<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「密恋 -Mi-Ren-」著者:妃川螢 イラスト:水名瀬雅良

あらすじを読んだ限りではよくある話かなあとは思ったのですが、なんとなく水名瀬絵に惹かれて買ってしまいました…。

密恋 -Mi-Ren- (プリズム文庫 (hh-1))
密恋 -Mi-Ren- (プリズム文庫 (hh-1))
妃川螢
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
所属事務所が乗っ取り同然に買収されかかっていると知ったトップモデルの遊真。相手の社長に噛みついてやるつもりで、話し合いの場である高級料亭の一室に乗りこんでいくが、そこで待っていたのは、数年前に突然姿を消した昔の男だった。そのオーダーメイドスーツを着こなすエグゼクティブ然とした姿や、傲慢さの滲む声は、記憶の中の男とは全く違う。困惑し苛立つ遊真に、男は買収に関わる卑劣な取り引きを持ちかけてきて――!?

拍手する

数年ぶりに再会したかつての恋人は昔の面影もないほど成功していて、そして受けに対して卑劣な取り引きを持ちかけてきた…。
って、BL界では珍しくないパターンですよね。
しかし、この作品がちょっと他の作品と違うっていうのは、昔裏切ったのは受けでなく攻めだということだったり…。
大抵、こういうパターンは受けが自分を裏切った(ほとんどが、攻めのことを思ってのこととか誤解とか、家族が絡んでとかなんですけどね)ことをバネに攻めが受けを見返すために成功し、再び受けの目の前に現れるということが多いような〜。
で、受けは受けで攻めを不本意ながらも裏切ったことを負い目に感じて卑劣な取り引きにも応じて己の身を投げ出す…というものだと思うのですよ。
だからさあ、いくら会社を守るためとはいえ、そこまで攻めの言いなりになるのか!?とか思ってしまうわけですが、結局、理由は何であれ、攻めに再び抱かれることを受けが望んでいたからってことですかね?
まあ、受けも攻めもかつての恋に未練タラタラだったということでよろしいのでは?

しかし、攻めの将哉がヘタレというか情けないというか…。
黙って出ていくという卑怯なことをしないで、ちゃんと別れるなら相手に会って別れんかい!!
いや、会ったら決心が鈍るからなんだとは分かるけどさあ〜。
それに、受けの遊真の会社のピンチを救うならもっとスマートに白馬の王子様のようにせんかい!!金ならあるんだから〜(笑)
いや、まあそんなことしたら、30ページもしないうちに物語終わっちゃうけどさあ〜。
まあ、本当に『未練』なお話でした。
まあ、一番黒いのは高畠社長でしたな。
あとがきでイメージが崩れた方は申し訳ないとありましたが、私は予想していましたよ。
こういう人は腹黒決定ですよ♪(笑)
2008.03.27 Thursday 22:07 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< 「ラブ・ファントム~キミを攫う怪人~」著者;いおかいつき イラスト:國沢智 | main | 「暁月のテロリスト」著者:波奈海月 イラスト:高階佑 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:07 | - | - | 









妃川螢(ひめかわほたる)先生
*妃川螢* 公式メールマガジン:妃川螢情報メルマガ 【2008年】 密恋-Mi-Ren-(水名瀬雅良)プリズム文庫/2008.3 この愛、売ります(一馬友巳...
| ボーイズラブ小説作家作品データ | 2008/04/04 12:31 AM |