<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

T★KIO FILM LIVE(2008.11.03 Zepp Fukuoka)

[ その他 ]
本日は愛するT★KIOのイベントでした!!
9月に発売された「雨傘」のなかに応募券がついておりまして、抽選でFILM LIVEご招待というやつです。
こういうイベントは本当にひさしぶりです。
4年半ぶり?
渋谷のシークレットライブ以来だよね。
FILM LIVEだったら5年ぶり?
ああ、あの5年前にいった大阪のは幸せだった。
なんせ、1列目で、しかも会場に来たのはリーダーと長瀬という私とNさんにとってはベストな組み合わせだったのだから。
そして、なにより覚えているのが大阪から帰ってきたら、後に義姉になるひとが我が家に初めて来ていた。
さすがにほぼ初対面のひとにT★KIOのおっかけのために大阪にまで行ったとばれたらまずいだろうと思い、何しにいったか誤魔化そうとしているのに、兄や母が「誰が来たの〜?」とか聞いてくるので、仕方なくリーダーと長瀬で1列目だったと報告。
兄や母は後の嫁に「この子ってくじ運いいのよね〜」と自慢する始末。
そのとき、義姉の胸中は…。
破談にならないで良かった…。


拍手する

札幌、東京、名古屋、大阪、福岡で開催。
東京と大阪は3回、名古屋は2回、札幌と福岡が1回開催です。
福岡2回くらいするかと思っていたので、3組応募券持っていたのですが、全て福岡希望で応募してました。
まあ、無事に当選したから良かったけど、これなら大阪に1通くらいまわせば良かったかなとも思ったり…。
まあ、それで福岡に落選したら意味ないのだけどね…。
ただ、自分でいうのもなんですが、私T★KIOのこういうイベントにはくじ運がとても良かったりするのです。
今まで落選したのは平日だから当たっても困るんだよね…と思いながらも応募した桜庭裕一郎(長瀬)のライブだけで、あとは当選しています。
なんせ、渋谷のシークレットライブに関しては、10通出しても落ちたという知り合いの知り合いがいるのに、1通のみしかだしていないのに、なぜか2公演分当選したもの(笑)
レコード会社の手違いで、あとから電話がかかってきて、1公演は返したけどね。
だから、まあまず当選するだろう。地元だし〜とか思いつつも、くじ運も枯渇しているかもと思ったりしてドキドキものでした。
とりあえず、今回まではつながっていました〜。
福岡でこの手のものが開催するのは久しぶりというか、2001年以来?
それからは、東京のみとか、東京と大阪と名古屋のみでその他の都市ではなかったからね〜。
まあ、大阪だろうと東京だろうと当選すればスケジュールさえあえば行くけど、まあ福岡開催というのはありがたいものです。
とりあえず、帰りの飛行機とか気にしなくていいからね〜。

で、FILM LIVEですが、応募用紙にメンバーのうち2名が来場と書いてありました。
問題は誰がくるか当日まで判らないということ。
いや、誰でもいいですよ!!来てくれるのなら!!
とはいっても、やっぱりベストな組み合わせというのがあったりするわけで〜。
個人的ベストはリーダー&長瀬なんです。
私は長瀬のファンだし、相方Nさんはリーダーファンなんで〜。
しかしですね、先週開催した名古屋でのがこの組み合わせだと…。
うわ〜!!名古屋いいなあ!!ってわけで…。
ということで、まあこの組み合わせは無理だろうねとNさんと慰めあったのでありました。
でも、誰が来たってうれしいですよと気を取り直して、会場入り。
全部で800人ご招待だったのかな。私たちは整理券番号400番前半。まあ真ん中ですね。

まあ、そんなわけで会場入り。
ステージのスクリーンは春コン、夏コンのステージのように和テイスト。
それもそのはず、今回のFILMは夏の横浜コンのライブ映像でした。

1.宙船
2.青春
3.AMBITIOUS JAPAN!
4.do!do!do!
5.Sweet Sick Honey
6.メッセージ
7.Stardust Love Orchestra
8.本日、未熟者
9.ラン・フリー
10.LOOP〜愛しい日々のメロディー〜
11.明日を目指して!
12.SONIIC DRIVE!
13.JUMBO
14.Sugar
15.雨傘
16.LOVE YOU ONLY



途中抜けてはいるのですが、春夏あわせて10公演も行ったツアーですからね、もう体が覚えているというか〜。
それを大人しく、踊りもせず、唄いもせず、椅子に座ってただ見るというの正直いってなんともいえないというか〜1時間半くらい映像があったしね〜。
でも、基本的にコンサート中は長瀬ばかりみていたので、他のメンバーの様子が見れたのは楽しかったよ。
完全版としてDVDが出ることを願います。

