<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「少年は明日を殺す」全2巻 著者:石原理

ブックオフで2巻が105円で売っていたため購入。(1巻は267円だったが…)
ありがとう!!ありがとう!!売った人!!
という気持ちでいっぱいでございます(笑)

少年は明日を殺す (1) (シャイコミックス (23)) (シャイコミックス (23))
少年は明日を殺す (1) (シャイコミックス (23)) (シャイコミックス (23))
石原 理

少年は明日を殺す (2) (Shy comics)
少年は明日を殺す (2) (Shy comics)
石原 理
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
無理して入った進学校に閉塞感を感じ刹那的に毎日を過ごす藤枝圭。
校風になじみ、教師の覚えもいい桜庭敦士。
なんの接点もなかったふたりが、ある事件をきっかけに急速に近づく。
クールな外見を裏切る桜庭の挑発に藤枝はこれまでにない興奮を覚えて・・・
二人の熱い駆け引きが今始まる。

拍手する

なんで、石原理の描く男はこんなにイイ男なの!?
読んでいて、動悸息切れがしてしまうよ…。
男前で、なおかつ雄のフェロモンがプンプンしますよ〜。
そして、実は攻めよりも受けのほうがそのフェロモンをプンプンさせているのですよね〜。
そのくせに閨では、ものすごく色っぽい…。
百戦錬磨な攻めが余裕なくすくらいな。

といっても、今回の表題作の2人は最後までやっておりません。
キスどまりでございます。
しかし、それでも受けの匂いたつフェロモンは健在でございます…。
将来が不安だ…。
せいぜい頑張るんだぞ藤枝(多分攻め)

しかし、己が実はニアホモのほうが萌えるということを確信させられた1冊でございました。

だけど、気になることが…。
こいつらのモデルって某大人気バスケ漫画の主人公とライバル?
ふとそう思ったんだよね〜。
なんか、2人の会話がそれを彷佛させられたのだけど、それってワタクシだけ!?

あと、藤枝ママが素敵です♪
2008.04.25 Friday 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「Voice or Noise」著者:円陣闇丸(Chara 6月号) | main | テロップをつけてみました >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:30 | - | - |