<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「誘魔」著者:五條瑛

[ 五條瑛 ]
JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
オカリナの音が聴こえると、子供たちが消える−そんな都市伝説が広がるなか、中国系地下銀行から数百億円のプール金が紛失した。四人の金庫番のうち三人が殺され、一人が失踪。これらの”消失”には何が繋がりがあるのだろうか…。シリーズ第8弾。

今まで、五條作品を1冊も見たことのない本屋でこれが平積みされていた。
いやあ、ドラマ化作品の作家の新作ということなんだけど、やっぱりドラマ化の影響は大きいなあ〜。
『ROMES06 誘惑の女神』を手に取ったら、第4版だったし。
今までは男性作家コーナーに置かれていたりしたのにね。


web拍手
続きを読む >>
2009.11.29 Sunday 21:51 | comments(0) | trackbacks(0) | 

原作より愛されている!?

[ 五條瑛 ]
『ROMES』のドラマも第3話。
実は2話は途中までしか観てないのですよ…。
DVDデッキの調子が悪かったのか、私が予約を間違えたのか(でも、ちゃんと確認したはず)、とっても気になるところで録画が切れていた。大阪いっていたため再放送を録画するのも忘れていました。
そんなんで、2話を途中までしか観ていませんが、これからは1巻の内容ですよね?
原作より軽い調子ですが〜。
まあ、それは予想していた。
だって、『バッテリー』がさあ…(遠い目)
慣れたのか思い入れが違うせいか、今回は割と必要以上のお笑い要素も容認?
ワンコが小型犬でもそういうこともあるよね〜と心広くというか、あきらめというか、まあそういうことで容認。
でも、ワンコ、一応母親の関係に悩んでいたようですね。いや、そんな悩み無いんだと思っていましたよ。
まゆこともほのぼのカップル?
屈託ないなあ〜。
しかし、次回予告みると成嶋さん「砂村!!」って言い過ぎ!!
もしかして、原作より愛されている?
いや、原作は涙なしでは語れないから…。

web拍手
2009.10.29 Thursday 22:18 | comments(0) | - | 

とりあえず見ます…。

[ 五條瑛 ]
こんばんは、11月末に革命シリーズの新刊が出るのが決まって、神に感謝の踊りをささげたい気持ちでいっぱいのはーこです。
ところで五條さんといえば、15日から始まるドラマ「ROMES」って主題歌がT★KIOなんだって…。
一体、どんなドラマなんだって気にはなっていたのですが…
しかし、NHK…。
あなどれん…。


web拍手





2009.10.01 Thursday 21:37 | comments(0) | - | 

これをきっかけに五條サークルが増えればいいなと思うしかないのか…

[ 五條瑛 ]
ここ数日、五條瑛さんの『ROMES06』のアクセスが増えたので不思議に思っていたのですが、今日、その理由がわかりました。

NHKでドラマ化だってね。
しかも、主演がジャ○ーズで!!



拍手する
続きを読む >>
2009.08.10 Monday 21:22 | comments(0) | - | 

「ROMES06 誘惑の女神」著者:五條瑛

[ 五條瑛 ]
日曜の新聞広告で発売を知って、慌てて買いに行きました。
連載が終了したということは知っていたのですが、1巻目が連載終了してから数年後に単行本化したので、今回も数年待たされるのだろうと思っていましたよ。
まあ、とにかく発売されて嬉しい♪
ところで、今回は(も?)思いっきり腐女子的感想です。何も知らずに「五條瑛 ROMES06」などのキーワードで検索されたかたはすみません…。

ROMES06 誘惑の女神
ROMES06 誘惑の女神
五條 瑛
JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
世界最先端の施設警備システム・ROMES06を擁する西日本空港で、黄金の女神像の展示イベントが決まった。それと前後して、伝説的なアナーキストにして強盗・テロリストであるフランチェスコ・アウレリオより、脅迫状が空港に届く。先月、死亡ニュースが流れたばかりのアウレリオから、なぜ脅迫状が……?
しかも、西空で唯一ROMESをあやつれる、天才的なシステム運用者・成嶋は、今回だけはアウレリオを名乗る男の正体に執着する。成嶋とアウレリオの間にあった過去の因縁とは?黄金の女神をめぐる攻防に、男達の秘められた過去がからみあう……。

拍手する
続きを読む >>
2009.04.20 Monday 20:59 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「動物園で逢いましょう」著者:五條瑛

[ 五條瑛 ]
2月もおわりです。
今月は楽しみにしていた作品が多く出ました。
特に続編がね♪
『アイツの大本命』とか『Punch↑』とか〜。あと国枝さんの新刊とか(なんか、いつになくマンガの比重が高いかな?)
しかし、実は一番発売を楽しみにしていたのはコレです!!
もしかして、発売日よりも前に出てるかも〜と期待して本屋に通ったりしました♪

動物園で逢いましょう
動物園で逢いましょう
五條 瑛
JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
なぜ元新聞記者は、情報分析官である葉山を動物園に呼び出したのか? 情報の魅力に取り憑かれた葉山もまた“横田という檻”の中で生きている。〈鉱物シリーズ〉の興奮再び!大藪春彦賞受賞作家が放つ、書き下ろし三編を含む本格スパイ小説!

