<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「あなたの傍で夢をみる」著者:坂井朱生 イラスト:六芦かえで

今まで、何冊かは読んでいたのですが、感想を書くのはこれが初めての坂井さんです。
友達なだけあって、なんとなく崎谷さんと作風が似ていることが多いと思うのは私だけかしら?
っていうか、似たような設定の話あったりしてるし〜。
坂井さんのファンの方はすみません…。

あなたの傍で夢をみる (DARIA BUNKO)
あなたの傍で夢をみる (DARIA BUNKO)
坂井 朱生
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
中瀬史弥は、憧れの脚本家・北嶋東行に「自分の所へ来ないか」と誘われる。才能と整った容姿から世間の注目を浴びる北嶋が、なぜ自分に目を掛けるのかわからず戸惑ったものの、それから三年間、史弥は内弟子として必死に仕事を続けていた。厳しい北嶋が時折覗かせる優しさに、気付けば心惹かれていた史弥。想いを秘め続けるつもりだったが――。

拍手する

崎谷さんと作風が似ているかどうかはおいといて、私が読んだ坂井さんの
作品ってたいてい人生模索中の受けを年上の攻めが助けてやっているというか、いろいろとご指導ご鞭撻、ついで(?)に身体の方もご指導しているような〜。
いや、攻めにとっては身体の指導の方が本命かもしれないが(笑)
だって、その攻めって一見イイ人なんだけれど、過去にいろいろあったようで腹の中では何考えているかわからないタイプが多くて〜。
素直な受けは攻めのかぶっている大きな猫にだまされて、いい人だ、こんないい人が俺のことを好きになってくれるわけ〜とグルグルしているというか。
それこそ、攻めの思うつぼのような気がするというか、素直な子羊ちゃんは、善良なふりをしたオオカミさんの腕のなかにいつのまにやら〜ってなってるわけですよ。
まあ、オオカミさんは子羊ちゃんのことを可愛いと思っているのは本当でありますので、二人は末永く幸せに暮らすわけであります。
めでたし、めでたし。

ルチルとダリアでしか坂井さんの作品読んでいないのですが、こういう話が多かったような気がするのですが、たまたまなのでしょうか?
昔の作品だったら違うのかしら?
こういう作品ばかり読んでいるから、はるひんに似ているって思うのかもしれませんが〜。
はるひん作品だと、受けはもっと自分のことを卑下していて、攻めは受け以外の人間には本当に容赦がなく、そして、あんあんいってるページ数が多いとは思うけどさ。

で、今回の作品は脚本家を目指している受けが、あこがれの脚本家の弟子になり、いつのまにやら尊敬以上の想いを〜という話。
秘めた想いをかかえ、そして脚本家としても〜という話と想いが通じ合ったが、エッチはまだで悩み、そして知り合いの俳優のトラブルに巻き込まれて〜という中編2本で成り立っています。
元は同人誌で発表していた作品であるそうです。
だからなのか、とても中途半端。
とくに、後半の話の俳優のトラブルが結局裏で何があったのか全然分かりません。
すごく意味深なことだけにおわせといて、真相はわからないため読んでいるこちらはモヤモヤしてなりません。
これは、スピンオフがあるってことなのかしら?
そちらのほうも既に同人誌で発表でもしているのかしら?
多分、私は今回の主人公カプよりもその意味深な二人の方が好みだと思うのだよね〜。
しかし、来月も同人誌で発表した作品がダリアから出るようですが違う作品のようです。
いつか、スピンオフを出して下さい。
正直いうと、今回の作品は特別良くも悪くもなかったのですが、モヤモヤを解決するためにも出してもらわないと〜ってことで。

2008.08.19 Tuesday 06:40 | comments(2) | trackbacks(0) | 
<< ライブ覚書(2008.8.16 佐賀市文化会館) | main | 「死ぬほど好き」著者:山田ユギ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 06:40 | - | - | 
あきこ (2008/08/20 10:58 PM)
こんばんは。ご無沙汰しております。
すみません。今、仕事が辛いので現実逃避も兼ねて、書き込みしちゃいました。長文です。マナー違反だったら申し訳ありません。

いきなりですが、はーこさんのご感想を読み、「あ、みんなが坂井さんと崎谷さんが似てるって言っていたのは、こーゆーことなのね!」とナットク致しました。
実は今までは良く分からなかったのですよ。
いや、確かに坂井さんの基本設定は分かっていました。
が、崎谷さんの基本設定って、攻めが猫かぶっていい人ぶってるかもしれないけど、それよりはショタだったり鬼畜だったりしてるし、
受けはトラウマ持ちというより○○○○依存症だったりするし、
もう、そっちばっかりに目が行っちゃって、大事(?)な基本設定を忘れてしまっていました。申し訳ございません。
ちなみに私は坂井さん、好きです。きたざわさんと同じくらい定番で、「痛くない」というのがポイント高いので、「疲れた!もう嫌だ!」という時に読んで、和みます。
どん底の時にも読める作品という事で、殆どが高評価です。
勿論、崎谷さんも大好きです。登場人物全員に感情移入できる訳も無いので、当然、中には好きじゃない人もいますが。
ただ、もしかしたら、崎谷さんの好きなタイプと、自分が好きなタイプは違うのかも知れないと感じることはあります。
読んでいて、あ、力はいっているな。と思えるキャラは、割と好みじゃなかったするので。
あと、誤解を恐れずに言わせて頂くと、さしたる理由もないのに○○○○レスだったりするのが「えー」と思うくらいでしょうか?
(大事にするとか、仕事が忙しいとか、何となく気に入らないので拒否とかっていうのは、私の中では理由にならないので)
盛り上げの為には、そんな設定がいるんだとは思いますが、鬼畜×依存症にこの設定は無理だと思う。。。

で、この作品にこのコメントってどうなのよって感じなので、一言。
お話は良い感じなのですが、大団円というよりは、やっぱりまとめちゃったという感じがします。
ここらへんで終わりにしておきます、みたいな。でもこの方はいつも「まとまった後(シタ後ではなく)」は殆ど書かれていないので、やっぱりいつもの話という事で、納得です。
坂井さんのお話の中では、丁度中間くらいの好き加減です。

という事で、失礼致しました。
もっと落ち着いたら、また寄らせて頂きたいと思っています。すみませんでした。
はーこ (2008/08/21 12:59 AM)
あきこさん、こんばんは♪

今回、坂井さんと崎谷さんが似ていると書きましたが、もちろん違う点もあるかと思います。でも、根っこの部分は似ているかなあと私は思っています。
まあ、崎谷さんのほうがキャラが強烈といいますか、病的までに○○○○に依存しているといいますか、やっている最中がロリ過ぎて、そちらのほうが印象に残ってしまいますよね。まあ好みの問題もあるかとは思います。
しかし、この作品は後半が脇役のほうが気になって仕方なかったといいますか…。やはり、個人的にはモヤモヤしております。

コメントありがとうございました。
お仕事大変みたいですね。暑かったりして大変ですが、お体に気をつけてがんばって下さい。
落ち着いたら、また遊びにきて下さい♪