で、まあ、そんなFILM LIVEの映像が終わって、登場したメンバーは太一と長瀬でした!!
「どうも、どうも〜」と言いながらやってきた長瀬の姿を見たとたんテンションがあがりました!!
我ながら正直者!!
オベラグラスを持ってこなかったことに後悔。
しかし、何を思ったか長瀬さん、黄色のヘルメットかぶって、手には釘抜き?
しかも、ヘルメットの下には帽子かぶっているし〜(笑)
太一は腰に小道具を入れるバッグをしているし〜。
2人ともスタッフさんから借りてきたのか!?
しかし、この2人の組み合わせでトークさせるとグダグダというか、ボケ同士なんでね…。
コンサートのMCでも休み時間の小学生の会話といわれてたくらいフリーダムといいますか〜。ツッコミ役の松岡さんいないと駄目ですよ!!
オチがないのだよ!
いや、十分楽しいけどさあ〜。
なぜか太一が「金髪豚野郎が〜」とか某噺家と元妻のネタをいってきたり、会場がヤフードームの隣にあるためか、ソフトバンクの新監督が秋山さんになったけど、その昔、秋山さんが西武にいた頃、小学6年生だった太一が「秋山、サイン頂戴!!」といったら、「秋山さんだろ」と怒られ、サインを貰えなかったために「秋山なんかバカやろう!!」と思ったが、今、自分が「国分」とか小学生に呼び捨てされると「国分さんだろ」というとか〜。
お昼に麻婆豆腐を食べたとか〜。
なぜ、博多に来て麻婆豆腐なんだというツッコミが会場の各地からあったけど、本当になぜ麻婆豆腐?
ってどこの店だ?
名古屋ではリーダーと長瀬でショートコントをしたりしたとか〜。
で、福岡は今回のツアーでなかったので久しぶりだという話になり、会場から「待ってました!」という声がかかったのを、太一が「落語みたいだね」といったため、「やって〜!!」との声が、一応、あの2人はドラマや映画で落語家の役をやっていますからね。
まあ、やりませんでしたけどね。
その代わりというか、一応LIVEということで2人ですが演奏を。
スタッフが椅子と楽器をセットするなか、徐に太一が
「このキーボードはですね…」
なんか面白いこと云おうと思ったけど浮かばなかったようで「…高いんですよ」と言い出し、スタッフさんに「いくらだっけ?」と聞いてました。
スタッフさんの返事は30万のこと…。
「30万だよ!引くよね!」
という太一…。
個人的には仮にもプロが弾くキーボードならそんなもんでは?
まあ、そういう太一に対して、長瀬さん
「30万のキーボードを、では3万9千から」
とオークション(笑)
私の後方にいた人が
「1万!」
と叫んだのに対して、太一が
「もっと高く云ってよ〜」
と苦笑い。
会場の各地から4万とか5万と声が上がっていたけど、
「売らないよ〜」
とのことでした。

まあ、そんなことありましたが、演奏。
SouthendとCadenceをやってくれました。
ライブでしか聞けない曲なので嬉しかったです。
で、挨拶。
太一が「少し早いけど、長瀬誕生日おめでとう!!」といい、会場からはおめでとうコール。
長瀬「次のライブではT★KIOに20代がいません」
ああ、本当にそうだな。
っていうか、長瀬が30歳か〜。
デビューのときは15歳だったのにね〜。
月日が経つのは早い。
最後に、次は5人そろって福岡へやってきますと約束してくれ、約2時間のFILM LIVEが無事終了。
しかし、我侭だとは思っていますが、FILMではなく、5人の生演奏がやっぱりいいですよね。
っていうか、今までのフィルムコンサートって5人で仲良くユニバーサルで遊ぶ様子とか、新幹線で東京から大阪までいく様子とか、プロモ撮影の様子とかで、こういうライブ映像というのは初めてだったのですよ。
まあ、福岡は春も夏も来なかったので、1回も行けなかったひともいるかもしれないけど、なんせ10回行ってるからね〜。
楽しくはありましたが、期待していたものとはちょっと違ったんでね…。
贅沢だっているのは分かっていますけど、今度は5人の生演奏でお願いします!って感じでした。
2008.11.03 Monday 23:37 | comments(0) | - | 
<< 「VIP 刻印」著者:高岡ミズミ イラスト:佐々成美 | main | 二者択一バトン >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 23:37 | - | - |