<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

これが若さか…

年末年始前倒しでディアプラ作品が先月出たりしたせいか、微妙に買いたいBL本がない。
気になるのはあるけれど、たまには節約しようよ、自分…って感じ。
まあ、どうせ月末になったら、色々出るしさ〜。
また、BL以外のは買っているが、中途半端に仕事が忙しいといいますか〜。
ここ2日は仕事関係の本ばかり読んでるよ。
さすがに、新型インフルエンザ関係の本で感想は書けないよ。
まあ、趣味の世界もちょっと慌ただしくなりそうで…。
ここ3年以上、一BL本愛好家だけだったのですがね〜。

あっ、ところでマグロも更新してますので、そちらもよろしくです。




拍手する
「どうも、まるまるが煩いため、バッテリーでもジャイキリでもなく、GWはガンダム00でスペースを取ることになるみたい…。
何で、こんなことに…。」

という内容のメールを横浜に嫁いだMちゃんに送ったら、

「こういうことは、勢いがあるほうが勝つよね」

と返事がきた…。
まさに的を得た回答をありがとう…。Mちゃん…。

そんなふうに、友人まるまるに押し切られるように同人活動を復活させられそうになっているけれど、やるからにはちゃんと作品を観ないと〜と思い、日曜にリアルタイムで鑑賞。
そして、まるまるに

「ロックオン(兄)×刹那って、やっぱりありじゃない?」

とメールを送ったら、3分もしないうちに抗議の返事が来た…。
しかも、メールでなく、電話で!
彼女はどうも刹那が受けなのは許せないようです…。
う〜む。
抗議の電話を受けたときは、話ができない状態だったので、夜にかけ直したのだが、ギャーギャーと文句を言われる。
まあ、それをハイハイ…と聞き流していたら、

「ところでさあ、私、00のブログをするから、あなたもなんか描いてね」

と、サラッと言いやがった…。
はい!?それって相談でなく、決定事項?事後承諾ですか?
もはや、私にはイエスという返事しか用意されていないようです…。
なんか、私は天然ちゃんに振り回されるヘタレの心境が分かったような気がするよ…。
まあ、彼女とは中学の時からそんな感じなんだけどな。

おかげさま(?)で、↓のような本が我が家に増えつつあります。

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン     4years after
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 4years after

機動戦士ガンダム00 WORLD REPORT
機動戦士ガンダム00 WORLD REPORT
ニュータイプ編集部

しかし、まるまるのテンションの高さは凄いね…。
ガンダムはガンダムでも「ガンダムW」にハマったときの自分を思い出すわ。
十数年前の自分を見ているような気がする…。
若いなあ…。
同じ年だけど。
しかし、これといい、マグロといい、流され過ぎな今日この頃のような〜。
2009.01.23 Friday 03:25 | comments(2) | - | 
<< 「王子様には秘密がある」著者:高遠琉加 イラスト:南国ばなな | main | 「凍る月〜灰色の衝動〜」著者:夜光花 イラスト:高橋悠 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 03:25 | - | - | 
(2009/01/23 10:20 AM)
はーこさん こんにちは〜!

更新記事のカテゴリを見て目を剥いたよ・・・ガンダム?ガンダム!!(笑)
とうとうまるまるさんの勢いに流されて・・・w
いや、マグロの渦に巻き込んだ私の言うことじゃないけどさ〜。で、第二弾はどうします?(笑)


ガンダムにはいまさら転べそうも無いので、遠くから見守っています♪ガンバレ〜www
はーこ (2009/01/23 9:04 PM)
代表!こんばんは♪

なんか、流され人生ですが、本当に嫌だったら、絶対流されない頑固者だから、なんやかんやと楽しんでおります。
ただ、周りの人達のテンションの高さには圧倒されっぱなしといいますか〜。
とりあえず、自分なりに頑張るよ。
しかし、こうなったらマグロとガンダムの融合でも図るか?
あるミッションのために漁村にやって来たガンダムマイスター達。そこで出会った荒磯という人物が…。
善さんの子孫!?子ども居ないから、直系でないが…。
あとは禁断(?)のタイムスリップもの!?
烈しい戦いにより生じた時空の歪みにより刹那は300年前の日本の大間に飛ばされてしまった!
傷付いた刹那は海辺で彼を見付けた荒磯善次郎の手厚い看護により元気を取り戻すのであった。
平和な世界に戸惑いながらも、一時の心の平安に安堵する刹那…。
しかし、あることをきっかけに全ての戦いはここから始まったことを知ってしまった。戦いの芽を刹那は摘むことができるのか!?そして、キーパーソンである善次郎を守り抜くことができるのか!?今、運命の歯車が動きだした…。

って、まるまるにもハバネロの皆からも怒られそうだな…。
しかし、善さんは一体何をしたんだ!?(笑)