<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「極道の犬」著者:秋山みち花 イラスト:ヤマダサクラコ

買う予定はなかったのですが、ヤマダサクラコさんのイラストに惹かれて、ついつい…。

極道の犬 (CROSS NOVELS)
極道の犬 (CROSS NOVELS)
秋山 みち花
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
一生おれのそばにいる覚悟はあるか?

「俺の身体は、おまえのものだ」
若くして組を継いだ怜史の傍らに常に侍る男・門倉。犬のように忠実に仕える男と怜史の関係が対等になるのは、ベッドの中だけだった。沈着な男の、骨まで喰らいつくそうとするかのような愛撫に乱れながらも、怜史にとってこのセックスは、門倉の忠節に対する餌でしかなかった。しかし、組長継承に異を唱える輩に怜史が命を狙われた時、初めて犬は命令に背いた。自分を護るために――!?

拍手する

面白かったと思う…。
多分…。
なんで、こんなに自信がないかというと、なんかいろいろと誤魔化されているような気がするのだよな〜。
ヤクザの男同士のガッツリとした関係とかに…。
そして、ヤマダサクラコさんのカッコイイ男どもの色気たつイラストに騙されているのでは?
騙されているというのは、ちょっと、いや、かなり語弊があるような気はするけれど、イラストマジックがあるのは本当だと思う。

だってさあ、この作品って、高校時代、親友同士だった2人。攻めが受けに告白したところ、犬になるなら側に置いてやるといったので、攻めは犬としてヤクザの跡取りの受けの側に居て守りつづけていたけれど、受けのことを良く思っていない奴らが刺客を雇ったという情報が…。攻めは受けを守るためスタンドプレイ。しかし、逆に敵に捕われる目に…。攻めを助けるため受けは単身、敵の元へ。攻めを助けるためには己の身体をも差し出して…。己のことを悔いる攻めは受けの元を離れようと思うが、受けは秘めた想いを告白し、攻めは受けの犬として一生沿い遂げると誓うのであった…。
めでたし、めでたし…。

って、攻め全然活躍してないじゃん!
それどころか、主人をピンチに…。
勿論、転んでもただでは起きない性格の受けの怜史なんで、キッチリと報復はしましたよ。
でもさあ、でもさあ…。
攻めの門倉の活躍の場ってベッドの上のみかい?
あれっ?男同士のガッツリした関係って、こうゆうのですか!?
それなのに、カッコイイ男どもの己のプライドをかけた話のように思えたのさヤマダサクラコさんのイラストマジックとしか〜。
門倉以外はカッコイイ男どもだけれどさあ…。
この作品に限らず、よくアンタら、もっと腹をわって話し合いなさいと思う作品があるが、これもそうですね。
まあ、怜史の環境とかがそれを許さなかったんだけどさあ〜。
好きな相手から告白されたが、ヤクザの跡取りの自分の側にいるのは…。相手を遠ざけるために犬になれと云ったら、承諾してくれて…。一旦、側に置いたら手放せなく…。
まあ、解るよ。その気持ち〜。
しかし、長年、己の気持ちに正直にならなかったため、払った代償は大きくないかい?
まあ、最終的に幸せならいいんでしょうが〜。
だけど、一番気の毒なのは2人の高校時代の友人相模なんでは?
当て馬というか、当て馬以下のような〜。
お前ら、いい加減にしろ…と何百回も思っただろうな〜。
門倉をからかうくらい許されるような〜。

秋山さんは商業誌では、初ヤクザものだそうです。
へえ〜、そうなんだ…って感じです。
いや、皇帝とかタイトルにある作品を書かれているからさあ〜。
あれってマフィアでなかった?
マフィアとヤクザは微妙に違うんだろうけどさあ〜。


2008.05.11 Sunday 21:32 | comments(3) | trackbacks(1) | 
<< 4月購入記録 | main | 「千一秒物語」著者;トジツキハジメ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:32 | - | - | 
(2008/05/14 10:59 PM)
はーこさん、こんばんは!

>よくアンタら、もっと腹をわって話し合いなさい

誤解すれ違いが物語を面白くするエピソードではあるのですが、無理を感じるとこうつっこみたくなりますよね…。
ギャグやコメディならオイ!とつっこみつつも楽しいんですが、シリアスな作品だとツライときは本当にツライ。
この作品にしても、10年間という月日が流れてますもんね。
10年は…長いですよね…。
また、門倉が頭がいい(よかった)という設定なので、なおさら、ん?と首をかしげてしまったといいますか。

相模は、最初怜史のことが好きだったんですよね?
でもなんだか最近の言動をみていると、門倉のことを心配して怜史をないがしろにしてる気がするので、ひょっとして最初から怜史に告白するっていうのがブラフで門倉の気をひきたかったのかなあと思いつつ、そしたら怜史と相模が門倉はさんでライバルですね!
またそれはそれで楽しい妄想です(笑)
(実際は、相模も怜史に告白してるようなので妄想でしかないです…)
あ、でも相模が怜史のこと好きだって言ったら門倉も好きだと自覚してしまったので、せめて二人をくっつけないために告白して怜史とつきあってしまおうとしたとか?
ああ、どこまでも妄想を書きつらねてしまってすみません。

でも、門倉はおいといて、他のキャラたちは結構魅力的だったので〜。
相模の話が出たりしたら、また買ってしまうかも(笑)

ではでは、長々と失礼しました!
TBお返しさせてくださいね。
秋月 (2008/05/14 11:01 PM)
上のコメント私です。名無しで失礼しました(汗)
はーこ (2008/05/15 12:05 AM)
秋月さん、こんばんは♪

>ひょっとして最初から怜史に告白するっていうのがブラフで門倉の気をひきたかった

実は私も相模の本命は門倉?とか思っておりました。
一体、怜史と相模は2人きりで何を話しているのか気になるところです(笑)
しかし、相模と門倉だと、どちらが攻めなんでしょうか?個人的には相模が攻めが…。ということは必然的に門倉が受け…。万人向けではないようです。
しかし、門倉以外は魅力的でしたよね。相模の話は読んでみたいです。勿論、イラストはヤマダサクラコさんで!!

コメント&TBありがとうございました♪









『極道の犬』 秋山みち花
『極道の犬』  秋山みち花/著 ヤマダサクラコ/絵  笠倉出版社クロスノベルズ (2008.05)  Amazon / 楽天 代々続く博徒系組織・時任組の七代目を継ぐ時任怜史には、門倉昂進という名の犬がいる。190cm近い長身に鍛え上げた肉体と精悍な容貌の門倉と、長
| 月と凌霄花+ | 2008/05/14 10:49 PM |