<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「恋は思案のほか」著者:館野とお子

とにかく無事にでてよかった〜。
館野さんの新刊が出たっていう事実だけで感無量です♪

恋は思案のほか (Dariaコミックス)
館野 とお子
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
一人暮らしをするためバイトを探していた持田は、同じ大学の塚原の家に同居し彼を見張るというバイトをすることに。しかし塚原は頻繁に男を連れ込むホモだった! 始めは戸惑っていた持田だが、一緒に暮らすうち徐々に塚原のことを理解し友達として受け入れる。ある夜、塚原の部屋から洩れ聞こえてきた情事とわかる声に反応してしまった持田は…。悩める純情ラブ♥

拍手する

つい最近まで、本当にこのコミックが出るのか疑っておりました。
なんていうかtatsukiさんもおっしゃっていたように『長い間』のことがあったのでね。
まあ、アレみたいに連載がストップしたわけではありません。
雑誌で読んでおりましたので、ちゃんと完結していたことは知っておりましたよ。
しかし、掲載されていたけど、かなり白かったことが記憶にありましたからね〜。
コミックの中身も結構白いのですが、雑誌は本当に白かったんですよ!!
明らかにトーンもベタも時間切れで出来なかったんだろうなあってわかるくらいね。
まあ、雑誌読みながら、例え白かろうとちゃんと連載が続いていることにホッとしていたのですけどね〜。
まあ、とにかく私の心配は無駄に終わり、無事にコミックが出来て良かったです。

話は遊び人(っていうのとも微妙に違うような気がするけれど他に言葉が見つからないので
…)のゲイと純朴ノンケがひょんなことから同居して〜という話であります。
話としてはそう珍しいものではないのでしょうが、微妙かつ絶妙な距離感がたまらないというか〜。
そういやあ、『長い間』も『ピース』もその微妙かつ絶妙な距離感というか、関係性がたまらなかったのですよ。
やっぱり館野さんの作品はいいなあ〜と思う作品でした。
ところで、どっちがどっちなんだ?と思っていましたが、やっぱり持田が受けですか。
あとがきに書いてありました。
いやあ、おそらくそうなんだろうとは思っていましたが、どっちもありのような気がしまして〜。
奥は基本はタチのほうが好きだけれど、どちらでも構わないゲイだろうと思っていたのでね。
個人的には奥はネコでいてほしいような気がするけれどね(笑)

同時収録の『君までの距離』
表題作より少し前に発表された作品です。
もう雑誌掲載時、館野さんの作品がまた読めたという事実だけで感無量でした♪
これも絶妙な距離感の2人です。
いやあ、満足満足♪
2008.10.25 Saturday 12:24 | comments(5) | trackbacks(2) | 
<< 「東京ゴースト・トリップ」7巻 著者:葉芝真己 | main | 事情はいろいろあるのでしょう… >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 12:24 | - | - | 
イサヲ (2008/10/25 8:25 PM)
はーこさん
お邪魔いたします。
やっぱりいいですよね〜館野さん。
『長い間』は、そんなことがあったのですね。もともと遅筆な作家さんなのでしょうか。
このまま途絶えずに是非描き続けてほしいものです。
ところで奥のタチ説ですが、たしかに最初に部屋に連れ込んでいたときもそんなご様子でしたよねえ。
でも持田に限っては、常に例外なことになってしまうので、持田とだけはネコで!と信じてますワタシ。

くだらないことを力説したうえ、長ったらしくてすみませんでした。

TBさせてくださいませ。
はーこ (2008/10/26 4:46 PM)
イサヲさん、こんばんは〜。

「長い間」は3年かかって完結しました〜。
本当に無事に完結して良かったですよ。
館野さんはキャリアは長いですよね。
さっき、昔の作品を読み直しましたが、初出が1995年とかの作品でしたよ。
館野さんに限らず、今はどうしているんだろう?って作家さんはいますよね〜。
古本で買ったBL本の中に挟まれているチラシとか見るとそういう人が結構いたり…。
館野さんは大好きな作家さんなので、ゆっくりでもいいから消えずにいてもらいたいものです。

あと、やっぱり持田はネコでいってもらいたいと私も思っています(笑)

TB&コメントありがとうございました♪
tatsuki (2008/10/26 11:03 PM)
こんばんは!はーこさん。
私、自分のエントリーで書くのすっかり忘れていたんですけど、塚原×持田は一線越えるシーンを雑誌で見た(読んだ)気でいたんですよね。
も、妄想?それとも、夢でも見たのかな?
この作品、そういえば攻めの奥(塚原)が下の名前で呼ばれることが多いから、ちょっとアレ?ってなるんじゃないかなあ?
小説なんかは、受けが下の名前で表記されるのが一般的だし。

そうそう、シャレードもそうですが、館野さんって花音掲載作品は未完だと思うんだけど、あまりに前過ぎて記憶が混同しているのかな?
コレも自分の勝手な妄想だったらどうしよう…?
確か、花音で読んだ気がするんだけどなー、むう。
予告だけなら、ディアプラスやルチルでも見たような気がするんですよね。
いずれにせよ、『長い話』の前編の頃だったと思うのですが。

では!
はーこ (2008/10/27 10:46 PM)
イサヲさん、↑のコメント返し間違いです。
奥がネコです!!
大変失礼しました。
はーこ (2008/10/27 10:52 PM)
tatsukiさん、こんばんは♪

館野さん、花音でも描いていたみたいですよ〜。
当然、コミック化しておりません…。
シャレードのとまとめてどこか拾ってくれませんかね〜。
結構、あちこちに原稿があるような〜。
ってその原稿、ちゃんと編集部なりにあるのかなあ…。
気になります。
あと、一線を超えるシーンはtatsukiさんの願望が見せた夢だと思いますよ(笑)

TB&コメントありがとうございました♪









恋は思案のほか(館野とお子)
恋は思案のほか (Dariaコミックス) 「あなたの好きな作家さんだけど、どなただと思う?」と渡されたら、当てるまでにかなり時間がかかっただろうと思います。 表紙でまずわかんない。別名が書かれていたら、おお、また素晴らしい新人さんが!と、ひとり大騒ぎしそうな
| BLは  別 腹  | 2008/10/25 8:29 PM |
恋は思案のほか
館野とお子さんの漫画は、もうコレが最後かもしれない…。 私は『長い間』の“長い間”に懲りていたので、↑な“覚悟”を肝に据えてから読む...
| la aqua vita | 2008/10/25 10:33 PM |