<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「キスができない、恋をしたい」著者:崎谷はるひ イラスト:街子マドカ

昨日の予告したとおり、崎谷さんの今年最初の発売の作品の感想を〜。
挿絵が街子マドカさんだったから『恋愛証明書』と関連しているのかなあと思っていましたが、予想どおり、友人として『恋愛証明書』の二人が出ておりました。

キスができない、恋をしたい (幻冬舎ルチル文庫 さ 2-13)
キスができない、恋をしたい (幻冬舎ルチル文庫 さ 2-13)
崎谷 はるひ
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
友人同士だった脩と憲之は、憲之が仕方なく脩の面倒を見るという感じで同棲することに。脩は叱られてばかりで自信がなくなり…。

拍手する
本屋で手に取ったとき、崎谷さんにしては薄い本だなと思いました。
最近の崎谷さんの作品の長さ(主にエロ)には、食傷気味でしたから、ホッとしました。

しかし、内容の方ですが…。
以前から思っていたが、崎谷さんって、よく受けが腸内洗浄していることを明記しますよね…。
今回はそのことは書いていなかったけど、まあ色々と…。
なんか読んでいて、この本はゲイカップルのためのセイフティセックスの指南書か?と云いたくなりました。
いや、大事なことだとは思いますよ。
ゲイだろうとへテロだろうとセイフティセックスを心掛けることは大事なことだとは思いますよ…。
でもね、BL本で書くことなのでしょうか?
正直、私はBLというフィクションにまで、そういう舞台裏といってもいいことを読みたいとは思いません。
最初は身体から始まった関係だけど…という話を書きたかったのかとは思いますが、なんか最初の関係が保健体育の授業のようでしてね〜(苦笑)
読んでいて、萌えることもなければ燃えることもない…。
っていうか、むしろ萎えるよ。
だからさあ、そういうことはイチイチ書くことではないのだと…。
ファンタジーなんだからと思うのですが…。
たとえ、ファンタジーでも大事なことは書かないということなのですかね…。

で、身体から始まった関係だけど、いつの間にやら、とても誰よりも大切な人になったけど、そういうことから始まったことに負い目等があって、素直にならない受けがグルグルしているという、こうやって書くとよくある話ではありますね。
そのよくある話こそ作家さんの工夫なり個性なりがでるわけなのですが、その個性が保健体育?
エロは本全体が薄いせいかいつもより短かったよ。
2回そういうシーンの描写があったのですが、長かった最初のそういうシーンが保健体育…。
なんか、まだまだ、受けがあんあん云っている方がいいのかも〜。
という勝手なことを思いました。
あと一応『恋愛証明書』のリンク作になるわけですが、とくにリンクにする必要はなかったような〜。まあ、『恋愛証明書』の2人が幸せそうで何よりだとは思いますがね…。
2008.01.19 Saturday 22:14 | comments(2) | trackbacks(1) | 
<< 「甘い棘の在処」著者:萩野シロ イラスト:円陣闇丸 | main | 「七代目、お譲りします」著者:小川いら イラスト:高城たくみ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:14 | - | - | 
霖雨 (2008/01/20 10:12 PM)
はーこさん、こんばんは!

店頭で「薄っ!」と思ってしまいました。もう崎谷さんの本=厚いと思っていたので、この薄さはかなり意外でした。

私は、崎谷さんが中出しにこだわることが毎回気になってしまいます。全作品を読んでいるわけではありませんが、ここ最近の本には大抵その描写があるんですよね…。中出しにこだわるゆえの腸内洗浄描写があると思います。
崎谷さんのペッティング止りのお話というのもちょっと読んでみたいです。

何だかあけすけなコメントですみません。
TB送らせていただきますね!
はーこ (2008/01/20 11:20 PM)
霖雨さん、こんばんは〜

確かに、崎谷さんってそれも好きですよね〜。
きれいにしているから大丈夫ってことなんでしょうが、別にそこまで書かなくてもいいのに…と毎回思うのは私だけなのでしょうか?
しかし、今回薄かったですね。
いや、他の作家さんと同じくらいなんでしょうが、崎谷さんにしては…。それこそルチルだったら600円台の値段が当たり前のような気がしていたので〜。春海と遼一の番外がショートでなかったら、それくらいの厚さになっていたのかしら…。
まあ、これくらいの厚さが個人的にありがたいです。主に財布の関係で(笑)

TBもありがとうございました♪









キスができない、恋をしたい
ライブハウスで働く天野脩の六歳年上の恋人・岩佐憲之は、フリーのSEで超多忙。わかってはいるけれど最近話さえしていないのはさすがに切ない。駄目な恋ばかりしていた脩を叱ってくれ、ちゃんとセックスしてくれた憲之――それから付き合い始めた二人は、好き合って始
| 霖雨の彼方 | 2008/01/20 10:00 PM |