<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「美男の達人」著者:小林典雅 イラスト:高峰顕

今更ながら、この作品の感想です。
すっかり出遅れです。
色々な人がすでに感想を書いていますので、今更私が書くまでもないような気がしますけどね〜。

美男の達人 (白泉社花丸文庫 こ 6-1)
美男の達人 (白泉社花丸文庫 こ 6-1)
小林 典雅
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
メタボ体型のせい(?)で失恋した先輩に付き合って『美男塾』の見学説明会に参加した上遠野。モテることになんら興味はなかったのに、ある男性講師に一目惚れし、勢いで入塾してしまうが…!?

拍手する


ハッキリ云って、前作の『老舗旅館に嫁に来い!』の評価がそれほど高くなかったというか、イマイチ萌えきれなかったといいますか〜。
だから、新刊出ても買うかどうか悩んでいるうちにタイミングを失ってしまいまして〜。古本屋でいいかと思っていましたが、なかなか古本屋にもなくて…。
まあ、そんなんでしたがやっと読むことが出来ました。

色々な方がレビューでおっしゃってましたが、「BL」というジャンル、男同士の恋愛小説として読むにはまことに不完全燃焼といいますか〜。
だって、物語の後半も後半で駆け足のように、そのテーマは過ぎていったといいますか〜。
一目惚れをした攻めの上遠野の気持ちはいいが、その相手である夏秋は一体いつ?何故?今まで断り続けていた上遠野に好意をもったの?
ページが足りなかったのかねえ…。

この作品は担当さんからのリクエストから出来たようです。
確かに「個性的なラブコメ」だよな…。ラブは少ないが…(苦笑)

先程も述べましたが、前作の『老舗旅館に〜』では萌えを感じることはなかったです。
で、今回のこの作品でもやはり萌えを感じることはなかったです。
っていうか、2冊しか読んでいないで断言するのもなんですが、おそらく小林典雅さんの作品で腐女子的萌えを期待するのは間違いなんだと思います…。
そういうものは他のBL作家さんの作品で補給して、小林典雅作品には小林典雅作品でしか味わえない作品の至るところに隠されている笑いのツボを見付けて、クスッと笑ったり、おもわずニヤリとしてみるのがいいかと思います。多分、それがこの作家さんの楽しみかたなんだと思います。

だけど、やはりラブは少なすぎだと思う…。
スピンオフ作品を出して、今回のこの2人のその後の様子も教えてください…。
プロならちゃんと補完もして〜。
まがりながりもBLレーベルで作品を発表するなら…。
2008.08.16 Saturday 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「おそろし 三島屋変調百物語事始」著者:宮部みゆき | main | ライブ覚書(2008.8.16 佐賀市文化会館) >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 23:58 | - | - |