<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「デミアン症候群」6巻 著者:沖麻実也

4月は本当に「やっと続きがでたよ〜」という作品が多かったです。
これもそう。
東京でMちゃんに「やっと出たね!買った?」と聞かれたよ。
本当にな…。

デミアン症候群 6 (キャラコミックス)
デミアン症候群 6 (キャラコミックス)
沖 麻実也
JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
親友よりも近い、特別な存在になりたい──
東(あずま)への恋を自覚して以来、東が隠す本心を確かめようとしていた城(じょう)。
けれど東が病に倒れ、入院してしまった!! 
俺は東を追い詰めるしかできないのか…?
思い悩む城に、さらに東がイギリス留学するという衝撃の知らせが届き!?
膠着する二人の関係が、ついに大きく動く!! 

拍手する

2年ぶりの新刊ですか…。
どんどん発刊ペースがあいていないか?
まあ、いいが…。
とりあえず、内容的には一区切り着いたって云っていいのかねえ…。
ここまでくるのに何年かかっているんだ…?
劇中では半年もたっていないのだけどさあ。
しかし、なんていうか若いのか、老獪なのかわからん登場人物たちだ。
とくに東がな。
トラウマがどうとかあるのかもしれないが、たかが16歳の小僧がここまで物事をこ難しく考えるものなのか?
青さゆえか?
年月が経てば「若気の至り」というか青春のこっ恥ずかしい1ページというか…。
まあ、とにかく心は通じ合った?
ここで終わるとは思わないし、新章でもいろいろと紆余曲折というか、遠回りをするのだろうなあ…。
とりあえず、お互いの想いを疑わず、そして信じあってくれることを祈る…。
でも、東は自分のことが嫌いだから、城に自分は相応しくないとか、再びグダグダ考えそう。
そこらへんをどう抑えるかが、ポイントになりそうだ。
2009.05.06 Wednesday 00:15 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< この歌舞伎がヤバい!?2009 | main | 「愛しているにもほどがある」著者:中原一也 イラスト:奈良千春 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 00:15 | - | - |