<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「極道さん、治療中!? 」著者:永谷圓さくら イラスト:水名瀬雅良

初めての作家さんです。
某会社とは「エン」の漢字が違ったのですね。
この記事書くために検索しても出ないことで、初めて気が付きました。

極道さん、治療中!? (プラチナ文庫)
極道さん、治療中!? (プラチナ文庫)
永谷圓 さくら
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
平凡を愛する歯科医・鳴海は、治療にきたヤクザの篠田にプチパニック。怖くて断れずにいたら、毎日通われてしまう。ある日医院の前でチンピラの抗争が起こり、自分を庇って篠田が大傷を負った。だがこのままでは、警察が彼まで捕まえてしまう。「彼を助けなきゃ」鳴海は決意する。自室に匿うべく腕を掴むと「誘ってるとしか思えねぇな」唇を塞がれた…ってキスですか、コレ!? その上玩ぶように肌をねぶられて、アンアン啼きたい位疼くけど、篠田の意図が解らず、鳴海は大混乱で…!?

拍手する


実のところ、感想を書くつもりはなかったわけで〜。
いや、もっと正直にいうと購入する予定はなかったというか、なんていうか…。
読まず嫌いで、実は損をしているのでは?と思うことがあるのですが、気になるペンネームとどうしても読もうと思わないペンネームがありまして…。
やっぱりさあ、ペンネームってその人のセンスっていうのが出るじゃないですか。
なんとなく己のセンスにそぐわないペンネームの作家さんは評判が相当良くないと読まないというか〜。

で、ハッキリ言って、今回の作家さんはそうなんです。
内容でなく、ペンネームで駄目出しっていうのは失礼極まりないとは思いますが、なんて言うか顔を見ることのない方々だから、そういうのって所謂第一印象な気がします。

それでも水名瀬絵に釣られたのと、予定の本がまだ出ていなかったと何より帯のコピー…。
「可愛いから泣いてみな アンラブってな」
に釣られて購入…。

で、実際読んでみて思ったことは…。
話の内容云々よりも文章の書き方が自分と合わない…というものでした。
あとから、冷静に内容を検討したら、それなりに面白かったような気がしますが、文章のリズムって結構重要なんですよね〜。
やっぱり自分と合わないと作品にのめり込めないというか〜。
ペンネームのセンスと文章のセンスというのは一緒なのかしら?

まあ、それでも受けの歯医者がかなりおバカさんのような気がしてなりませんけどね〜。
いくら親の跡を継いだからといって、こんな世間知らずに病院経営とかできるのか心配です…。
ただでさえ、歯科医院は競争がすごいのに…(Mちゃんの弟が歯科医なんでいろいろ聞くことがあるんでね)
この受けみたいに、ただ誠実にってだけじゃなあ…。いや、それが大事だってことはわかっているけれど、経営という点では心配だ…。
まあ、イイモノ喰わせてくれるひとがついたので、食方面は大丈夫か。まあ、他にもいえば金を出してはくれるのだろうけど、そこはやはり働く男としてのプライドとしてね…。
って、この天然ボケボケの受けはそういうことを考えもしないだろうけどさあ〜。
2人が高校時代の先輩後輩というのは初めからわかっていたのですが、てっきり、攻めのヤクザが高校のときから受けの歯科医のことを好きだったんだろうと思っていて、こういう関係に持ち込んだのだと思っていたら、別に高校時代に好意を持っていたわけでなかったということが意外でした。それどころか、受けのことを自分のストーカーだと思っていたり〜。
ストーカーだと思っていた相手に手を出すとは…。
受けの天然にやられたか!?
まあ、最終的に良ければいいのだろう。
だけど、ヤクザよりも上手をいく天然ボケってのはタチが悪いよね〜(苦笑)
ヤクザもなあ、若頭のわりにはチンピラと喧嘩しているし〜。
なんかスケールが小さい?
親が組長かなんかだから、若頭?
どうも薄っぺらいよなあ〜。水名瀬絵はとてもカッコ良くて貫禄あるのにさ…。
あれっ、結局、いろいろなことに駄目出ししているわ…(苦笑)
まあ、まだ新人さんみたいだから、これからに期待?

