<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「ラブ・トライアングル」著者:名倉和希 イラスト:亜樹良のりかず

小説ディアプラスに載っていた名倉さんの窓ふき職人×サラリーマンの話が面白かったので、名倉さんの作品というだけで購入。
ええ、口絵は見ておりませんでした…。
時間があまりなかったので、平積みのなかから手にとり、そのままレジに行きました。
何度も云うようですが、口絵は見てませんでした…。

ラブ・トライアングル (リンクスロマンス)
ラブ・トライアングル (リンクスロマンス)
名倉 和希

JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
矢野孝司の営む理髪店には、近所に住む槇親子が通っている。その二人は、前々から牽制し合いながら考司を口説き続けていたが…。


拍手する


三角関係は嫌いじゃありません。
むしろ好きかもしれません。
なんせ、心の殿堂入りBLは『最後のドアを閉めろ!』というくらいだから。
別にBLに限らず、少女マンガ、少年マンガにおいても三角関係の名作は数多くあるかと思います。
しかしですね、私の求めている三角関係というのは、あくまでも最終的に結ばれる2人とその2人の間に割り込もうとする人というもので、最終的には1人は恋に破れるわけでございます。
まあ、当て馬の役割になった人は気の毒だが、仕方がないことであります。

2人のうち1人を選ぶなんてできないというヒロイン(受)もいるかもしれません。
2人の魅力ある人間に同時に愛され、それぞれを愛してしまうということもあるかもしれません。
まあ、絶対一人を選べっていうのも時には酷でありましょう。
2人とも愛しているというのも一つの選択かもしれません。

ワタクシの個人的好みとしましては、一棒一穴が望ましかったりします。
でも、まあ2人の攻めに愛され、それぞれと身体の関係を持つこともあるでしょう。
しかし、しかしですよ!そのときは1対1でやって下さいよ!!

ということで、今回の話は私の地雷の3Pでございました。
好きな人には堪らないのでしょうが、私には地雷シチュなんですよ。
どれくらい地雷かというと、大好きな榎田さんの作品なのに、3Pだということで「ロマンス作家は騙される」を読むことができないくらい地雷なんですよ。その前作にあたる「ハードボイルドに触れるな」は読んでいるのにさあ〜。

まあ、よくよく考えればタイトルやあらすじで予想できそうなものですよね。
しかし、私は今まで読んだ名倉さんの作品のイメージからそのような展開が起こるとは思っておりませんでした。
フェロモン出しまくりの近所の父親と息子にフラフラしながらも最終的には父親を選ぶんだろうと思っていたのですよね〜。
そのため、家で本を開いて口絵を見た時には驚いた。
なんか、いきなり手品の種明かしをされたような気分でもありまして〜。
それでも途中経過で3人でやることがあっても、最終的にはどちらかを…、好みとしては父親の方を選ぶと思っていたのですけどね〜。
なんか、とりあえず3人で楽しんでいるようです。
背徳感も快楽のスパイスなんだよ。
でも、親子どんぶりっていうのはさらにどうかと思うけどね〜。
まあ、近親相姦ではないからいいのか?

でもね〜、なんか読んでいる限り、父親の方が分があるような気がしたんだよね〜。
あとがきによると、最初は父親とくっ付く予定だったそうです。でも、担当さんの提案によりこういう結果にしたんだそうです。
だからかなあ〜、受けは父親の方を気にしているようにしか思えなかったんだけど。

まあ、こういうのもありでしょうが、父親とのほうを選ぶという結末の方が良かったんじゃない?
個人的好みですけどね。
2008.11.05 Wednesday 01:23 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 二者択一バトン | main | 共通点は見つかりませんでした。 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 01:23 | - | - |