<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「つばめハイツ102号室」著者:榊花月 イラスト:富士山ひょうた

買う予定はなかったのですが、タイトルとひょうたさんのイラストにつられてついつい…。

つばめハイツ102号室 (キャラ文庫 さ 3-13)
つばめハイツ102号室 (キャラ文庫 さ 3-13)
榊 花月
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
両親の渡英で、高校生にしてアパートの管理人になった椎名(しいな)。店子は漫画家にホストと曲者ぞろい。なかでも厄介なのが、高校教師の若生(わこう)──なんと椎名の担任だ。学校では生徒の信頼も厚いのに、毎晩椎名の部屋に入り浸っては、椎名に手料理を強要する。「椎名はいいお嫁さんになれるぞ」学校とは違う顔を見せる若生に、次第に惹かれていく椎名だけど…!? 先生×生徒の一つ屋根の下の恋♥ 
 
拍手する

攻めの元教え子が受けに言った…。

「若ちゃんは教え子に手を出すような人じゃないわよ」

って…。
いやいや、お嬢さん…。あなたの学校では単にやつの好みの生徒がいなかっただけなんでは?
やつは男子校に赴任した途端教え子に速攻手を出しておりますよ…。
キスした理由が「惚れてるから」って…。
そりゃあ、惚れてもいないのに、向こうが自分に惚れているから手を出したっていうよりはいいけどさあ、もう少し悩まんかい!!
最近、コレとかアレとか先生×生徒の作品読んだけど、今回の話が一番、相手が生徒だっていうことに悩んでないような〜。
BLでなくても先生×生徒もしくは生徒×先生というのは禁断度が高いから萌えるものだと思うのよ。だからさあ、悩まないっていうのは駄目なのよ。
悩んだけれど、このまま関係を続けたらいけないのにって思っているのに、それ以上に相手のことを求めてしまうっていうところがいいわけ〜。
だからさあ、今回の作品は萌えにはいたりませんでした。
榊さんの作品は昔の方が好きかもしれないなあ…。
2008.05.31 Saturday 18:21 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「37℃」著者:杉原理生 イラスト:北畠あけ乃 | main | 「NOW HERE」著者:木原音瀬 イラスト:鈴木ツタ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 18:21 | - | - |