24 Monday 13:30 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 2007年ベストマンガ(BL以外) | main | 「ネーム・オブ・ラブ 」著者;宮本佳野 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 13:30 | - | - |