<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「天使の誘惑」著者:しおべり由生

全然、BLとかと関係ない話題で申し訳ありませんが、本日1月15日兄の家族が増えました。
兄のところに第二子誕生。
私にとっては姪っ子ちゃんの誕生です♪
帝王切開ということは前々から分かっていたので、今日生まれることは以前から分かっておりましたが、めでたいです♪
まだ、会ってはいないのですけどね。
土日にでも行くつもり。
どんな子になるのかな?
ホモスキーになったらどうしよう?
ホモスキー継承者誕生か?
もしそうなったら、兄夫婦に殺されそうだが…。

天使の誘惑 (ショコラコミックス)
天使の誘惑 (ショコラコミックス)
しおべり 由生
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
元幼稚園教諭の春久光晴は、父親を亡くし、父親の親友で実業家の渡多喜雅敬のもとで暮らす高山智志の養育係になった。可愛い智志にちょっぴり邪な想いを抱いていることを雅敬に見咎められた光晴は、牽制のために雅敬に抱かれてしまうが――。プリン大好き激ラブ?園児を頂点にした愛のトライアングル?


拍手する

昨年末に読んでいたのですが、年末忙しくて感想を書き損なっていたので、いっそのこと今日までとっておくかと思っておりました。
なんで、今日までとっていたかというと兄夫婦を見ていると「子は鎹」っていうのは本当だなあっって思ったから。
今日から、属性「兄」となった甥っ子ちゃんと兄夫婦を見ていると本当にそう思うのですよ。
子供の存在が夫婦の絆を強く結び付けているなあってね。
今日からその「鎹」が2つとなったわけです。
めでたいことです。

で、そんな身内話は置いといてこの作品。
どうも可愛い子供が間にいれば結びつきが深くなるのは「夫婦」だけでないようです(笑)
サトくんくらいの天使のようなカワイコちゃんが間にいれば、「男同士」でも強い絆で結ばれるようです。
まあ、BLファンタジーではあるんですけどね♪
こういうのって、疑似家族ものというのかな?
大抵、子供は攻めか受けの実子だったりするのですが、この作品の3人は全くの他人です。
親友の忘れ形見の後見人になった攻め。天使のようなサトくんのお世話をするようになった受け。
サトくんの可愛らしさに思わず邪な感情を抱きつつ、お互いを牽制しあうため抱き合う2人。
最初はそんな訳の分からない理由でありましたが、いつの間にやら惹かれあい、しかし素直になれないから言い訳にして〜。
結局は、サトくんが中心ではありますが、お互いを必要とする2人。
まるで、小さな子供がいる夫婦のようであります。
このまま、幸せに暮らして下さい。
でも、いきなりサトちゃんの父親の霊が出てきたのは、どうなのかしら?って気がしたり…。
まあ、サトちゃんのパパはキーパーソンではあったのでしょうけどね。

だけど、どうもサトちゃんの中学生編があったり、高校生編が今後あるようですね。
サトちゃんはサトちゃんで自分の愛を探しているのかしら?
これはこれで大変気になります。
2009.01.15 Thursday 22:01 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「狂おしき夜に生まれ」後編 著者:和泉桂 イラスト:円陣闇丸(小説リンクス2月号) | main | 「ラブスクエア」著者:崎谷はるひ イラスト:小鳩めばる >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:01 | - | - |