<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「夢中になっちまえ!」著者:内田カヲル

ここ1週間、なんか「萠とは何ぞや?」と考えさせられる作品ばかり読んでいたような気がします。
まあ、考えただけで答えは出ておりませんけどね〜。
萠というのはその人の心にあるものですから〜(笑)

夢中になっちまえ! (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
夢中になっちまえ! (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
内田 カヲル
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
モデル出身の人気俳優・小町秀と職人肌のスタントマン・半沢。正反対の二人は初対面から印象サイアクだったが、次第に相手に対する誤解が解け、親しくなっていった。しかし、親しくなりすぎた二人は酔ったイキオイで付き合うことになってしまった!?人気俳優とスタントマンのもどかしい恋を描いたシリーズが待望のコミックス化!他、読み切り1編を収録した最新コミックス!!

拍手する

人気俳優×スタントマン
こう肩書きだけ書くと、華やかな世界の話っぽいなあ〜。
で、普通だったらカバーイラストの左×右だと思うところだが、内田カヲル作品なので当然逆であります。

さて、こう毎日のように漫画や小説を読んで思うことは「面白い」っていうのと「萌え」というのは同じようで全然別物なんだなってことであります。
先日読んだ乙男高校生が主人公のBL小説…。
作品としては面白いと思うが己の「萌え」のベクトルとは対極だということを痛切に感じました…。
逆に「萌え」はあるけれど作品としての完成度はどうよ!?っていう作品もあるわけで〜。

まあ、私は評論家でもなんでもないので、そのときの気分次第で作品の評価は大きく変わったりするのですが〜。
で、「萌え」というのが何かというのもよく解りません。
あくまでも感情論といいますか…。
これが「やおい研究家」とか「萌え研究家」とかの方なら明確に答えを出すのかもしれないけれど、正直なところ100%のひとが納得できる答えかというとそうでもないというか〜。
やっぱり、人それぞれなんだよね。

で、前置きが長くなりましたが、この作品。
別に「萌え」が特別にあったわけではありません。
しかし、己の中の「禁忌」というか「苦手」のハードルがかなり低くなったんだなあ〜と思わせる作品でもあります。
その昔、内田カヲル(かおる)さんの作品を薦められて読んだことがあるのですが、その頃の私には大変ハードルが高くて挫折いたしました。
マッチョ受けということは読む前から情報として知っておりました。
それでも、なんていうの視覚としてその事実を突き付けられるというのは大きいものでして〜。
でも、それで全く読まないってことはなく、雑誌ではチラっと読んでいたりしておりました。
そういうささやかな努力(?)が功を奏したのでしょうか?
この作品はなんとなく気になったのであります。
でも、やはりいきなり買うのは躊躇しました。
それで、買う前のチェック。
福岡のJ堂はただいま改装中のため、ビニルをしていない漫画が多いのですよ〜。この作品も案の定しておりませんでした。
ということで、周りに人がいないことをいいことにチェック。
第一話を読んだ限り大丈夫そうだったので、後日購入。で、今に至るわけです。

しかし、だからってマッチョ受けが「萌え」シチュになったわけではございません!!
できたら、カバーイラストの右の方には受けでいってほしいと思っております。
でもまあ、もうこれもありかなあ〜と思ったり…。
でも、これって「オッサン受け」ではないんですよね〜。
ハッキリと年齢を書いてないけど多分20代なんだよね〜。左の方。(って、あとで確認したら描き卸4コマの枠外に30歳とあった)
今回OKだった要因はそれもあるのかもしれません。
オヤジ受けどころかシニア受けとか騒ぎ、なぜか70代伝説の漁師受け(リバあり)を語り倒すプロジェクトに巻き込まれている身の上でなんですが、オヤジはマッチョでなないほうがいいです…。
例え、荒波でマグロと闘うことで得た肉体を持っていてもできたら細身で〜。
腹筋が6つに割れるのはかまわないけど、市販のジーパンが入らない太ももとか、痩せている女性の太ももなみの二の腕とかは求めていないの〜。
一応、今回の作品はそこまでマッチョでなかったので〜。
いやあ、十分マッチョな受けだとは思うけど、内田カヲルさんのなかではそうでないらしいのでそうでないんだろう。
一応、モデル出身の受けのスタントマンをするくらいなんだから、誰もが見ただけでわかるマッチョではないんだろう。
マッチョの上に日焼けサロンで焼いて、筋肉が切れていることに喜びを感じるキャラではないんだろう(いや、別にそこまでの内田キャラがいたかどうか知らないが…)
脱いだら、すごいんですっていうマッチョのような気がしてならないが、着やせするんだろう…。
内田センセイのマッチョ受けが落ち着いたのと、私の苦手ハードルが低くなったことで、この作品は「ワンコ攻め」と認識し、読めることができましたよ!!
でも、だからって「マッチョ受け」に萌えはないけどね。
濡れ場をガン見することはできなかったし…。
でも、面白かったと感じたのは本当。
やっぱり、「面白い」と「萌え」は別物なんですよってことで、よろしくお願いします。
2008.10.21 Tuesday 22:10 | comments(2) | trackbacks(0) | 
<< 「しゃにむにGO」30巻 著者:羅川真里茂 | main | 「ミスター・ロマンチストの恋」著者:砂原糖子 イラスト:桜城やや >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:10 | - | - | 
うすい (2008/10/23 3:08 PM)
こんにちわー。
私は内田さんの描く漫画大好物です(笑)
マッチョ受にハマって、乙男受けつけなくなりました・・・。

今回かなりソフトでしたねー。
マッチョ受好きですが、あまりに年の差のあるカップルはすきじゃないので。
萌ってほんと微妙ですね。
話の内容としては、続き物だったのでキャラ立っててよかったです。
はーこさんもいつか普通に読めるようになりますように!(笑)
はーこ (2008/10/23 10:29 PM)
うすいさん、こんばんは〜

やっと、私も大人になったようで、内田さんの作品を読むことができるようになりました(笑)
っていっても、これって「かなり」ソフトなんですよね〜。
まあ、これをきっかけに徐々にステップアップできるようになりたいと思います♪
コメントありがとうございます♪