<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「絢爛たる黒豹」著者:石原ひな子 イラスト:一馬友巳

この作家さんの作品を読むのは、これで2冊目です。
えっと、前回もこんなに読みにくい文書だった?
なんか、意味不明な箇所が多々あったり…。
読解力の問題か?

絢爛たる黒豹 (ショコラノベルス・ハイパー)
絢爛たる黒豹 (ショコラノベルス・ハイパー)
石原 ひな子
JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
暴力団慶仁会会長の通夜を訪れた龍田一樹は、獰猛な雰囲気をまとった黒ずくめの男──九鬼宗介に捕らえられる。九鬼は殺された会長の息子で、龍田が『会長の情婦の息子』だということを知っていた。二人に血の繋がりはないが、九鬼は組の後継問題が片付くまで兄弟のふりをするよう龍田に命じる。一般人の龍田を抗争の抑止力に使おうとする九鬼に龍田は反発するが、九鬼はその場で龍田を犯し、写真まで撮って龍田を脅した。『弟』のふりをしながら毎晩のように抱かれる、奇妙な同居生活が始まるが……。

拍手する

当然のことですが、強姦は犯罪です。暴力です。
どんな理由があろうとね。
相手のことが好きで好きで堪らなくて、そういうことをしてしまったとしても、暴力の一種であるのは事実であります。
ましてや、行き過ぎた愛情ゆえのものでなく、相手を支配するために行ったとなったら、例え、のちに被害者と加害者の間に愛情が育とうと、その事実は消せないし、例え被害者が加害者を許そうとも、そのときに被害者が受けた心の傷というものは大きいものでありまして〜。
初めは強姦から始まったBLというのは多くあります。
最初は強姦でも愛情があるからとか、のちに恋人になったからと、その事実が些細なことのようになる展開が多いですが、そんなものはBLファンタジー以外の何ものでもないと思います。
まあ、男同士がそういう関係になるきっかけっていうシチュエーションがあまりないから、そういう展開のが多いのだと思いますけどね。
どっちにしろ、犯罪なのは事実ですよ。親告罪だから被害者が訴えない限り、成立しないかもしれないですけどね。

さて、ここまで犯罪だと騒いでおきながらなんですが、実はこの作品を読んで、受けを強姦した攻めの気持ちが分かるような気がしてなりません…。
犯罪だよ!分かっている!
だけどさあ、この作品の受けが正直ムカつくんです!!
なんかね、この受けを黙らせるためとか屈服させるためとかで、そういうことをしてしまったという攻めの衝動が分かるのですよ。
受け視点で物語が進行しているにもかかわらず、被害者である受けに同情するどころか、言動がカンに障って仕方がなかったですよ…。
私だけ?
みんな、受けの気持ちにシンクロしているのかしら?
しかし、この受けの言動が私にはどうしても付いていけないというか〜。
33歳という年齢のわりには周りを思いやる心に欠けているというかなんていうか…。
35歳と33歳という割と年齢が高めの2人なのに、とてもそんなふうには思えなかったな〜。
攻めがヤクザの若頭という立場のために、年齢を上げたってだけのような…。
中身が伴っていないよ!!
そりゃあ、30歳超えていても大人になれていない人間は多いですけどね。
しかしまあ、この受け、母親は不倫の末、未婚で自分を産んで、さらに、自分が5歳の時にはヤクザの組長の愛人になって〜というなかなか複雑な家庭環境の割には屈折してないですね。
気持ち悪いくらい、攻めの父親である母親の愛人を慕っているというか〜。
確かに可愛がってくれていたのかもしれないけどさあ、ヤクザの組長が、しかも殺されて犯人が捕まってという状況の葬式に行くか?部下が来てくれと云ってもいないのになあ…。
ほとんど自己満足のために葬式へのこのこと行ったわけだよな。
自分が行くことで迷惑がかかるとかは全然思いつかないというか〜。
母親の愛人がヤクザでも自分の前では優しい父親代わりだったということで、ヤクザに対する認識が甘かったってことか?
33歳にもなって…。
いや、葬式にのこのこ行かなかったら、2人が出会っておりませんので、物語が始まりませんがね。
というわけで、物語の冒頭から受けの行動に???って気持ちだったので、なんとなく感情移入ができない作品でした。
エロシーンは多かったけど、なんとなく色気に欠けたような〜。

しかし、この2人にいつから愛情が生まれたのか?
受けが攻めに惹かれるのは分からないでもないが、攻めが受けに対してなのはイマイチ…。
気が強いところがいいのか?
つまり、母親に惚れた父親と同じってこと?
親子して好みが一緒だったってことだね。
2009.03.12 Thursday 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「そこをなんとか」2巻 著者:麻生みこと | main | カリスマに聞く? >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:52 | - | - |