<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「恋愛成功率50%」著者:宇宮有芽

宇宮さんの新刊です。
最近、商業誌のお仕事が増えてきた感じですね。
来月も新刊が出るみたいだし〜。
ファンなので、嬉しいです♪

恋愛成功率50% (Hug NOVELS文庫)
恋愛成功率50% (Hug NOVELS文庫)
宇宮 有芽
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
―俺に心変わりすればいい。椿ダンバー・ジャパン・コーポレーションの若き役員を務める小川は、社長の千室と付き合っていた。しかしお見合いを理由にフラれ、最後に交わしたキスを後輩の坂本に目撃されてしまう。ショックを受けた小川に、誰にも言わないから自分の恋人になれと坂本が迫ってきて―!その強引さに流されるまま関係を持ってしまう小川だが、付き合っていくうちに彼に惹かれていく。けれど、ささいなことから千室との関係を坂本に疑われ、二人の気持ちは徐々にすれ違い…。

拍手する

しかし、『Hug』っていつのまにか、ノベルズも出ていたんだね〜。
雑誌の方は第一号だけ買ったんだけど、そのあとは買ってないんだよね〜。
そして、いつのまにかデジタル配信になることに〜。
結構、大御所を集めてはいるとは思うのですけどね〜。
ただ、一昔前のBL雑誌って印象が強かった。
まあ、新たなる媒体で、どうなるやら〜。

雑誌のことはひとまず置いといて、宇宮さんの新刊。

読んでいて思ったことは、

私の好きな感じの宇宮作品だ〜!!

ってことでありまして〜。
以前にも書いたことがあるのですが、私はどうも宇宮さんの作品は中編が好きなようなんです。
もともと同人誌から先に読んだせいなのかなあ。
連作短編とかを読んでいて、それに慣れていたためか、宇宮さんの長編作品は構成がちょっとシックリこないというか、間延びしているように感じてならなかったのですよ。

でも、今回は同じカップルですが中編2作。
雑誌に掲載されたものと書き下ろしの後日談の2部構成。
なんか、いい感じに起承転結が収まったように思えました。
そして、宇宮さんの作品らしくお仕事方面もちゃんと書かれていました。
やっぱり、リーマンものは仕事もしっかり書かれた方がいいなあ〜。
恋愛方面は割と使い古されたパターンではあるのですけどね。
しかし、会社のシステム関係の部署の人間があそこまで携帯メールに時間がかかるものなのか?
パソコンのキーボードはブラインドタッチでものすごい速さでうてるが、携帯の小さなボタンだと不器用なのか?
そして、苦手だから避けて、さらに慣れないのか?
まあ、そういうところもギャップでいいのか?
もうちょっと、当て馬の社長にはいろいろしてもらいたかった気はするけれど、まあああいうポジションでいいのかもしれないな。
だけど、最初の話のタイトルが『マーガレット』というのは可愛い過ぎのような〜。
個人的には花よりも少女マンガ雑誌が浮かびます。
2008.12.18 Thursday 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「溺れる獣」著者:高尾理一 イラスト:東野海 | main | 第3話です >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:35 | - | - |