<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「ROMES06」著者:五條瑛

[ 五條瑛 ]
五條瑛の新刊が出ていたことに1か月も気付いていなかったことにショックを受けてます。
まあ、よくいく五條ファンサイトに情報が載っていなかったし、よくいく本屋に置いていなかったのもあるのだけど〜。
一部に熱狂的なファンはいるけど、やはり五條さんはメジャーな作家さんではないからね〜。多分、自分のまわりに知っている人はいないと思う。
いまだに、男性作家に本を配置している本屋があるぐらいだし〜

ROMES06
ROMES06
五條 瑛

【あらすじ】
世界最先端の施設警備システムROMESに守られた海の要塞、西日本国際空港。だが、ROMESの全貌を知る者は、西空警備チームでもただひとりだけ。成嶋優弥。ROMESの最高運用責任者。鋭い知性と飄々とした言動で他人をケムに巻く、常識はずれの天才が信じるのは、愛犬ハルと、自らが運用するシステムのみ。ある日、西空に複数のテロの予告状が届く。そしてROMESの警告装置が作動した!?成嶋とテロリストたちの、知と情を賭けた白熱の攻防が始まる。

やっと、出たよ。連載時から何年経った?雑誌は読んでないからわからないが、かなり加筆修正されているのでしょうか?
前作『エデン』や『瓦礫の矜持』に比べると面白かったかな。気になって、夜通し読んでいたし〜。
でもさ、テロリストたちの動機が弱過ぎない?
主犯のひとは、その動機でもいいかもしれないが、共犯者たちがその動機で、そんな大それたことするかなあ〜。いやあ、動機なる事件が起こった直後なら、そういうことを考えるかもしれないが、時が経つにつれて、冷静になるというか怖じ気づくというか〜。
ちょっと、こういう動機では無理と思う…。
だけど、成嶋という男が気になる。この男の過去でも未来でもいいから、もっと知りたいと思うのだが、この男の作品が出ることはないだろうな〜。

ところで、鉱物シリーズの続編はでるのかなあ?
北朝鮮に対する色々な情勢がここまで変わってしまった現時点では、無理なのかな〜?
2006.11.21 Tuesday 23:09 | comments(2) | trackbacks(0) | 
<< 「十三階のハーフボイルド 1」著者:ひちわゆか イラスト:麻々原絵里依 | main | 「咎狗の血」1巻 著者:茶屋町勝呂 原作:Nitoro+CHiRAL >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 23:09 | - | - | 
はじめまして (2007/05/12 12:20 AM)
ROMES06、今月から問題小説で新連載しています。耳打ちまで。
はーこ (2007/05/12 12:34 AM)
こんばんは♪

情報ありがとうございます!!
うわあ、楽しみが増えました♪
ここ数カ月、立て続けに単行本が出たので、嬉しい反面、これからしばらく出ないのかなあと思っていたので〜。
1冊にまとまるの、まだ先でしょうが、今から大変楽しみです♪

コメントありがとうございました♪