なんか、毎回のこととはいえ、今回は大変よくわからない感想になりました。すみません…。
2008.09.18 Thursday 02:42 | comments(6) | trackbacks(1) | 
<< 「年下の男」著者:池戸裕子 イラスト:あじみね朔生 | main | 「勇猛果敢なアプローチ」著者:いおかいつき イラスト:角田緑 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 02:42 | - | - | 
かりんこ (2008/09/18 12:48 PM)
はーこさん、こんにちは!

私はこの本、というか作家さん読んだことないですが、理由ははーこさんが書いてらしたのと同じです。
やはりペンネームやタイトルの付け方が自分の好みに合わないとちょっと買う気にはなれないですよね。
内容以前にそのセンス受け入れられないです、みたいな。

最近はそれでもだいぶ買う範囲は広がったとは思いますが、やはりそういうのって失敗したな、ってのも結構多いです。

やはり本の内容以外のところで食いついてしまって失礼しました。
それでは、また〜。
はーこ (2008/09/19 1:11 AM)
かりんこさん、こんばんは♪

ペンネームとかタイトルの付け方が気になるのってやっぱり私だけではないのですね〜。
やっぱり、そういうセンスって重要といいますか…。
結構、こういう第一印象って大きいですよね。
まあ、全部が全部ではないというのは判ってはいますけどね〜。
ときどきアタリがあるし〜。
ただ、毎月毎月大量に出版されるBL本を選ぶ基準のひとつとはなりますね。
まあ、今回は・・・でありました…。

コメントありがとうございました♪
あきこ (2008/09/19 1:59 AM)
こんばんは!
はーこさんの感想はいつもとっても参考になるのですが、今回は逆にもっと読んでみたくなりました。
なんというか、、、、怖いもの見たさ?
別に無理やりはーこさんに合わせよう!と思っている訳ではないのですが、書かれている感想が共感できる部分がとても多いので、何となくすり合わせをしたくなりました。
とはいえ、購入の予定は無いので、立ち読みになるかなと思います。水名瀬さんの絵は、楽しみです!
ちなみに、はーこさんがいつも「あたりはずれが大きい!」といってらっしゃるいおかさんのルチル新刊はどうでしょうか?いおかさんにしてはトンでもない設定でもなく、割とフツーなので、食い足りない感はあると思いますが、どっと疲れるまでは行かない感じがしています。
はーこ (2008/09/20 1:10 AM)
あきこさん、こんばんは♪

逆に興味が湧きました?(笑)
がんばって立ち読みしてみて下さい。
意外とあきこさんには萌えがあるかも〜。
少なくとも水名瀬さんのイラストは素敵ですしね〜。
ひとつは楽しみがあるかと思います(褒めてんだが、貶してんだか…)
あきこ (2008/09/23 7:12 PM)
こんばんは。
わざわざご報告することも無いのですが、、、、立ち読み挫折しました。
読み始めたのですが、微妙にノリが悪くて、最初から躓いてしまい先に進めないのですよ。
先入観を持たずに読んだつもりだったのですが、やはりダメでした。
むしろ思い切って購入して、じっくり読まないと全然頭に入ってこないことが分かったので諦めました。
水名瀬絵なだけに残念です。とてもカッコいいし。
ここ最近、新しいレーベル、新しい作家さんがものすごい勢いで増えているし、既存の作家さんも量産してますよね。
多分読者層がものすごく広がっているせいだとは思うのですが(つまり原因は自分達)この中から本当に自分にあっているものを探すのは本当に大変だと痛感致しました。
純粋な感想でなくてスミマセンでした。
はーこ (2008/09/24 12:56 AM)
あきこさん、こんばんは♪

あきこさんもあの文章のリズムというか文体というかはダメでしたか〜。
私も結構はじめの段階で、なんか合わない…って思いましたよ。
読むの止めるかとも思ったけど、せっかく買ったし、そこまで厚くないからなんとか読み終えました。
とりあえず、挿絵を堪能したから良いか…って思うことにしました。
BL本はそれこそ月に何十冊も出ていますが、なかなか好みのものはなかったり…。
新しいレーベルが出たりとジャンルも多様になっているのですが、逆にそれが仇になっているのでしょうかね?









極道さん、治療中!? (永谷圓さくら)
極道さん、治療中!? (プラチナ文庫) プランタン出版 発売日:2008-09-10 amazon.co.jpで詳細をみ
| BL覚え書き | 2008/09/18 9:29 PM |