<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「ライク・ファーザー・ライク・サン」著者:英田サキ イラスト:ヤマダサクラコ

2ヶ月連続でシャイから英田さんの新刊がでました♪
まあ、予定がずれ込んだということは、通しナンバーでわかるのですけどね…。

ライク・ファーザー・ライク・サン (SHY NOVELS 198)
ライク・ファーザー・ライク・サン (SHY NOVELS 198)
英田 サキ

【あらすじ】
高校3年生の相崎志真は、隣の家に暮らす幼馴染み・昂の父親であり、人気脚本家である灰島康征に恋をしている。だが、康征は男女問わず万年入れ食い男のくせに、志真のことはまるで娘(!?)のように可愛がり、いつまでも子供扱いだ。父親代わりなんて必要ないのに!! 酔っ払った康征からキスされ喜んだのも束の間、相手を間違えたと謝られてしまう。康征の態度に傷ついた志真は、自分にも男の恋人がいると嘘をついてしまうのだが… 歳の差20歳、この恋の結末は!?

拍手する

過去、何人の受けに対して思っただろうか…

こんな男はやめておけ!!

と〜。

ヤマダサクラコさんによるカバーイラストを初めて見たときは

なに!?このチョイ悪オヤジは!

とココロ踊らされました♪
しかし、実際作品を読んだところ、こいつはチョイ悪とかでなく、タチの悪いオヤジの何者でもない!!

タチ悪すぎ…。
こんな奴なんか、もう嫌いになってやる!と思った矢先に弱いところなんか見せたりとして、離れたいのに離れられない気持ちにさせるんだまの!
タチが悪い以外の何者でもないよ…。
大体、攻の息子で受の幼馴染みである昴ももっと甲斐性みせんかい!
ちゃんと志真相手でもムラムラしてみせんかい!
大事なしいちゃんがオヤジの毒牙にかかっていいんかい!
胸がないくらい根性で乗りきれんでどうする!
と、思ったりもしました〜。

年の差ものは好きなシチュエーションのはずなんですが、年上の男が傷付いた若い子を甘やかすというのではなく、甘えたがりのオヤジがココロ優しい少年に甘え、ベッドの上だけは甘い抱擁を与えるというオヤジのロマンな話でありました。

もう、本当に例え真性ゲイだとしても若くて性格のいい志真なら、他にいい相手が見付かるだろう…。よりによってこんな下半身が緩い男に長年片想いしなくても…。
もう、私のほうが年頃の娘を持った父親の心境でしたよ…。
でもね、お父さん(読者)がどんなに反対しても娘(志真)はあのひとでなければダメだと泣くのです…。
娘に甘い父は許すしかないではないですか〜。
娘を泣かしやがったら許さんぞ!と康征相手に睨みをきかせて思うばかりであります(笑)

しかし、シャイの割りには軽いというか、ある意味ご都合主義な展開だったような〜。
『バカ犬』のノリに近かったかな?
楽しくはありましたけどね〜。

まあ、志真くんはいろいろと苦しい思いをしましたが、これからは幸せになってもらいたいものです。
っていうか、カカア天下でいってくれ!
こんなオヤジはドンドン振り回してやれ!と思ってなりませんでした(笑)

2008.01.30 Wednesday 23:14 | comments(6) | trackbacks(3) | 
<< 「美男には向かない職業」著者:いおかいつき イラスト:DUO BRAND | main | 「砂楼の花嫁」著者:遠野春日 イラスト:円陣闇丸 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 23:14 | - | - | 
tatsuki (2008/02/01 8:41 PM)
こんばんは!はーこさん。

>『バカ犬』のノリに近かったかな?

