<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「酔いどれ金魚と野獣」著者:中原一也 イラスト:北上れん

昨日、リブレとルチルの新刊を買ってきたのだけど、どれから読むか真剣に悩みました…。
重なるときは重なります…。

酔いどれ金魚と野獣 (B-BOY SLASH NOVELS)
酔いどれ金魚と野獣 (B-BOY SLASH NOVELS)
中原 一也
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
バーテンダーの門脇は、ひょんなことから腕利きの彫師・今井に付きまとわれてしまう。彫らせろと迫られ辟易していたある日、過去の深い傷が疼いて禁忌を犯し、自棄になった門脇に、今井は快楽の牙を突き立てた。今井から与えられる、躰が蕩けてしまいそうなほど濃厚な酩酊に、門脇は貪ることをやめられない。もっと嬲って欲しい、辱めて欲しい。その欲望だけに囚われ、めちゃくちゃにされたいと身悶える門脇だったが……。濃密エロス、オール書き下ろし。


拍手する
彫師×バーテン

期待し過ぎだったのかもしれないけど、読み終わった時はなんか拍子抜けというか面白いといえば面白いのだが、なんか物足りないといいますか〜。

あのね、どうもコノ作品を読んで以来、「彫師」とか「刺青」とかは萌えキーワードらしいのです。
だから、余計に彫師攻めというのに期待していたようなのですが、そうでもなかった…。
何でかなあ〜と考えて思い当たったのが、結局、彫師の相手は刺青をいれていないし、彫師もその相手も刺青なしなんですよね〜。

刺青なしなんて魅力半減だよ!!

魅力っていうか、エロスが半減というか〜。
白い肌に刺青!
また、イタシテいるときには白い肌が朱色になり〜。
エロス!エロス!!
まさに刺青はエロスの世界です!!
スラッシュなだけにエロは濃厚というか、行為がマニアックというか〜。
でも、「エロス」と「エロ」は似ているようで違うと思うの。
どこがどうとはいえないけど、違うの!!ニュアンスでわかっていただきたい!!
結局、リブレだからなあ…。スラッシュとはいえ全体的に軽いのか?
とにかく、やることはやっているのですが、個人的には「エロス」が足らん!!と思う作品でした。
「エロス」でいうなら、かわい有美子さんの新刊の方が「エロス」を感じたよ。

大体、先ほども述べたように刺青をいれなかったのも残念。
刺青を入れてもらうっていうのは、相手に全てをさらすってことでもあるわけ〜。
一種の信頼関係がないとできないことであります。
だから、セッ○スと同じくらい、相手に無防備な姿をさらすってことなんだよね〜。
一種の倒錯的であり官能的な行為だと思うわけです。
だから、やはり、最終的には刺青をいれて欲しかったです…。

でもさあ、受けが元アル中のバーテンって。
それなら、もっとアル中のときのどん底ぶりを回想シーンなりに書いてほしかったかな。
あと、今一歩足りない気がしたのは、当て馬の受けの幼なじみの小物ぶりもだったり。
もっと非道な男でも良かったかもしれない。
でも、攻めの彫師は中原さんの攻めだなあ〜って感じ。
チョイ悪オヤジを書くのは相変わらず上手いよね〜。
だから、余計に惜しかった…。
まあ、刺青萌えは私の好みの問題なんで、これで満足な人は満足できるのでは。
しかし、受けをバーテンにしたのは、カクテルピンによる○道プレイをしたかったからなのか!?と思ったり。
あと、食べ物を粗末にしてはいけないと思います…。
2008.10.17 Friday 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< ノータイトルってことで | main | 「進行性恋愛依存症」著者:かわい有美子 イラスト:今市子 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 00:01 | - | - |