<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「東京ゴースト・トリップ」7巻 著者:葉芝真己

ドラマにもなりました『東京ゴースト・トリップ』の最終巻。
結局、この作品には【ニア】さえも感じることなかったですね〜。
ドタバタオカルトファミリーコメディーでしかなかったなあ…。
まあ、別にいまさら冬水社の作品にホモを求めても無駄だとは思っているけどさ〜。

東京ゴースト・トリップ(7) 〈完結〉 (冬水社・いち*ラキコミックス)
東京ゴースト・トリップ(7) 〈完結〉 (冬水社・いち*ラキコミックス)
葉芝 真己
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
スタイリッシュいたこコメディ。愛のバレーボール編の後は、皆でミステリーツアーに参加!! 突然の家族旅行が意味するものは!? 描下し番外編「乾家・最後の晩餐」4頁も必見、感動の最終巻!! 魂の絆、乾屋が未来永劫つなぎます!

拍手する

この作品は『BINGO!』ほど萌えはなかったので、古本屋で購入していたのですが、この最終巻だけは、本屋で新刊として購入しました。
だって、葉芝センセイはこれを最後に冬水社を退職したんでしょ!!
古本で購入したら作家に利益ないですからね〜。
なんていうの?お祝儀といいますか〜。
なんか物凄い傲慢なファンの言い分ですが、そういう意味をも込めて購入しました。

最終回といっても、なんていうかこういう作品っていつでも終わろうと思ったら終わらせることができるというか〜。
なんか予定調和のうちに終わるというか、こういうラストになることはある意味連載初回から予想できるといいますか〜。
まあ、いつでも続編はできるよなあ。
でも、一応、冬水社を退職したのなら本当に終わりってことだよな。
しかしながら、この作品面白いとは思いますが、葉芝作品としてはそこそこといいますか〜。
やっぱり『BINGO!』のほうが好きだし、展開が気になるといったら『A to Z』のほうが上であります〜。
だから、葉芝センセイがフリーになったと聞いたとき気になったことは

『A to Z』の続きは!?


というものだったり〜。
どこかで描いて下さい!!

だけど、これってドラマになりましたよね〜。
一応、イケメン揃いの漫画ってことなんでしょうが〜。
深夜のため、ちらっとしか見ませんでした。
ドラマそのものより、主題歌がSURFACEだったことのほうが印象といいますか〜。
久しぶりに聴いたんでね。っていうかプロモ見ても最初気付かなかったよ…。
なんか丸く…。
ドラマはまともにみていないので、そちらのほうが衝撃だった。

2008.10.23 Thursday 22:01 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「ミスター・ロマンチストの恋」著者:砂原糖子 イラスト:桜城やや | main | 「恋は思案のほか」著者:館野とお子 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:01 | - | - |