<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「wonderful days? 初回限定版」著者:天禅桃子

なんかページ数少なくない?
小冊子が付いているから本屋では気が付かなかったけど、家でビニルから取り出したとき「薄っ!!」って思ったよ。
でも、あと1作分の話を待っていたら、いつコミックスになるかわからないしね〜。
『ラ・サタニカ』は2年かかってシリーズ完結したみたいだし〜。
まあ、薄いのは仕方ないのですが、初回限定版だとこれが適正価格なのか判らないってことだな…。
だいたい、drapって通常版を出すのが数カ月後だったりするからさあ〜。
作戦なんだろうけどさ…。あこぎなことをするよなあと思うのは私だけかい?
いや、結局、限定版を買うとは思うよ。だけどさあ、やり方がね…。

wonderful days? 初回限定版 (ドラコミックス (No.173))
wonderful days? 初回限定版 (ドラコミックス (No.173))
天禅桃子
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
頭が良くて、華やかで、王様みたいなレイ──気付けば彼の魅力から逃れられなくなっていた。 親友のレイに伝えられない想いを抱いたまま、彼との同居に踏み切った慎悟だったが…!? 恋の楽しさと切なさを繊細に描いた珠玉のラブストーリー。

誰にもお前を触らせない──

拍手する

さて、表題作ですが、カバーイラストと全3話の扉絵、カバー下のイラスト、小冊子を見ていると何かえらくスタイリッシュな2人って雰囲気ですが、大学生でモデルをやっている攻め(しかも外国人。ハーフかと思っていたら遺伝子上では日本人の血は入っていないらしい。ただ義父が日本人ということで、国籍が日本人なのかな?)はおいといて、受けちゃんは目立つ容姿の割には地味です。
奥手というか一途というか、高校時代から攻めのことを想っており、モテるのにほかの相手にいくこともできず、切ない片想いを実行中。
さて、友人でルームメイトという関係を築いていた二人ですが、受けの慎悟の想いが攻めのレイにばれたことから関係が変わってくるわけで〜。
まあ、結局よくある話ではありますが、レイにとっても慎悟は気持ちを知る前から特別な存在で無意識に自分のものと思っていたわけですよね。
慎悟が一途で奥手のためにレイ以外の男にふらふらとすることがなかったために、危機感がなかったというか、自分のものと思わせていたというか〜。
自覚したら一直線ってものですが、慎悟は慎悟で長年の片想いとゲイであることの後ろめたさでレイの気持ちを信じられない。ただでさえ、女をひっかえとっかえしている現場を長年見ているわけだから仕方ないといえば仕方ない。自分もその他と同じ扱いと思っても仕方ないというわけで〜。
またさあ、レイの言い方が誤解されても仕方ないかなあ〜とか思ったり。今まで、女の方から寄ってきて、それをおいしくいただいていたんだよね。だからさあ、自分の方から歩み寄るということをしていないんだよね。恋愛馴れしているようで、実は恋愛をしていなかったといっていいんだよね。まあ言葉の選び方が下手にもなるかも〜。
まあ、そういうすれ違いっぷりを全3話という多くはないページ数の中うまくまとめてあったなあ。
お互い、相手に振り回されていると思っている二人であります。まあ、レイは最初の方は面白がっている節がありましたので、振り回しているかもしれませんが、慎悟のほうは相手が自分の言動で振り回されているなんて思っていないのですよね〜。無自覚小悪魔?
相手の言動に振り回されていると感じるということは、それだけ相手の言動に一喜一憂するということですよね。どうでもいい相手の言動なら気にしないことも好きな相手な相手のものなら、天国にいるように思ったり、反対に地獄に堕とされたりと〜。
レイは慎悟に振り回されていると思っているということは、それだけ慎悟が特別ってことと考えていいのだと〜。
長年の片想いのせいか、なかなか想いが通じ合っても現況に戸惑っている慎悟みたいですが、自信をもっていいような気がしますよ〜。
まあ、自信がないゆえに遠慮してレイにいろいろとされるような気はしますがね〜。
親友から恋人へというよくあるパターンの話ですが、切ない想いとかがうまく伝わった作品だと思います。

同時収録の「guilt」は天禅さんもカバーしたの作品解説で書いていましたが、当て馬もすらなれなかった紺野さんが気の毒でした。
この人って受けに振られたのは同性だからって思っているわけだよなあ〜。
真実もしらず振られるとは気の毒さが増したような気がします。
主人公たちにそれほど感情移入できなかったので、余計に脇役の紺野さんが気の毒なような〜。
2008.07.31 Thursday 06:49 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< ライブ覚書(2008.7.27 ウェルシティ札幌) | main | 「愛の言葉を覚えているかい」著者:鳩村衣杏 イラスト:小山田あみ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 06:49 | - | - |