<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「ロマンスの黙秘権 」3巻 著者:うえだ真由 イラスト:あさとえいり

またもや、新刊ラッシュ。
何から読んでいいやら、わかりません。
どうせなら、半分くらい連休前に出して欲しかった。
まあ、連休前にBL本が沢山出ていたら、有栖川の新刊を読み終わらなかったでしょうなあ〜。
とりあえず、ルチル文庫が今月でなくて良かった。ルチルが8冊も出たりしたら…。

ロマンスの黙秘権 3 (3) (新書館ディアプラス文庫 170)
ロマンスの黙秘権 3 (3) (新書館ディアプラス文庫 170)
うえだ 真由

【あらすじ】
相変わらず貧乏暇なしながら公私共に充実した日々を送る准己と啓。ある日事務所に、典型的な多重債務者が相談に訪れる。手間ばかりかかり回収の利きそうもない依頼を受けるか否か。言い争いは口論になり、お互い決定的な一言を口にしてしまう。先に惚れた弱みからこれまで常に折れてきた准己だが、今度ばかりは折れたくない。啓の態度も頑なで初めての深刻な喧嘩は予想外に尾を引き……? 弁護士シリーズ完結!!
続きを読む >>
2007.10.13 Saturday 01:42 | comments(5) | trackbacks(1) | 

「ロマンスの黙秘権」2巻 著者:うえだ真由 イラスト:あさとえいり

性格の違う弁護士同士の仕事やラブを書いたこの作品。
楽しみにしていた2巻です。
口絵がかわいい♪

ロマンスの黙秘権 2 (2) (新書館ディアプラス文庫 163)
ロマンスの黙秘権 2 (2) (新書館ディアプラス文庫 163)
うえだ 真由

【あらすじ】
やり手の准己が加わり三人体制で徐々に軌道に乗り始めた田上法律事務所。知り合いからお見合い写真を渡され(しかもそれを准己に見られ)私事でも大変なところ、啓は厄介な強制認知の事案を扱うことになる。中々決め手を得られず難儀していた時、准己が「ひとつだけ言うことを聞くならアドバイスをくれてやる」と言い出した。絶対に卑猥なことに違いない准己の要求を啓は受けるのか……!? 弁護士シリーズ第二弾!!

続きを読む >>
2007.08.10 Friday 21:51 | comments(4) | trackbacks(3) | 

「ロマンスの黙秘権1」著者:うえだ真由 イラスト:あさとえいり

1と付いているということは続き物ってことだよな〜。
どうしようかしら?と思っていましたが、読み切り連作なので、ひどいところで続くとかいうことはなかったです。
三部作と帯にあったので、あと2冊続くってことだよね。
と思っていたら、あとがきにそう書いてました。

ロマンスの黙秘権 1 (1)
ロマンスの黙秘権 1 (1)
うえだ 真由


【あらすじ】
恩師の紹介で貧乏法律事務所に助っ人に来たエリート弁護士の准己。気は進まなかったものの引き受けた理由は一つ、大学卒業後もなぜか忘れられずにいた啓がいたから。だが想像以上に仕事内容はお粗末、環境は劣悪で、肝心の啓とも方針が合わずに口論ばかり。普段は傲慢な准己だが啓にはどうしても強く出られない。そんな時、所長の田上が倒れ、二人でワケありの事案を担当することになり……。弁護士シリーズ開幕!!

続きを読む >>
2007.06.09 Saturday 14:48 | comments(8) | trackbacks(4) | 

「恋の行方は天気図で」著者:うえだ真由 イラスト:橋本あおい

仕事で、昨日から長崎に行ってました。
唄じゃないけど、長崎は今日も雨だった。
いや、正しくは昨日雨でした。
天気予報のおかげで、折り畳み傘を持っていたので、大丈夫でしたけど〜。
今回はお天気キャスターの話です。

恋の行方は天気図で
恋の行方は天気図で
うえだ 真由

【あらすじ】
お天気キャスターの柚生は、帰省中に倒れ運ばれた先の病院で、高校の頃の親友、知明と再会する。それは、卒業以来連絡を絶ち、忘れようと努めた片想いの相手でもあった。ストレスで胃を壊し、そのまま実家で療養することになった柚生は、早く東京に戻らなくてはと焦る一方で、再び近づいた知明との距離を心地よく感じ、恋心を再燃させていく。そしてどうやら、想いは一方通行ではないようで……? 同窓生再会ラブ?
続きを読む >>
2007.02.09 Friday 23:47 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< | 2 / 2 PAGES |