拍手する
続きを読む >>
2009.02.28 Saturday 01:22 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「天神のとなり」著者:五條瑛

[ 五條瑛 ]
また、気付かぬうちに五條瑛さんの新刊がでてた!
先月チェックしていたときは特に情報なかったからなあ〜。
ジュ○ク堂が改装してミステリーコーナーがエスカレーターから遠くなったからなあ…。

天神のとなり
天神のとなり
五條瑛
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
他人の心の痛みに敏感で、まじめで正直なのに世渡りベタ。
そんな男が生きる東京・亀戸天神あたり。
人生を棒に振りそうになりながら、それでも懸命に生きる姿をいったい誰が笑えるだろうか――。


拍手する
続きを読む >>
2008.10.19 Sunday 22:21 | comments(2) | trackbacks(0) | 

「狂血」著者:五條瑛

[ 五條瑛 ]
いつの間にやら、革命シリーズの新刊が出ていた…。
ちゃんと、新刊コーナーに置いといてくれよ…。ジュン○堂…。
いや、ちゃんと置いといてくれるだけ、ありがたいんだけどね…。置いてない本屋が多いからね〜(泣)
仕事の本を買いに昼休みにいったら見つけました。
思わず、医学書そっちのけでこちらを買った。(あっ、もちろん会社の名前で領収書なんてもらってないですよ)
速攻、会社に電話をかけて「今から、早退します!!」といって、本屋の下のスタバで読みふけりたかったけど、さすがにそれは我慢したよ(笑)

狂血 (R/EVOLUTION (7th Mission))
狂血 (R/EVOLUTION (7th Mission))
五條 瑛

JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
革命小説シリーズ第7弾。不法滞在外国人を厳しく取り締まろうとする新法案は、その裏に国家を揺るがす程の重大な秘密が隠されているようだ。 日本人とも多国籍とも違う、全く新しい血を持つ時代の申し子たちが、古い呪縛を壊し新しい世界を支配していくのだろうか。

拍手する
続きを読む >>
2008.06.24 Tuesday 21:47 | comments(0) | trackbacks(1) | 

「J」著者:五條瑛

[ 五條瑛 ]
貧乏月間なので、一生懸命、本を買うのを我慢しているのに、五條瑛の新刊が出てたりする…。
まさか、3か月連続新刊が出るとは…。
出ない時期なんて、それこそ1年近く待たされたのに…。
いいよ。買えばいいんでしょ!!と、自棄のように買いましたが、実は新刊が出て大変嬉しいです。
ハードカバーだろうと無条件購入作家はこの方と加納朋子さんくらいです。
この2人に共通点があるのか?
女性作家というくらいしかないような〜。
接点というか、作風が対極的だろ!?
私的には、図書館で予約とかそんなことやってられないくらい、新刊が出ていたら即読みたいというのが共通点です。

J
J
五條 瑛

【あらすじ】
J……彼女は誘惑者、そしてテロリスト。
テロが日常化した近未来東京で、Jに恋し、その姿を追う少年が見たものは!? 
続きを読む >>
2007.03.23 Friday 21:56 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「純棘―Thorn」著者:五條瑛

[ 五條瑛 ]
会社の休み時間に読んでいたら、会社の人に「そのタイトルって、なんて読むの?」と聞かれた。
えっと、なんて読むのですかね…?
【じゅんきょく】でいいのですかね?
とりあえず、英語のタイトルが今回【T】だということしか興味がなかったもので〜。

純棘―Thorn
純棘―Thorn
五條 瑛

【あらすじ】
国内から外国人を排除し、日本人だけの純血を守ろうとする武術家。在日外国人を擁護して出世を狙う人権派の若手議員。正反対の二つの思想は、真の革命を起こそうとする見えない力に操られ、事件に巻き込まれていく。革命シリーズ第6弾。
続きを読む >>
2007.03.14 Wednesday 22:36 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< | 2 / 3 PAGES | >>