<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「僕らにまつわるエトセトラ」著者:九號

九號さんの初コミックスです。
小説の挿絵では何度かお見かけしていますね。
初め、なんて読むのかわかりませんでした…。

僕らにまつわるエトセトラ (バーズコミックス ルチルコレクション)
僕らにまつわるエトセトラ (バーズコミックス ルチルコレクション)
九號
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
達志の家の前で行き倒れていたアキラは、かつて達志が想いを寄せていた恩師の息子だった。アキラから恩師の死を知らされた達志は…。

拍手する

アクセス解析をみたら、結構『九號』をキーワードにして我がブログにたどりついてきた方々がいらっしゃるようです。
注目の方なんですね。(二次では有名なのかな!?よく分からないけど…)
まあ、そんなこともあり初コミックスを買ってみたのですが、描き下ろし以外全て読んでましたよ。
よく考えたら、かれこれ2年くらい『ルチル』を買っているのだから読んでもいるよな。
とにかく改めて読んだ感想です。

『いつか僕らは』
大好物の幼なじみです。
しかも野球少年です。
どうしても己の本命ジャンルを彷佛させられます…。
そんなふうに思ってしまうのは業というものなのでしょうか…。

『桜の巡礼』
こういうニアというか、微妙な距離感ものには大変弱いです。
あからさまなものより匂わせるというか仄めかすというほうが好きなのです。
雰囲気が素敵な作品っていいですよね。

『うつくしい明日』
酔っぱらった際の襲い受けの色気というものは反則といっていいのでは?といいたくなるほどです(笑)
しかし、受けの父親と攻めの過去を読んでみたい。
なんか、漱石っぽい感じなのではとか勝手に思っています。(特に根拠はない…)

『僕らにまつわるエトセトラ』
描き下ろし。『いつか僕らは』の後日談。
やはり、幼なじみはいいの〜♪
事故が云々というのは痛いんだけど、枷とかそういうのはそういので正直萌える…。ひとでなしですみません…。

ということで(?)九號さんの初コミックスでした。
エロはほとんどなくホモ未満的な作品が多かったですが、個人的にはツボでした。
今後も楽しみな作家さんです♪
2008.02.27 Wednesday 21:35 | comments(2) | trackbacks(0) | 
<< 「3月のライオン」1巻 著者:羽海野チカ | main | SMバトン >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:35 | - | - | 
みかん (2008/02/28 10:37 AM)
ひゃー!アクセス解析見てあったんですね・・・。
すみません・・自宅仕事でネットつなぎっぱなので、しょっちゅう
お邪魔しては、リンクからあちこちのブログに遊びに行ってます・・。
ミクシィの足跡くらい恥ずかしい・・・
ところでわたしも読めません。
何て読むのでしょうか〜?
はーこ (2008/02/28 11:02 PM)
みかんさん、こんばんは♪

「きゅうごう」さんでいいと思います。
普通なら「号」なんでしょうが、「號」という漢字を使われるところが素敵です。
しかし、書くのは大変だなあ〜とか思ったり。

アクセス解析は時々見ますが、時々、このキーワードは別にBL関係を探していたわけでは…とか思ったりすることがあります。
そんな一般人がこんな腐な読書感想ブログに迷い込んだりして…。
相手が大変気の毒に思ったりしますよ(笑)