<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「見ているだけじゃ我慢できない」著者;高月まつり イラスト:天王寺ミオ

最近、すっかりダメ出しばかりするブログと化している我がブログ…。
不快に思っている方がいると思います…。
すみません…。
でも、正直に思ったことを書こうと思っています…。
で、今回も例外ではなく…。

見ているだけじゃ我慢できない (DARIA BUNKO)
見ているだけじゃ我慢できない (DARIA BUNKO)
高月 まつり
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
経理室の長谷崎冬夜は、一流スタイリストを目指す宮野宏隆に片想い中。そんなある日、母の策略により宏隆と一緒に住む事になってしまい、うろたえながらも宏隆に尽くす決意をする。一方、宏隆は企画のためとはいえ、超ダサい冬夜との同居にうんざりしていたが、冬夜の健気な様子は大変微笑ましく、その上、素顔が信じられないほど綺麗で、一緒に暮らすうちにどんどん惹かれてしまい……。



なんて云うか、色々な意味で損している作品なんじゃないかな〜とか思ったり…。

実は、私、最初に読んだときはイマイチ内容の把握ができなかったのですよね〜。
私読むのが早い分、そんなにじっくりと考えながら読むタイプではないからかもしれないけど、1回目では、なんかよくわからん作品だ…とか思ったのであります。

なんで、イマイチ理解ができなかったかと云うと、受けの台詞のせいです。
受けの性格を表すためとはいえ、受けのヘンテコ敬語は読んでいて苦痛でした…。
おかげで、斜め読みをすることに〜。
いいわけですね。

しかし、2回読んだあと思ったことは、意外と話の流れ自体は奇抜ではないなあ…というものだったりします。
本当は素晴らしい容姿を持っているのに、周りの心ない悪意のせいで、コンプレックスを抱き、なおかつ少々対人恐怖症となった受けを攻めが一生懸命愛し、その頑な心を溶かしていくというものであります。

しかしなあ、先ほど語った、受けの台詞回しがダメだった…。
そして、顔を人に見られるのを以上に嫌がる受け。
極限状態になったら、大暴れします。
それがな〜。
まあ、極限状態でパニックを起こしていると云うことなんでしょうが、個人的には受けの内向的な性格とはかけ離れ過ぎる行動で受けの健気な性格と結びつかなかったです。
どちらかというと、極限状態で気を失って倒れるタイプのような気がするけどなあ〜。過呼吸おこしてしまったりさあ…。
自傷行動を起こすタイプの方がしっくりするような…。酷い考えですか?
でも、そのほうが受けの理不尽な扱い等に同情ができて、物語にもシンクロできたような気がします…。
本当に個人的には損している作品のような気がしてなりませんでした。
まあ、私の好みの設定ではなかったと云うことなんでしょうけどね〜。

あと、思ったこと。
受けは色々初めてなんだからさあ、いくら最後まではしてないとはいえ、ベッドの上でやってやれよ…(笑)
いきなり、台所だの、リビングだのさあ〜とか全然物語の中心でないところが気になりました。
しかし、パラッと挿絵みたとき、口絵はとんでもないし、とんでもない挿絵があったので、どんなにエロな作品なんだ?と脅えたが、最後までやっているのは本当に最後だけでした。
なんか、受けのご奉仕の挿絵とか必要以上にエロかったです…。
2008.02.20 Wednesday 22:49 | comments(4) | trackbacks(0) | 
<< 「愛の言葉は花言葉」著者:海野幸 イラスト:桃月はるか | main | 「24パートナー」著者;いおかいつき イラスト:高座朗 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:49 | - | - | 
カズ (2008/02/21 11:29 AM)
はーこさん、お久し振りです。去年コメントお邪魔させて頂いてましたカズです。こんにちは。
コメントお邪魔は不義理を働いてますが、私はブログを毎日拝読させて頂いてます。

今回久々にお邪魔させて頂いたのは、はーこさんの辛口(じゃないよね??でも正直な感想だもんね…?)に、私も思いっ切り賛同してるからこれからもガンガンやれーッ!!とお伝えしたかったのです。
拝読する度に「そうそうそうやねん!」と賛同してる者が私以外にもいらっしゃると思いますので、曲げないで突っ走って下さいね。

それでは失礼致します。
はーこ (2008/02/21 9:50 PM)
カズさん、こんばんは♪
ご無沙汰です〜!!

今年に入って、なんか辛口な感想ばかりだなあ…と自覚していたのですが、なんかそのまま正直に突っ走った感想ばかりしていました。
自分でもどうなんだろうと思っていたのですが、カズさんに温かいコメントを頂いて嬉しかったです♪
読んだひとそれぞれの感想があるのだと思います。
これからも、己の思ったことを書いていこうと思います。
これからもよろしくお願いしますね♪

コメントありがとうございました♪
あきこ (2008/02/23 12:45 PM)
こんにちわ。はーこさん。いつも楽しく拝見させて頂いています!

以前にもコメントを書かせて頂きましたが、またまたお邪魔します。

というのは、この作品、私も全く同じ感想を持ってしまったからです。
もともと、発売が遅れたのでちょっと注目してしまい、表紙がちょっと萌え系だったので、つい中を見ずに購入してしまいました。
はーこさんのコメントを先に読んでいれば・・・と後悔しきりです。
ある意味、ここまで不可思議な台詞と行動は、かなり印象的ですが、私が特に拘るのは、台詞と行動なので、これは許せないです。
確かにストーリー自体は悪くないかもしれませんが、あの台詞はもう一度読む気持ちにはなれないですね。

すみません。人様のブログでここまで辛口になってしまって。。。
でも、正直な気持ちです。
書きすぎでしたら、ご指摘下さい。

それでは失礼いたします。
はーこ (2008/02/23 9:57 PM)
あきこさん、こんばんは♪
あの受けのヘンテコ敬語はキャラの個性は出せたかもしれませんが、物語のリズムは壊していたような気がしてなりません。
話自体は悪くないとは思いますが、如何せん感情移入できませんでした。
あきこさんも同意見ということですが、他にもそういう方がいそうですね…。
本当に残念な作品ですね…。

コメントありがとうございました♪