<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「キレパパ。」1〜3巻 著者:高城リョウ

前々から気になりながらも、読まずにいた作品。
日曜に古本屋で1巻を買い、そして、月曜に2巻と3巻を本屋で買いました…。
まあ、3巻が限定版のあるうちにハマって良かったと思おう…。

キレパパ。 (1)
キレパパ。 (1)
高城 リョウ

キレパパ。(2)
キレパパ。(2)
高城 リョウ

キレパパ。3 小冊子付初回限定版 (ドラコミックス 161)
キレパパ。3 小冊子付初回限定版 (ドラコミックス 161)
高城リョウ
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
息子・里樹激ラブ!なミステリー作家・鷹司千里の天敵は、里樹の親友・榊俊介。ところが最近、生意気で嫌味な筈の俊介にときめいてしまう事が多くて…!?

きれいなパパは好きですか?

キレイなお父さんは好きですか?

まあ、汚いよりはキレイにこしたことはないだろう…。
しかしだなあ、自分より遥かにキレイで、しかもそれなりの年齢なのに、そうとはみえない父親だったら…。
娘だったら、かなりイヤかも…(笑)

しかし、この作品のメインカップルのパパと俊介。
一応、年の差もので、年下攻めでしかもオヤジ受け…の筈なんだよね。
パパの年齢は36歳とオヤジというには少々若いような気がしますが、恋人である俊介が16歳ならオヤジだよね…。
あくまでも戸籍上の話でありますが〜。
見た目は同級生か、もしかしたらパパの方が若く見えるよ。
しかしだなあ、息子カプは別だが、この作品にでたカプって年下攻めばかり…。
しかも、かなりの年齢差があるよ。
何度もいうようだけど、あくまでも戸籍上の年齢の話でございます。
実年齢でなく精神年齢でいったらなあ〜。
鷹司家の人たちは一体どういう食生活をしているのだ。
アンチエイジング法を尋ねたい(笑)
っていうか、そのうち不老不死の研究をしているマッドサイエンティストに狙われてもいいのでは?
BL界広しといえども、一族郎党皆そうっていうのは鷹司家か仲神家くらいなんではない?

個人的にはパパの兄の番外編である『キレアニ。」が好きかも。
しかし、雪人さん…。
恐ろしい。
この作品の受けは皆若いが、攻めは逆に大人っぽいというか老けているというか〜。
しかし、ドラマCD、アニメの声優陣が豪華ですね〜。
声優萌えがない私でさえ、豪華だってことは分かるよ。

2008.04.23 Wednesday 21:51 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「パトロンは愛と戯る」著者:日生水貴 イラスト:サクラサクヤ | main | 「未来の記憶風の行方」著者:国枝彩香 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:51 | - | - |