<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「独裁者の接吻」著者;烏科ひゆ イラスト:実相寺紫子

初めて読む作家さんです。
これで5冊目なのかな。
どうしようかと思ったのですが、まあイラスト買いです。
でも、変わったPNですよね。初め、なんて読むんだ?と思ったですよ。

独裁者の接吻 (ショコラノベルス HYPER)
独裁者の接吻 (ショコラノベルス HYPER)
烏科 ひゆ
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
少年の頃からのライバルである吉河樹と遠縁の津田啓祐――現在古河建設の重役を務める二人が、アジア支社トップの座を巡って争うことになった。努力型で女性的な美貌の樹は、冷酷な天才肌で外見も男らしい津田に、実は敵愾心と共に密かな恋心を抱いている。だが伝えるつもりも、支社長の座を譲る気もなかった。ある日、階段から落ちた樹は頭を打って前後数日の記憶を失う。居合わせた津田に助けられるが、気を失う寸前自分が彼に告白したという衝撃の事実を知らされ、必至の否定もむなしく抱かれてしまい――。

拍手する

もっと働く男のガチンコラブになるのかなあ〜とあらすじだけネット書店で見たときは思ったけど、カバーイラストを見たら間違いだと…、
もうイラスト見ただけで、傲慢男×ツンデレ美人か〜と思い軌道修正。
だけど、このあらすじでは記憶を失ったとに次々と異変が…という2時間サスペンス展開まであることは解らないよな〜。
まあ、その異変にあっていた本人である受けの樹が途中まで全然そのことに気が付いてなかったしね。
どうも、記憶を数日だけでも失うといっても、ほんの数日で生活に支障がないため危機感がなかったというか〜。
攻めに告白をしたらしいということで頭がいっぱいだったというか。
まあ、プライドが高いゆえに一生想いを告げることはないと思っていたのに、告白をしたといわれ、いいように抱かれてしまうような大事件があったら、それ以上大変なことがあるなんて思わないかもね。

しかし、攻めの津田はバカな男だよなあ〜と思ったり。
仕事もできるエリートなんでしょうが、バカだよ。バカ。
自分の気持ちを把握できない男なんだからバカと云っていいよ。
なんで、樹を抱きたいと思うのか自分でも分からず欲望のままに〜。
確かに、いつもすましている樹を蹂躙したいという気持ちはあったかもしれない。Sだからな。
しかし、なぜそんなことを思ったのかというと、樹が記憶を失う前に交わした会話で樹は自分の秘書のことを好きだと思ったからなんですよね〜。
自分でも気が付かない嫉妬から、記憶を失っていることを幸いに自分の方へ目を向けさせたと…。
そのことに本当に自分でも気が付かない。
鈍感でバカな男だよ。
この人たちって、特に事故がおこらなかったら一生ただのライバルで終わっていたんだろうなあ。
雨降って地固まるっていっていいのかしら?
でも、最後まで傲慢な攻めのためか、ちゃんと告白していないよ。
なんせ、自覚がなかったから、「これが恋なのか?」って自問自答しているだけ。
ちゃんと告白しないと、樹の性格からいって誤解してグルグルとしていそうな気がするけどね〜。
シンガポールで愛をちゃんと確かめあって下さい…。

だけど、津田の秘書の設楽が結構謎の人物。
この人のスピンオフありかしら?
2008.08.12 Tuesday 02:10 | comments(2) | trackbacks(0) | 
<< コミックマーケット準備会からの緊急のお知らせ | main | 「恋は不埒に」著者:若月京子 イラスト:佐々成美 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 02:10 | - | - | 
まるあ (2008/08/12 9:57 PM)
はーこさん、私も絵師買いです(笑)、実相寺さんの描かれる攻めが好みなので。
設定も良さそうだし期待して読んだんですよ…そしたら津田の激鈍さにイラ…っとしました。
〈いとしいものには口付けたくなるのだと、初めて知った〉なんて考えた次のページで、〈これは単なる欲望だろう〉と思い込むなんてさぁ(-"-;)
樹もプライドが高過ぎて「死に際じゃなけりゃ告れない」ほどだから、津田に記憶喪失を利用されるしね(笑)♪
↑これはこれでおいしい設定だと思います。ミステリー仕立てになったのも面白かった!(最初の事件?の真相には驚きましたよ〜)
津田の秘書の設楽、気になりますよね(≧ω≦)!!Sの津田に“結構悪人”と言われるなんて…樹の秘書の神園にも興味あるんで、私もスピンオフ読みたいです〜
コメント長くてすみません(滝汗)。
はーこ (2008/08/13 10:18 PM)
まるあさん、こんばんは♪

津田の鈍さも樹のブライドの高さも、これはこれで美味しいかなあとは思いますが、結局想いが通じあったのか、それともなし崩しに関係が続行なのか〜。多分、樹には伝わってないと思うの…。なんか、まだまだ波乱がありそうな二人です。
二人の後日談も含めて、設楽編のスピンオフ希望です♪
このまま脇役で終わらすには惜しいですよね!
実相寺さんの描く設楽も見たいですよね!

コメントありがとうございます♪