<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「遺産相続人」著者:石原ひな子 イラスト:実相寺紫子

初めて読む作家さんです。
ただ、私は読んだことないけど、すでに何冊も本を出されている作家さんだと思い込んでおりました。だけど、これが2冊目の単行本だそうです。
どなたと勘違いしたのかなあ?
BL作家さんも増えましたよね〜。
買う方も初めての方とかは大変悩みますよ。

遺産相続人 (ショコラノベルス HYPER)
遺産相続人 (ショコラノベルス HYPER)
石原 ひな子
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
四条グループ会長の秘書を務める瀬田夏生は、死の近い四条の希望で大学生の保科淳之介に接触した。天涯孤独の保科は四条がかつて関係を持った女の息子で、四条の唯一の実子である可能性が高い。だが攻撃的で自信に満ちた若い獣のような保科は、四条家に入ることはもちろん、親子鑑定すら拒否。莫大な財産もいらないと言い切り、追い払うためなのか瀬田に身体さえ要求する。恩義ある四条の願いを叶えるため、瀬田は保科に抱かれ、保科を四条家に相応しい男に仕立て上げようとするが――。
傷つけあい迷走する切ない恋の軌跡。


実相寺紫子さんのイラストに惹かれて購入。
BL界においての秘書という人たちは、時には仕えている人のために身体をはることはあったりしますので、話的にはそう目新しくないかなあ〜なんて思っておりました。
しかし、秘書の瀬田は赤ん坊の時に捨てられて養護施設で育ったという悲しい過去があり、攻めの保科も瀬田と会うまで自分の父親のことは何もしらなかったりしております。一見粗野で乱暴そうな保科ですが、自分の生い立ち故か人の痛みが分かる人間だったりします。
最初の関係は、それこそ嫌がらせに近いものだったのでしょうが、どこか孤独を抱えた2人が惹かれあうのは運命だったような気がします。
生い立ち故に、自分の感情を素直に出すことができない瀬田が最終的には保科への気持ちを自覚し、それを伝えることができたのにはホッとしました。
いろいろとこれからも大変であるでしょうが、2人には幸せになってほしいものです。

そして、わりとヘビーな背景をもつ主人公2人に対して、一服の清涼剤のようなおバカちゃんがいました♪
とてもかわいらしいおバカちゃんな保科の義弟の秀明。
あとがきで同人誌にでも彼を主人公の話が出せたらとありました。
気になるのは相手だなあ〜。
やはり、チラっとでた保科の友人で秀明の憧れているDJの広田さんとかいう人ですかね〜。
気になるなあ〜。

あと、ハイパーなだけあって、エロが多くて濃厚でした。
最初、挿絵をパラパラ見た時、何回やってんだ?と思いましたよ…。
いや、満足です…。
2008.01.04 Friday 14:43 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「可愛くって少しバカ」著者:秋葉東子 | main | 冬コミ報告 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 14:43 | - | - |