<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「Love,Hate,Love.」著者:ヤマシタトモコ(フィールヤング2009年3月号)

とっくに皆様ご存知なことかしら?
発売して10日以上たっているしね。
でも、私は今日本屋で知ったよ…。


JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
バレエ講師・貴和子(28)。したことがないコト→煙草、駄菓子、etc……レンアイを始めてみることに…

拍手する

なんですか?
今じゃ、アマゾンではフィーヤンは取り扱わないのか?
画像なかったよ。
しかし、表紙の「ヤマシタトモコ」の文字をアップしたかったんで、フィーヤンのHPからひろってきましたよ。

というわけで、本日、本屋で気が付きました。
そのうち、ヤマシタさんは青年誌あたりで描くのではと思っていましたよ。
っていうか、そっちの方がいいのではないかと思っていましたよ。
ココでも叫んでいるしね。
しかし、レディース誌、しかも『FEEL YOUNG』で描くとは思ってもいなかったよ。
最近、この雑誌読んでなかったしさ〜。
昔は一番面白いヤングレディース誌なんじゃないかとさえ思っていたけれど、最近はね…。
『サプリ』はなんか方向が違ってきたような気がするし、ジョージは休載だし(先月号でやっと完結したけれど)、南さんもなんだか…。今さら「あすか組」でもないだろう…って思って、本当に1年くらい読んでなかったよ。
本屋で「ヤマシタトモコ」の文字が見えたから手に取ったけど、気が付かなかったら、本当に知らなかったよ。
ある意味、フィーヤンの編集者っていうのは優秀だとは思っています。
フレンドでは全然駄目だった安野モヨコを拾ったのはフィーヤンだと思っているし〜。
だから、目のつけどころは凄いなあ〜と思ったよ。
今後どうなるのかな?
フィーヤンなら結構自由に描かせてもらえそうな気もするしね。
とりあえず、来月からちゃんと発売日にチェックしよう!!
雑誌買うほどではないけれど〜。
2009.02.20 Friday 21:49 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< マグロのお知らせです♪ | main | 「しゃにむにGO」著者:羅川真里茂(花とゆめ6号掲載) >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:49 | - | - |