<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「薔薇の瞳は爆弾」著者:ヤマシタトモコ

1週間前に発売となったけど、やっと買いました。
いや、アニメイトでリブレの商品を3000円以上買ったら、小冊子がもらえるっていうからさ〜。
すごい執筆陣だと思わせといて、実は雑誌とかの表紙とかの使い回しがほとんどだということは教えてもらっていたのですが、やはり気になる。
わざわざ、これのために買うつもりのなかったものを買って3000円以上にするつもりはなかったけど、まあ今月出る本をまとめて買えば3000円超えたからね〜。
というわけで、BBNの発売まで待っていたのさ!

薔薇の瞳は爆弾 (ビーボーイコミックス)
薔薇の瞳は爆弾 (ビーボーイコミックス)
ヤマシタ トモコ
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
趣味の悪いゲイ・見津田は王子様系(美形・爽やか・紳士)の蓮水から告白されてしまう。そんなバカな! <表題作> 想い人の残り香のせいで、切なくてたまらない。「好きだ」と告白してしまったから、あの人はもうこの部屋には来ないだろうか?<ラブる。> 重いテーマの読み切りを含め、それぞれの「その後」描き下ろし付き読みきり集!


拍手する

で、やっとこさ読んだこの本ですが〜。
あいかわらず、ヤマシタ作品って感想が書きにくいというか、一筋縄でいかないというか〜。
どの物語の登場人物もどこか壊れた人が多いというか〜。
まあさあ、人間、正常とか異常とかはひとそれぞれ定義があるというか〜。
いわば、多数決というか〜。
多数決で勝った方が正常で、負けた方が異常、もしくは変態といわれるといいますか〜。
ゲイという嗜好は多数決でいったら弱者であります。
しかし、昨今のBL界の登場人物の多くは、そのマイノリティである嗜好であっても明るいというか屈託がないというか〜。
まあ、全員が全員ではないですけどね。
勿論、同性を好きになったことに悩む登場人物も多いですよ。
でも、なんか根本的に明るいような気がします。
ゲイであることをうじうじと悩む人間もいるけど、なんか明るいというか、結局は愛をとるというかなんていうか〜。
でもね、ヤマシタトモコ作品の登場人物はどこか「卑屈」のような気がします。
自分はゲイなんですよ〜とか、マゾだとかさらっと一見明るく云ってたりするけど、卑屈さがにじみ出ているような気がします。
例え好きな相手と両想いになっても「卑屈」さは残っているような〜。
女性向けの漫画に出てくる人物ではないよな〜なんて思ってしまったり。
今回の本を読んで思ったことは

ヤマシタさんは青年誌で描いたほうがいいんじゃないかな〜

というものでした。
どうでしょう?

ところで1作目の「the turquoise morning」は、かのアラブ特集に載ったようですが、絶対リブレの編集さんの望んだ「アラブもの」ではないことだけは確実ですね。
っていうか、この作品は「アラブもの」ではなく「中東」を舞台にしたマンガっていうものでは。
「アラブ」ではないよ!!
「中東」だよ!!
「アラブ」っていうものは王族もしくはそれ同等の人間がでないといけないと個人的には思っております!!

あと、連動ペーパーですが、後半を読んでもオチがわかりませんでした…。
結局、みんな知り合いってことがいいたいのかしら?
2008.12.20 Saturday 01:02 | comments(4) | trackbacks(0) | 
<< 第3話です | main | 2008年ベストマンガ(BL以外) >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 01:02 | - | - | 
まめた (2008/12/20 11:13 PM)
なるほど、『ひくつ』。確かにそうかも。っていうか、その言葉しっくりきました。ヤマシタ作品を読むと、何かいつも胸に引っかかるような感じだったんですけど、『ひくつ』。まさにその言葉、ぴったりだと思います。勝手に、私個人がスッキリしました。ありがとうございます。
はーこ (2008/12/22 1:03 AM)
まめたさん、こんばんは♪
同意していただいて嬉しいです。
ヤマシタ作品は、面白いと思う作品でも、なんとなくモヤモヤ感が残るといいますか…。
理由はやはりキャラのそういうところだと思います。
スッキリしてもらえて良かったです(笑)

コメントありがとうございました♪
あねこ (2008/12/25 1:26 PM)
こんにちはー。

私もヤマシタさんはBLレーベルじゃないところのほうがいいと思いました。
ご本人がBLという枠組からはみだしたがっているような感じだし。

「卑屈」
まさにそうですね。あーぴったり!

そして私もペーパーのオチがわからなかった……。
はーこ (2008/12/26 2:35 AM)
あねこさん、こんばんは♪

ですよねー!
ヤマシタさんはBL以外でお仕事したらいいですよね。
BL以外の雑誌に男同士の微妙な話を描いたほうが、思ったもの描けると思うのですが〜。
何作も『このBLがやばい』のベスト10に入ってる作家さんに対してなんですが…。
でも、少なくともリブレの担当さんとは求めるものが違うのはあとがきやペーパーでわかったしね(笑)
だけど、本当にあのペーパーは何を言いたかったかわかりませんでしたね。
連動サービスであれは…。