はーこさんのこの一言で、長年積んであった『バカ犬』読みました(笑)。
『バカ犬』の方がストレートな展開で楽しかったです♪
まあ、例によって年下攻め&ワンコ攻めに萌えの無い私は、そういう意味では趣味じゃないお話ではあるのですが…。

今回の作品は、主人公の実父が放浪癖ということで、最初は高遠さんの『楽園建造計画』と比較しながら読んでいたのですが、全然方向性が違ってましたねー。
ファザコンの筈の主人公が、生死すら不明の実の父の安否を気遣わないのが、どうにも何だか納得がいかなかったです。
どうも、志真君は母親の轍を踏みそうな(≒離婚)予感がするのは私だけなんでしょうか?
ではでは!
はーこ (2008/02/01 11:29 PM)
tatsukiさん、こんばんは♪

私もどうしてもこの2人が生涯沿え遂げるとは思えないのですよね〜。
やはり、ファザコンの延長の気がしますし、康征さんは下半身が緩いので誘われたら浮気しかねないし、志真くんは志真くんでステップアップして次の恋に行きそうな気がしてならないです…。
私がひねくれているのですかね〜。
もっと素直な気持ちで読みたいものです…。

コメント&TBありがとうございました♪
ゆちゅらぶ♪ (2008/02/06 12:12 AM)
はーこさん こんばんは♪

散々放蕩の限りを尽くしておいて最後に自分にめろめろの若い嫁さんを捕まえる…どんだけ都合のいい男のロマンでしょうか(笑)
私はどちらかと言うと楽観的なので何度か浮気して許しを乞いつつ、気付けばオヤジに散々仕込まれてフェロモン垂れ流しの色っぽくなった尚季に危機感を覚えた康征が心を入れ換える、なーんて展開がベストです(笑)

昴は特性を活かしてホストにでもなればいい…(爆)

ではではうちの感想ちとアレですが、TBさせてくださいね♪
はーこ (2008/02/06 10:17 PM)
ゆちゅ♪さん、こんばんは〜

誘われれば、美人女優の妻がいようと、男だろうと女だろうと構わず喰いまくりと好き勝手やっていたが、若くて可愛い料理上手の幼な妻を娶るとは〜。
本当に男のロマンですな…(遠い目…)
個人的には志真くんは散々浮気する康征さんに三行半を突き付けて欲しいのですが〜。
そんな志真に対しての康征が大変見物であります。
捨てられてしまえ…。とか思ってしまう私は人でなしなのでしょうか〜。
でもなあ、あのひとは浮気するよ。もう病気だよと思ってなりませんでした。

コメント&TBありがとうございました♪
霖雨 (2008/02/08 10:12 PM)
はーこさん、こんばんは!

はーこさんの記事を読んでいて、どちらかと言うと自分がダメ男な康征寄りでこのお話を読み進めていたことに気づきました…。
男のロマンがツボだったようです(泣)

志真にはぜひ康征を躾け直して手綱を取っていってほしいですが、まだまだ無理かな…。

TBいただきますね!
はーこ (2008/02/09 1:51 AM)
霖雨さん、こんばんは♪

私も康征寄りっていうか、康征が羨ましいですよ。
散々好き勝手をしておきながら、20歳も下の可愛くて、料理上手で自分にメロメロの嫁をもらうなんて!!
羨ましい(笑)

志真は今は無理でしょうが、近い将来は康征を上手くコントロールしていると思いますよ。
せいぜい、捨てられないようにね…。と康征さんに対して密かにエールを送りたいと思います。
でも、やはり、一生添い遂げるとは思えないのですよね…。
夢なさ過ぎかしら?

TBもありがとうございました♪









ライク・ファーザー・ライク・サン
えーとですね、実は残念ながら本日もオススメではありません…贔屓の英田さんなのにネ(笑)。 実は、著者の“意欲作”だったとは思うのです...
| la aqua vita | 2008/02/01 12:20 PM |
子は親を見て育つのよね…(T∇T)
シャイノベルス 英田サキ 「ライク・ファーザー・ライク・サン」 シャイの英田さん、しかも挿絵はヤマダサクラコさん♪ということで楽しみにしていた一冊です! …が、しかし今回ストーリィとは直接関係ない部分でかなり複雑な気分にさせられてしまった箇所があ
| 水中雑草園 | 2008/02/06 12:55 AM |
ライク・ファーザー・ライク・サン
高校3年生の相崎志真は、隣の家に暮らす幼馴染み・昂の父親であり、人気脚本家である灰島康征に恋をしている。だが、康征は男女問わず万年入れ食い男のくせに、志真のことはまるで娘(!?)のように可愛がり、いつまでも子供扱いだ。父親代わりなんて必要ないのに!! 酔
| 霖雨の彼方 | 2008/02/08 9:34 PM |