<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「したたかに誘惑」著者;あすま理彩 イラスト:石原理

初あすま理彩作品です。
本屋でよく見掛けはしましたが、あらすじを読む限り、特に気になることが今までなかったので〜。
だいたい、あさひ木葉さんとごっちゃになっていたりします…。
名字が『あ』から始まったひらがな3文字で名前が漢字2文字という共通点なんだけどさあ〜。作風に関しては2人とも読んだことないから、どうなのか分かりませんが〜(苦笑)
あすまさんに関しては、花丸文庫からでた作品で蓮川さんがイラストだったのを本屋でパラ読みしたけど、買わなかったりしたんだよね…。
それなのに、今回買ったのはイラストと本屋に買う予定のがなかったから。その翌日がスパコミだったからさあ〜。並ぶときに読む本!と思ったからさ。
したたかに誘惑 (B-PRINCE文庫 (あ1-1))
したたかに誘惑 (B-PRINCE文庫 (あ1-1))
あすま 理彩,石原 理
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
エリート官僚たちのアダルトラブ!!
新聞記者の安藤大毅がスクープを狙う相手、それは誰もが見惚れる美貌のエリート官僚・広重東吾だった! 不正を暴くために接近する大毅。ところが東吾は、悪びれるどころか淫靡な眼差しで大毅を妖しく誘い始める。甘い吐息と上目遣い、外見とは裏腹の淫らすぎるベッドでの東吾に、大毅はどんどん嵌っていき――! エッチ満載heart表題作に加え、同僚のエリート官僚を傲慢に奪い尽くす熱愛「艶やかに征服」も収録したアダルトラブ!!

拍手する

この作品は2作の中編で2組のカップルが出ております。
表題作の『したたかに誘惑』は新聞記者×財務省官僚。
同時収録の『艶やかに征服』は財務省官僚×財務省官僚。この2人は大学からの親友であります。
で、『したたかに〜』の新聞記者は『艶やかに〜』の2人の大学の先輩というつながりがあります。あっ、『したたかに〜』の受けの官僚と『艶やかに〜』の2人はつながっているようです。財務省つながり。
官僚ですよ!!官僚!!
エリートだなあ。
しかし、BL界において財務省の官僚というのは珍しくないかい?
大抵、国家公務員1種合格のキャリアっていうと警視庁が多くないかい?
少なくとも、私は財務省のキャリアが出てくる作品は初めてだよ。

で、内容の方ですが、面白かったですよ。
特に表題作の方。
受けが男前なのが良かったです♪
私は、攻めよりも実は受けの方が男前だったりするのが好きだったりするのです。
男前なんだけど、ベッドでは娼婦のよう…というのが理想だね。
うん、まさに今回の受けはそれでした♪
しかし、しかしですね。手放しで誉めれるかというと微妙だったりします。
なんていうかなあ、絶対的に説明が不足なんですよ。
ただ、あとがきによると続編があるようです。
今回、攻めの安藤の過去が分からなかったのは、この続編に対する伏線ということでしょうか?
どうも、このひとも新聞記者の前に官僚職だったようなんですよねえ。
ただ、上司が嵌められたのを機に転職したようなんですが、そこらへんに関してはにおわせているだけで、実際どういう仕事をしていたかはわかりません。
同じ大学出身の後輩がエリート街道を歩んでいるだけあって、この人もかつてはエリートだったようです。多分、一橋大学あたりの出身かと〜。
まあ、安藤の過去に関しては今後の楽しみにとっておくとしますが、分からないのが、受けの広重の心情であります。
最後の方で、安藤に云うのですよ。
「どの恋愛も俺は真剣だった。好きでもない相手に脚を開くか、この、俺が」
と…。
えっ?恋愛!?
と思ったのは私だけかい?
いや、確かに出会って、酒を呑みあい、好感を得たとは思うよ。
しかし、出会ったその日に恋愛?
実は一目惚れ!?
それは、ちょっと強引では〜。
例えば、実は安藤の過去のことをひょんなことで知り、興味を持った…とかだったら分かるよ。
情報をリークするのも安藤の新聞社にしたのは、そのためだとかね。
過去のことを知らなくても、安藤の書く記事に興味を持っていて、コイツなら自分のシナリオ通り動いてくれるだろうと思ったとかね。
そうでなかったら、あまりにも唐突すぎるような〜。
これも伏線なのか?
どうしても、そこらへんが気になりました。

『艶やかに〜』はある意味、お約束通りの展開。
関係を壊したくなくて親友同士に甘んじていた二人が、些細な誤解から強姦まがいのことで身体の関係をもち〜。
身体は親密になるけれど、心は〜。
だけど…。
っていうやつ。
官僚同士っていうのが、エリート同士で良かったけどね。

個人的には『したたかに〜』のほうが遥かに好きです。
ということで、気になるのは小b7月号に載るという続編であります。
私の疑問は解決するのか?
初めての作家さんなので、期待していいのか分からないというのが本音であります…。
2008.05.09 Friday 22:01 | comments(2) | trackbacks(0) | 
<< なんといいますか… | main | 「菫の騎士」著者;榎田尤利 イラスト:ライトグラフII >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:01 | - | - | 
(2008/05/12 11:00 AM)
はーこさん、お疲れさまです。

毎日、楽しくROM&参考にさせて頂いています。
そのロムロム中、ワタクシの萌え心を刺激する「財務官僚」の文字が(喜)
確かに、はーこさんの仰るように財務省キャリアのBLは皆無に等しいですよね〜。
私も数年前、かわいゆみこさんの「疵<スキャンダル>」シリーズ(当時は大蔵省)で読んだくらいで、その後は見かけません。
財務省はキャリアの中でも“キャリア揃い”らしいので、すごく興味があるんですが、情報量も乏しいので書くのは難しいでしょうね。
(国土交通省などもBL不毛地帯ですな・・・)

また、挿絵が石原理さんならとても色気の官僚(惚)でしょうし、中身も男前と聞くともうタマリマセン!!
あぁ〜、想像するだけでニヤけてしまいます。(馬鹿すぎですみません)
あすま理彩さんは「君知るや運命の恋」しか読んだことが無い(爆)のですが、今回購入して勉強させて頂きます♪

はーこ (2008/05/12 9:47 PM)
こんばんは♪

財務省はエリート中のエリートですよね〜。
その割にはBLに登場しないような。
まあ、へたなことは書けないということなのでしょうか(苦笑)
BLにおいてキャリアといえば、警視庁がダントツ多いような気がします。あとは外務省?
外交官とかで、国際的ロマンスに発展するとかが多いような気がします。
国土交通省の官僚BLだと、相手はどういう人になるのでしょうか?個人的には官僚は受けでお願いしたいものです(笑)

コメントありがとうございました♪