<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「それが愛なのさ」著者:夜光花 イラスト:門地かおり

夜光さんの作品はほんの一部しか読んでいないのですが、割と作風の振り幅が広いよなあ〜。
っていうか、今回の作品が珍しいのか?
今回はエロコメです!

それが愛なのさ (B-PRINCE文庫 や 1-1)
それが愛なのさ (B-PRINCE文庫 や 1-1)
夜光 花
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
高校時代の友人・藤崎と偶然再会した貢。大好きだったけど、その恋心を告げられなかった初恋の相手との出会いに、貢は素直に喜ぶことができなかった。なぜなら、女装をしていたから……! しかしバレたと焦る貢に、泥酔した藤崎は「すっごく好み、付き合って」と迫ってくる。気づかれていないことをいいことに、貢はチャンスに飛びついた。一度でいいから藤崎を味わってみたい。勢いのままハートラブハートハートハートをしてしまう貢だが……!?


拍手する
続きを読む >>
2008.11.11 Tuesday 01:35 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「深紅の背徳」著者:夜光花 イラスト:高階佑

夜光さんの作品を全て読んでいるわけではありませんが、なんですかね…。
この受けの天然小悪魔っぷりは…。
初め、「なんだ『凍る月』の新刊でないんだ〜」とか思ったけど、受けの天然小悪魔っぷりは対をはると思います…。
主は汝の隣人を愛せといったかもしれないけどさあ〜

深紅の背徳 (ラヴァーズ文庫 57) (ラヴァーズ文庫 57)
深紅の背徳 (ラヴァーズ文庫 57) (ラヴァーズ文庫 57)
著・夜光 花,画・高階 佑
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
「ここで死なせてくれ…」嵐の夜、真人が神父を務める協会に、ずぶ濡れで、ひどい怪我をした男が現れた。怪我の手当をし、助けようとする真人だが、男が流している大量の血を目の前に、強い欲求が湧き上がる。真人には、人として神父として、今までひた隠しにしてきた後ろめたい秘密があった。「あんた、他人の血が欲しいんだろ…」怪我が回復に向かい始めた男は、真人の秘密に気がついていた。「欲しいなら、ヤらせろよ」逆らえない欲望を盾に、肉体関係を要求され、真人は…。禁断の陵辱愛。

拍手する
続きを読む >>
2008.05.26 Monday 22:31 | comments(2) | trackbacks(0) | 

「凍る月 紅の契り」著者:夜光花 イラスト:高橋悠

私は声を大にして主張したいと思います!!

この作品で一番の男前はアレックスさんだと!!

ヘリまで操縦なんて、ス・テ・キ♪(爆)

凍る月 紅の契り (ラヴァーズ文庫 (LL-50))
凍る月 紅の契り (ラヴァーズ文庫 (LL-50))
夜光 花
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
幼なじみの亨が失踪して数ヶ月…。鳳光陽は、気がかりな思いを隠しきれずにいた。そんな風に亨を心配する光陽を梁井は面白く思っていない。梁井と光陽は、ある「契約」を結んでいた。その「契約」は、光陽が死なないために必要で、光陽が梁井に身体を与えることで成り立っている。感情が追いつかないまま身体を重ねることに、戸惑い、ただ翻弄される光陽に反して、梁井は執拗な独占欲を芽生えさせていた。しかし、失踪している亨もまた、光陽と「契約」するために動きだしていて……。一人を巡りぶつかり合う『同種』たちのワイルドラブ。
続きを読む >>
2007.11.27 Tuesday 23:17 | comments(8) | trackbacks(3) | 

「水曜日の悪夢」著者:夜光花 イラスト:稲荷家房之介

稲荷家さんのイラストが気になって、気になって〜。
先月末は本当に新刊ラッシュですね〜。

水曜日の悪夢 (ガッシュ文庫)
水曜日の悪夢 (ガッシュ文庫)
夜光花


【あらすじ】
悪夢のような過去は、決して繰り返してはならない」
高校の音楽講師を務める元バイオリニストの和成。不慮の事故で弾けなくなった和成は教え子である真吾の類まれなる才能に惚れこんでしまう。ある日、和成は父親からの虐待に苛立つ真吾を預かることになった。「先生の身体、触りたい」教師として尊敬されているだけだと思っていた。突然無口な真吾に飢えた獣のように激しく求められて、和成は戸惑う。しかし愛を知ることによって、真吾の才能を更に伸ばせるならと偽りの愛情を与えてしまい・・・。
続きを読む >>
2007.07.03 Tuesday 21:53 | comments(4) | trackbacks(2) | 

「凍る月 漆黒の情人」著者:夜光花 イラスト:高橋悠

またもや、人外もの…。
やはり、ブーム?ブームなの?

凍る月 漆黒の情人
凍る月 漆黒の情人
夜光 花

【あらすじ】
二十歳になったら死ぬ子供…。そう予言された光陽(こうよう)が、間もなく二十歳を迎えようとしていた。予言を知らず、家の中に閉じ込められるようにして育った光陽は、祖父と約束した「二十歳になったら自由にしていい」という言葉を信じ誕生日を楽しみにしていた。しかしある日、光陽の前に美術愛好家の梁井(やない)と名乗る男が現れる。梁井は光陽を屋敷に呼び寄せ、「契約」を取り付けようとしてくる。「契約」の内容はとても屈辱的なもので、光陽には耐えられそうになかったが、「お互いが死なない為に必要なこと」だと言われ……。神か悪魔か…。謎の男に貪られてゆく…。
続きを読む >>
2007.06.05 Tuesday 21:51 | comments(4) | trackbacks(2) | 
<< | 2 / 2 PAGES |