<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「演劇どうですか?」著者:桜木知沙子 イラスト:吉村

突然ですが、再来週に北海道へ行くのです♪
某アイドル(っていうにはとうがたっているが…)グループの夏コンのために♪
北海道は初めてです。今まで、仙台より北へ行ったことなかったので〜。
ということで、ただいま本屋でガイドブック立ち読みしたり、ネットで検索したりと情報収集中です。
主に食べ物関係を〜(笑)
だって、北海道って美味しいものたくさんありそうでないですか!!
寿司とか、寿司とか、寿司とか〜。
いや、これは同行者である友人Mちゃんの意見なんですが。
私としては、なんとなくフレンチが食べたいなあと思っているのですが〜。
だって、肉も魚も野菜も美味しいだろうし、バターも生クリームも美味しいと思うから、絶対フレンチも美味しいと思うの!!
でも、ガイドブックにフレンチとかあんまり載ってないのよね〜。
寿司とカニとラーメンとスープカレーとジンギスカン?
まあ、そちらも勿論美味しいんだろうけどね。
とりあえず、ネットの口コミを検索中♪

で、かなり話がそれましたが、北海道といえば、この作家さんですね。
というわけで、桜木さんの新刊です♪

演劇どうですか? (新書館ディアプラス文庫 193)
演劇どうですか? (新書館ディアプラス文庫 193)
桜木 知沙子
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
騙されて丸め込まれて、大学の演劇サークルの助っ人となった絆次。舞台に上がるのは小学校の学芸会(馬役)以来だ。なのに客も大勢来る学校祭での出し物に出演する羽目に! 演じるのはヒロインと恋に落ちる役、ただしヒロインも男――。相手役の眞水は美形の元子役で、学内でも有名人だ。だが、とてもカンジが悪い。そう絆次が思っていたところ、実は……? 恋あり舞台あり宴会あり、キャンパスライフ・ストーリー♪

拍手する

大学の演劇サークルが舞台の青春群像BLといいますか〜。
憧れのマドンナの相手役かと思って、とある演劇サークルの助っ人を引き受けた袢次。
しかし、いざ蓋を開けてみれば相手役は憧れの人でなく、美形ではあるけれど男で〜。
はじめは嫌われていると思っていたが、いざ話してみるといい奴で〜。

結構、お約束展開です。
袢次がかなりの鈍感野郎ですけれど。
実は受けの眞水はゲイで以前から袢次のことを思っていたりするのですが〜。
眞水の告白にはじめは戸惑う袢次ですが、いつのまにやら〜って、めでたしめでたし何ですけどね。
まあ、ツッコミというか、いろいろ言いたいことはありますけどね。
袢次の鈍感さとか、いくら相手が失恋(もどき?)をして落ち込んでいるからって大事な舞台を1週間前に控えた時に動揺させるようなことするかな?とか。
あと、有名子役だったのかもしれないけれど、今も美形かもしれないけれど、そころへんが具体的に書いてないからなあ〜。
ハタチ過ぎれば只の人ってことで、そこまで取り巻きの女とかいないのでは〜とか思ったり〜。
なんか、あと一歩踏み込んで欲しかったというか、あと一味欲しかったかなあと思います。
まあ、桜木さんの作品ってアクが少ないところがいいのかも知れないけれどね〜。
でも、書き下ろしの後日談。
当て馬・上坂のパンチがイマイチ。
もっと、眞水が芸能界に復帰に揺らぐような相手が良かったような〜。
それこそ、ハジメテのオトコでも良かったと思うし、それか物凄くお世話になった監督だとか〜。
ちょっと子役仲間では役不足だったような〜。
まあ、後日談の眞水のココロは袢次が自分に対して手を出してこないことに占められていて、芸能界復帰とかこれっぽちも占めてなかったからね。
それこそ、連絡を取ることすら忘れていたというか〜。
上坂気の毒過ぎ…。

2008.07.11 Friday 23:12 | comments(2) | trackbacks(0) | 
<< 「不埒なボディガード」著者:ななおあきら イラスト:南月ゆう | main | 福岡は16日から放送開始だそうです >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 23:12 | - | - | 
高坂 (2008/07/18 2:13 PM)
こんにちは〜
私コレ途中で読むのが嫌になってきちゃいましたよ(というより途中でほったらかして他の読んじゃいました^^;)
眞水の性格に一貫性が無いというのかなんと言うのか・・・

失恋して落ち込んでいる相手を目の前にあんな大胆な行動に出ておいて相手思い切り動揺させたあとで、別の人間から「ゲイだってこと隠していたのは嫌われるのが怖かったんだと思う・・・」みたいなこと言われても信憑性に欠ける。

本人にしてみたら清水寺から飛び降りるくらいの一世一代の大決心見たいなものだったのかもしれないけれどもねぇ

途中でほったらかしにしちゃったけど、この先改めて読み返すことはなさそうな気がします。

では!
はーこ (2008/07/18 11:00 PM)
高坂さん、こんばんは〜。

眞水の行動は確かに一貫性がないというか〜。
好きな相手が失恋しているのにつけ込んだ割には、お近付きになるため色々作戦たてたり〜。
カミングアウトしているよなしていないような〜。
まあ、本気で好きになった相手にはいろいろと複雑な心境を抱くのでしょう…。
気が向いたら、読み直してみて下さい。
でも、こういうふうに一度離れたのって読まないのですよね〜。自分も経験があるから分かりますよ…(苦笑)